ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!
 
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

 

 

契約書を出そうとしない会社は本当に危ないです
 
 

 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
最近、吉本で闇営業のことが話題になり、その時に吉本では契約書を出さないということがニュースなんかで徐々に明るみになってます
 

 では、そもそも「吉本所属」の定義は、どのようなものなのか。吉本のある芸人は、こう明かす。
「NSC(吉本総合芸能学院)という養成所を卒業後、プロフィール登録用紙を提出することで“吉本所属”となります。NSCではなくオーディションから入った方は、合格後にプロフィール登録して所属になると思います」
 吉本所属となった後、契約書はまったく交わさないのか。仕事内容や報酬について、口約束であっても約束事を決めないのだろうか。
「口頭でも約束は交わしません。仕事内容が伝えられることはあっても、一般的に契約書に書かれるような条件面が伝えられることはないですね。こちらから聞けば教えてくれますが」(前出の芸人)

長いんで全文は引用しませんがこういうことになってます

私自身も本当に若い時に世間知らずだった時に契約書を出さない会社で仕事をしていたことがあるのですが、契約書を出さない会社は絶対にかかわってはいけないブラック企業だということを実感しました

「たかが紙一枚w」って考える人も多いですけど、本当に大真面目に契約書を交わさない契約というのは取引もしてはいけないし、会社にだって絶対に入ってはいけないんですよ

今回は契約書を出そうとしない会社はどうして危ないのかということについて記事を書いていこうかと!

口約束でも法的効力はあるが証明ができない

口頭で約束事を決める口約束ということも一応は法律上では有効です
 
なら口約束でもいいじゃないの?って思う人がいるかもしれませんが、口約束というのは録音でもしていない限りは言った言わないの水掛け論になってしまうことが多いです

私の時も2社目に入った会社で給料や労働時間などの様々な取り決めごとを口約束で決めてしまい、後から言った言わないでうやむやにされた経験がありました・・・

法的効力があってもそれを証明することができなければないことと同じなので、そういう意味で口約束での取り決めごとというのは全く信用できません
 
更に最近ではメールや録音機材による電子媒体のなんかでも改ざんが容易という理由で却下された事例があるので、証拠があってこれなので全く信用ができないところに追い打ちがかかってるんですよね

間違いなく後ろめたいことをやるために証拠を残さない

こういう人間に対して契約書を求めたりすると

「俺の言ったことが信用できないのか!?」

という感じで急にキレてごり押ししようとする人がいます
 
慣れてないと「あっ・・・いえ・・・」とかいって押し切られてしまいますよね


これとか本当にお手本のような例です

結論から言えばこういうことをいう人間は100%契約を守る気がなく、全く一ミリも信用できる要素がないクズです

まず契約をうやむやにして不利な条件を押し付けるために少しでも証拠を残さないためにこんなことをするのです
 
もしやっていることが正当でまともなことならそのまま保存用と相手に渡す用で紙2枚作って終わりですからね

さらにこういうキレ方をする時点で自分が有利な立場から不利を押し付けるために強引に来るというパワハラをやってる証拠なんでどう転んでも切り捨てるべきクズであることは間違いありません

なので上記のようなことを言われた時点で「はいまったく信用できる要素がありません」って断るべきなんですよね
 
それで余計キレて来て契約がおしゃかになっても、元から不利なことを押し付けられるだけだったのでそういうゴミを避けれてラッキーだと思う程度でちょうどいいのです

終わりに・契約書を出さない会社は絶対に100%かかわってはいけない会社

そういうわけで契約書を出そうとしない会社はどういう形であれ100%絶対にまともな会社ではないのでかかわってはいけません
 
 
契約書を要求し笑い飛ばしたり怒り狂ってくる時点でクズ確定ですし、そもそも要求する前に向こうからしっかりと渡すべきです
 
むしろ本当に事細かくガチガチに詳細を書くくらいでちょうどいいですし、それをやってこない会社は絶対に危ないです

本当にただの紙切れだと思ってても効力はすさまじいので、不利なことを押し付けられたりするときのために絶対に要求するべきであると断言できます

もし就職とか転職先で契約書を出さない会社であれば絶対に逃げるべき会社の特徴ですし、はっきり言ってゴミ以下のゴミなんでどういうことがあっても断るべきですし、そんな会社よりもまともな企業は世の中にたくさんあります
 
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!  

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
世の中では契約書を出すことが当たり前ですし当然のことですし、それを渋るということは絶対に後ろめたいことを確信犯的にやっている証拠です
 
はっきり言ってまともじゃないですし関りを持ってはいけない会社の特徴であると断言できるので、そういう会社に接触しそうになったら絶対に逃げるべきです

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

 
 



ブラック企業から今すぐ逃げたいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事