仕事にもそれ相応の報酬ってのがないとですね
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
私自身が過去に交代勤務以外で月収20万超えたことがないようなブラック企業で働いていたんですが、はっきり言って今までの職で割に合うって思った仕事って何一つとしてないんですよね
 
世間では「どんなに薄給でもお金をもらっている以上は手を抜くことは良くない」という風潮がありますが、経験談から言わせればあれは大嘘です
 
 
はっきり言って給料が安ければ手を抜くという考え方はもっと広まるべきであるということを感じました
 
もし今いる仕事が薄給で割に合わない激務であれば明日から手を抜いて仕事をするべきだということについて記事を書いていこうかと!
 
 

お金をもらったらプロだというがプロに支払う報酬なのか?

よく「薄給でもお金をもらっているのであればプロなんだから手を抜くことはよくない」ということを私は各地で言われましたが、そういうやつには
 
 
「じゃあこの割に合わない報酬は果たしてプロに支払うべき報酬なのか?」
 
 
ということを大にして言いたいんですよ
 
 
これは私個人の意見ですがプロと素人の境界線というのは
 
 
1、素人は時間と労力と金額を最大限使って最大の成果を得ようとして、プロは様々な限られた限定的な条件の中で最良を出す
 
2、その物事一つで自分の生計を立てられるかどうか
 

というのがプロの条件だと思っていまして、そのうちの後者の報酬面で薄給というのであれば現在は並みの生活すら困難ということなんでプロに支払う金額じゃないんですよね
 
よって素人と同じなのでプロじゃなければ手を抜いてもいいという逆説が当てはまってしまうんですよ

 

給料泥棒だと罵られてもあっちが労働力強盗なんで気にしなくていい

そういう仕事で手を抜いて仕事をしていると「この給料泥棒が!!」という感じでののしられる事がありました
 
世間の人間はこの言葉で傷ついたりへこんだりする人が多いのですが、別にこれを言われたとしても「ふーんあっそ」で済ませればいいのです
 
 
薄給で割に合わないと感じるということはそれだけ本来は高く買われるべき労働力を不当に安く搾取しているという証拠で、極端なことを言えばベンツのお店で100円玉おいて「金払ったんだからいいだろ!」と言って車を持っていくようなもんなんですよね
 
会社だと力量の関係で依存をしていると会社がどうしても強くなってしまって本来自分が稼いだ利益を勝手に持っていかれるのである意味では労働力強盗だと言ってもいいのです
 
 
不当な搾取には不当な方法でしか取り返せないと思っていますので、正攻法なんかよりもこういう邪道な方法で割に合う報酬に抑えて取り戻すべきなんですよ

 

別に仕事が終わらなくても労働者は困らないので対策は会社がするべき

そして仕事が終わらなくて困るのって実は労働者じゃなくて会社なんです
 
なのに仕事が終わらないからと言ってサビ残までやって終わらそうとする社畜を見ると責任感があるというよりは物事が客観的に見れないバカなんだなって思うんですよね
 
 
そして手を抜くことで仕事が終わらなくなって困るのは会社のほうであれば、対策をするべきは会社なんで、それが社内の労働環境や賃金を改善する方法の一つになるんですよ
 
一昔前は大規模な仕事を放棄して交渉をするストライキが流行ってましたが、あれの個人版だと思えばいんですよね

 

仮にクビになったとしたらそれはそれでおいしい件

そして手を抜くことで会社から目をつけられて解雇されてしまう可能性もないとは言えません
 
しかしそうなると会社都合でやめれるので雇用保険がすぐにもらえて3か月延長されるのでお得なんですよ
 
更に言えばそんな割に合わない給料を出すような会社に長く居ても時間で見ればどんどん労働力を不当に取られて損していくという状況でダラダラしてたのを一気に損切りするという機会ができたようなもんなんですよ
 
 
手を抜くことで会社が危機感を持って改善すればそれはそれでおいしいですし、解雇になったところで長い目で見れば損する会社を有利な条件で追い出してもらえるとなったらどっちに転んでもおいしいと断言ができますね
 

終わりに・自分が割に合わないと思った仕事には手を抜いて取り組むべき!

そういうわけで自分が割に合わないと思った仕事は手を抜いてやる気なく取り組むということは決して悪いことではありません

粗悪な連中には粗悪品を押し付けるくらいでちょうどいいですし、金額が安いなら手抜きのやっつけ仕事くらいでいいのです
 
 
かといってそういう仕事をだらだら続けていてもはっきり言って時間の無駄とも言えますし、上記に書いたように解雇になる可能性もあるとすればただだらけるのではなく浮いた時間や労働力は次に行くための準備に回すととてもスムーズに自分の中で回ります
 
会社に対しては手を抜いていいですけど自分自身には手を抜かないほうがいいと言えますし、割に合う職場を探すということも大事だと断言しますね
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
こういうのを使えば空いた時間に携帯片手でポチポチっと登録して後は向こうから指示してくれるのでそれに従うだけなんで転職のための労力が大幅に下がるんですよね
 
割に合わないと感じるようなブラック企業から逃げるためにもぜひどうぞ!
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事