ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!
 
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

 

 

いやもうそんなゴミ職場マジで就職する価値ないんで
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
従業員を働かそうとするときに報酬を出すのではなく、事あるごとに
 
 
「クビにするぞ?」
 
 
と、解雇をちらつかせてくる企業ってたまに存在しますよね?
 
私も過去に何度か遭遇した経験があります
 
 
結論から言ってしまうとそういう会社って本当に就職する価値のないゴミだと断言できますし、何ならこっちからすぐにでも辞めて一秒でも早く次の職場を探したほうがいいと断言してもいいくらいです
 
はっきり言えばそんな会社なんてしがみつく価値なんて全くありませんし、そもそも解雇をちらつかせるって時点でかなりのバカなんですよね
 
 
今回は解雇をちらつかせる会社にはろくな会社がないということを実体験より書いていこうと思います!
 

解雇をちらつかせてるのにしがみつくと悪待遇を押し付けられる

まず解雇をちらつかせて来るような会社には絶対何があってもしがみついてはいけないと断言できる理由に、そこでしがみつくと待遇は絶対に上がることがないんですよ
 
人を動かすのであれば報酬によってプラスに動かすか、罰則などで脅迫してマイナスで動かすかなんですが、解雇をちらつかせるのは完全にマイナスで動かそうとしているわけです
 
 
マイナスで動かすとなれば報酬を与えなくても経営者としてはいいので、出来ることならプラスよりもマイナスで動かしたいという経営者が多く、それによってブラック企業が乱立してしまうんですよ
 
 
そして解雇というマイナスを押し付けられても逃げないと判断をされてしまうと、プラスではなくマイナスで動くと判断され、報酬を上げる必要がないと判断されて脅迫されて働く羽目になるんですよね
 
こいつは解雇が一番困るから何やってもやめないぞって思われたら待遇上げなくてもやめない奴隷と見られますからね
 
  
 

実際は辞められると困るバカ

いろいろな職場を見てきて感じたことなんですが、実際のところって解雇をちらつかせる会社って実は困るのは会社側だったりするのです
 
この言葉って解雇するのが目的ではなく、悪待遇を押し付けて脅迫まがいのことを行って低い待遇で働かせるというのが目的ですからね
 
 
私も脅迫されたときに「あっそ、じゃあやめまーす」って辞表を翌日に出したことがあったんですが、翌日上から1時間ほど密室で説得されました
 
 
このように実際はやられると困ることで脅そうとしている時点でバカとしか言いようがないんですよ
 
これって例えるなら銀行強盗が自分の子供に刃物突き付けて脅迫するようなもんで、パッと見たら何か困りそうな気はしますが、実際のところよく考えるとあんまり困らなかったりするんですよ
 
 
労働者っていくらでも就職先の選択肢があるので簡単に逃げれるのですが、そういうことに気が付かずに解雇で脅迫しようとしてる時点でかなりのバカだといえますね
 
こんな脅しが通用するのは相手も相当のバカでもない限りは通用しないんですが・・・

 

そもそも解雇を自由にする零細企業がまともなわけがない

そして本来であれば解雇なんてのは簡単に行えないはずなんですが、零細企業とか中小企業といったブラック企業は最初から無法地帯なんで簡単に解雇してきます
 
ある意味では簡単には解雇できないという事は正しいことなんですが、実際には最初から法律を無視してるようなブラック企業がまともな事なんかするはずがないのです
 
 
そもそも解雇をちらつかせるって時点でかなりのパワハラ案件ですし、更に解雇を簡単に行うような無法地帯なら労働環境や待遇も人間扱いされてないケースが全部ですからね
 
 
よってそんな会社であればしがみつく価値はありませんし、それならさっさと辞めてしまったほうがいいんですよね

 

終わりに・解雇ちらつかせる時点で就職する価値のないゴミ

なので「クビにするぞ?」とか脅してくる時点でそもそもまともな会社じゃないのでしがみつく価値は全くないんですよ
 
それならむしろ解雇にしてもらって会社都合で雇用保険をすぐもらったほうがお得なくらいです
 
 
これらのことをまとめると従業員を人として見てないので人を使いつぶすこと前提のゴミクズクソ底辺だということなんです
 
 
なので解雇をちらつかされた時点でそんなクソブラック企業は見限るべきですし、とっとと新しい環境を目指したほうがいいと断言できるのです
 
そもそも人手不足になりつつあるこの国でそんな強気に出れる時点でかなりのバカですしついていく価値もありませんしね

 
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
今のご時世で魅力で引き留めるんじゃなくて脅迫して働かせるってことをやってる時点で時流が読めてないアホですからねぇ・・・
 
それは会社が強かった時代だからできたことですし、今は働く人間が圧倒的に強いんで魅力で引き留めようとしない会社は就職する価値がないゴミです

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ! 
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ



ブラック企業から今すぐ逃げたいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事