いやもうそんなゴミ職場マジで就職する価値ないんで
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
従業員を働かそうとするときに報酬を出すのではなく、事あるごとに
 
 
「クビにするぞ?」
 
 
と、解雇をちらつかせてくる企業ってたまに存在しますよね?
 
私も過去に何度か遭遇した経験があります
 
 
結論から言ってしまうとそういう会社って本当に就職する価値のないゴミだと断言できますし、何ならこっちからすぐにでも辞めて一秒でも早く次の職場を探したほうがいいと断言してもいいくらいです
 
はっきり言えばそんな会社なんてしがみつく価値なんて全くありませんし、そもそも解雇をちらつかせるって時点でかなりのバカなんですよね
 
 
今回は解雇をちらつかせる会社にはろくな会社がないということを実体験より書いていこうと思います!
 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

解雇をちらつかせてるのにしがみつくと悪待遇を押し付けられる

まず解雇をちらつかせて来るような会社には絶対何があってもしがみついてはいけないと断言できる理由に、そこでしがみつくと待遇は絶対に上がることがないんですよ
 
人を動かすのであれば報酬によってプラスに動かすか、罰則などで脅迫してマイナスで動かすかなんですが、解雇をちらつかせるのは完全にマイナスで動かそうとしているわけです
 
 
マイナスで動かすとなれば報酬を与えなくても経営者としてはいいので、出来ることならプラスよりもマイナスで動かしたいという経営者が多く、それによってブラック企業が乱立してしまうんですよ
 
 
そして解雇というマイナスを押し付けられても逃げないと判断をされてしまうと、プラスではなくマイナスで動くと判断され、報酬を上げる必要がないと判断されて脅迫されて働く羽目になるんですよね
 
こいつは解雇が一番困るから何やってもやめないぞって思われたら待遇上げなくてもやめない奴隷と見られますからね
 
  
 

実際は辞められると困るバカ

いろいろな職場を見てきて感じたことなんですが、実際のところって解雇をちらつかせる会社って実は困るのは会社側だったりするのです
 
この言葉って解雇するのが目的ではなく、悪待遇を押し付けて脅迫まがいのことを行って低い待遇で働かせるというのが目的ですからね
 
 
私も脅迫されたときに「あっそ、じゃあやめまーす」って辞表を翌日に出したことがあったんですが、翌日上から1時間ほど密室で説得されました
 
 
このように実際はやられると困ることで脅そうとしている時点でバカとしか言いようがないんですよ
 
これって例えるなら銀行強盗が自分の子供に刃物突き付けて脅迫するようなもんで、パッと見たら何か困りそうな気はしますが、実際のところよく考えるとあんまり困らなかったりするんですよ
 
 
労働者っていくらでも就職先の選択肢があるので簡単に逃げれるのですが、そういうことに気が付かずに解雇で脅迫しようとしてる時点でかなりのバカだといえますね
 
こんな脅しが通用するのは相手も相当のバカでもない限りは通用しないんですが・・・
 
 

引き止められる魅力がない悪待遇のゴミカスブラック企業だということ

そして解雇をちらつかせる企業を何社も見て感じたことですが、どの会社も例外なく良い待遇の会社は存在しません
 
というかすべて例外なくブラック企業だと断言していいほどの低賃金と労働環境しかないのです
 
 
魅力で人を引き留められたり、人を動かすことができる職場というのは、そもそも解雇なんかちらつかせなくても人が勝手に動きます
 
そういった魅力がないから解雇ということを脅迫材料に使って人を動かそうとするんです
 
 
たとえるなら店で買い物をするときに、普通に金を出して買う人と、刃物や銃器で脅して強盗するような人間の違いと言えば分かりやすいかもしれません
 
どっちのほうがまともなのかというと答え合わせをするまでもなく前者であり、解雇をちらつかせるのは刃物や銃器で脅す強盗と何にも変わりません
 
 
そんな連中とかかわり続ければ一方的に損を押し付けられるだけですし、だからこそ一秒でも早く縁を切るべきなのです
 

そもそも解雇を自由にする零細企業がまともなわけがない

そして本来であれば解雇なんてのは簡単に行えないはずなんですが、零細企業とか中小企業といったブラック企業は最初から無法地帯なんで簡単に解雇してきます
 
ある意味では簡単には解雇できないという事は正しいことなんですが、実際には最初から法律を無視してるようなブラック企業がまともな事なんかするはずがないのです
 
 
そもそも解雇をちらつかせるって時点でかなりのパワハラ案件ですし、更に解雇を簡単に行うような無法地帯なら労働環境や待遇も人間扱いされてないケースが全部ですからね
 
 
よってそんな会社であればしがみつく価値はありませんし、それならさっさと辞めてしまったほうがいいんですよね

 

終わりに・解雇ちらつかせる時点で就職する価値のないゴミ

なので「クビにするぞ?」とか脅してくる時点でそもそもまともな会社じゃないのでしがみつく価値は全くないんですよ
 
それならむしろ解雇にしてもらって会社都合で雇用保険をすぐもらったほうがお得なくらいです
 
 
これらのことをまとめると従業員を人として見てないので人を使いつぶすこと前提のゴミクズクソ底辺だということなんです
 
 
なので解雇をちらつかされた時点でそんなクソブラック企業は見限るべきですし、とっとと新しい環境を目指したほうがいいと断言できるのです
 
そもそも人手不足になりつつあるこの国でそんな強気に出れる時点でかなりのバカですしついていく価値もありませんしね
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
今のご時世で魅力で引き留めるんじゃなくて脅迫して働かせるってことをやってる時点で時流が読めてないアホですからねぇ・・・
 
それは会社が強かった時代だからできたことですし、今は働く人間が圧倒的に強いんで魅力で引き留めようとしない会社は就職する価値がないゴミです
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事