残業するのに事前に承認がいるような会社はみんなブラックです
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
仕事で残業は上司の許可がないとできないという事前承認制を導入している会社ってちらほらあるんですよね
 
私自身も何度かそういう会社を見てきたのですが、ぶっちゃけこれを導入している会社って本当にブラック企業しかないんです
 
 
この事前承認制というのは無駄も多いですしブラック要素も満載でこんなのを導入する会社ははっきり言って就職する価値がないゴミであると断言していいです
 
この制度があると労働者に対して不利な要素しかないですし、ぶっちゃけ入る前なら入社を避けたほうがいいですし、入った後であれば今すぐにでも逃げる準備をしておいたほうがいいです
 
 
今回は残業事前承認制で先に残業をすることを伝えなければならないようなクソ企業はどうしてやめるべきなのかということについて記事を書いていこうかと!
 
 
 

本来は残業は突発的なもので読めないはず

本来であれば残業というのは突発的なトラブルでせざる負えないという状況であって初めてするものなんで、そもそも残業時間が読めているという時点でおかしいんです
 
残業前提でやっているということはそれだけ慢性的に人手不足か仕事が過剰に割り振られているという証拠ですし、最初からアテにしてるって時点で間違ってるんですよね
 
 

こういうことに意外と疑問に思わない人が多いのですが本来であれば事後報告になるのが当たり前なんですが、先に申請する必要があるというのが最初の前提から間違っている証拠なんです
 
 

承認されなければ残業にならない

この残業が承認制ということは逆に言えば上司が承認しなければ残業として認められず残業代が発生しないということなんです
 
上に書いたように本来であれば残業は突発的なものであり読めるという時点でおかしいので、偶発的なものに対処を行って事後報告をしても
 
 
「事前に承認されてないことは残業ではない」
 
「自分で勝手に働いたことだし許可出してもないことに金を払う必要はない」
 
 
という感じでサビ残にさせられてしまうんですよ
 
 
この承認されなければ残業じゃないというのが厄介で、やった後のことを申請しても通さないということが通用してしまうんですよね

 

承認の手続きで時間を食って無駄である

そして事前承認のための手続きというのは、何日に何時間どういう作業で残業するということをまとめないといけなくて、この作業だけでかなり時間を食ってしまうんですよ
 
それだったらその分の時間を普通に作業をしてたほうがいいと言えますし、資源と時間の両方の無駄でしかないのです

それこそ残業が突発的なものであれば事後報告で10秒くらいで終わらせたほうが合理的ですし、無駄な手続きが多い会社であると言えるんですよね

 

承認の手続きをめんどくさくしてサビ残を誘発している

そして数々の事前承認制の会社を見てきましたが、ああいう手続きを複雑化して面倒にすることで、「なら申請めんどくさいしそのまま働くか」って思わせるのが経営者の狙いなんですよね
 
まぁそもそもただ働きしてまで仕事を終わらせないとって考えてる社畜がバカだと言えるんですが・・・
 
 
これこそが会社側の狙いで「ちゃんと残業代は出すといってるのに手続きをしなかった労働者が悪い」って言わせる口実を作ってしまい、後ろめたさを感じさせるのが目的なんです
 
当然こんなことは認められることではないんですが、上記のように慢性的に人手不足で残業続きで疲れ切っていると脳も疲弊して判断力が落ちてしまうのでそういうことも分からなくなってしまうのです
 
 
そもそも仕事なんて終わらせなくても労働者では困りませんし、困るのは会社なので対策をするのは会社なのに労働者がサビ残してでも終わらせないとって責任感を出してるのがいいカモにされてるなって思いますがね・・・w
 

終わりに・こんな無駄で不利益しかない制度を導入する会社は就職する価値なし!

はっきり言って事前承認制でしか残業代を出さない会社は労働者にとって不利益を押し付けてるんですよ
 
ちゃんとしているように見せかけて手続きを面倒にして諦めさせるというもんですから悪意があるといっても過言じゃないです
 
 
極端な例えをすれば「富士山のてっぺんまで登ってきたら1万円あげますwww」とかいって実際はやれば渡されるけど前提条件で諦めさせるって感じなんですよね
 
 
なので残業事前承認制がある会社は根本から間違っているという証拠ですし、こんな制度を導入している会社はブラック企業であると断言できるのでそういう会社に居るのであれば今すぐにでも逃げるべきであると断言しますね!
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
このような無駄で労働者に不利益な仕組みがある会社なんかよりも世の中にはもっと効率的で労働者にフェアな労働環境も存在するんですよ
 
なのでブラック企業だと分かり切ったところにとどまる理由は全くないですし、そういう環境から抜け出すために次の環境を探すべきですしそういうのを探すためにもぜひどうぞ!
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事