毎年の昇給が1万円未満の会社は就職する価値なしブラック企業だ!

昇給がそれくらいない会社ははっきり言って危ない件
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
就職していると毎年1回か2くらいは毎月のお給料が増える昇給するという人は結構多いんじゃないでしょうか?
 
ないという人は今すぐそんなブラック企業を辞めたほうがいいですね
 
 
そしてその昇給額についてですが1年で1万円以上ない会社は就職する価値がないブラック企業だと断言できますね
 
 
昇給がある場合で多いのが3000~5000円という額でしょうけど「5000円も昇給あれば多いほうだ!」とかいう人間がいますが、かなり社畜として洗脳されているので危ないですね
 

はっきり言って昇給に1万円も出せないような会社は確実に危ないんで今回はその件について記事を書いていこうかと
 
 

一万円以下の人は年数と掛け算してどれくらい増えるか計算するべき

まず昇給が一万円以下の人は年数と昇給額を計算してどれくらい増えるかということを計算するべきなんですよね
 
 
例えば3000円の人であれば40年務めたとして12万程度ですし、5000円でも20万と考えたらとても40年務めるほどのメリットがあるとは考えられないんですよ
 
これを40年務めたとして、総合で受け取れる金額はボーナス抜きで3000円昇給で2952万増し、5000円なら4920万増しと一見大きく見えるんですが、40年もかけるほどかと言われたら正直言えば割に合わないです
 
 
ぶっちゃけこのくらいの額であったら年収いいところに就職すれば確実に40年も待たずに追いつける金額なので、そういうところで我慢している理由がないんですよね
 
 
これが1万円昇給であれば40年務めたとして9840万となるので、さすがにこうなってくると巻き返すのはなかなか難しいのです

  

一万円以下の昇給では手取りが減っていく

私の体感ですが、昇給が5000円とか程度であれば、昇給したとしても自分の手取りというのはどんどん減っていくんですよね
 
 
今は確実に税金が上がりつつあるので、昇給しているはずなのに取られるほうが大きいということに普通になってしまいます
 
私の働いていた時ですらこんな感じだったのに今後はその流れがより加速していくでしょうね
 
 
それと今の時代で肌で感じるのが、物価の上昇というものですね
 
こういう風に言っちゃうと難しくてわかりにくいですが身近なものに例えると食べ物とか昔に比べて値段上がったのに小さくなったと感じる人は多いでしょう
 
あれって量が少なくなったので気が付きにくいですが、同じお金でも後の時代では同量のご飯に変えることは難しいのです
 
 
私はそれを物価の上昇としてではなく、円の価値の低下だと思っていますがね
 
なので価値が下がったら今の1円と後の1円はできることや価値が全然違うのです
 
 
こういう風に言うとわかりにくいですが戦時中とかの1円とかの価値とか結構すごいものでしたが今の1円でできることなんて知れています
 
しかしそれでも同じ円であることは変わらないんですよね
 
 
そういうことを考慮すると最低ラインが昇給1年で1万円くらいじゃなかなと感じるんですよ

 

年数が経過して増える仕事量と責任とが間違いなくあってない

仕事を長く続けることで慣れてきたり技能がついてくると仕事の量や責任が増やされます
 

しかしそういう仕事の増え方や責任に対して間違いなく賃金の上昇速度が追い付いてないんですよね
 
労働単価でみれば仕事に対して熟練して精度が上がってるのに単価下げられてるようなもんなんですよ
 
普通に考えれば逆でないといけませんしね
 
 
体感では2年目になったら新卒のころよりも2~3倍は仕事量や責任が跳ね上がるんで、それくらいの給料を貰わないとやってられないとすら感じます
 
そうなったら1万未満の昇給は割に合わないということなんですよね

 

そもそも人件費にそれだけ回せない余裕がない職場だということ

そしていろいろ見て感じたことなんですが昇給額が少ない会社は
 
 
1、そもそも利益を出せてないような零細
 
2、人件費に回す気がないケチな会社
 
 
という2つの意味で就職する価値がないゴミなんですよね
 
 
前者は中小企業やあまりもうからない業界で、昇給どころか職場があるかどうかの心配をしなければならないので問題外なんですよ
 
 
後者は人件費をとにかくケチろうとしてくるのでことあるたびに給料やボーナスカットが行われることがあり、毎年徐々に手取りが下がるということになってしまいます
 
私の居た職場でも一律給料やボーナスのカットが行われていましたし、増えるどころか減っていました
 
 
それに昇給が少ないと残業代やボーナスも伸びないという危険性もあり、基本給を抑えることで長時間労働に従事させられるという可能性も高いですね
 
 

終わりに・昇給に1万円も出せないような会社はゴミだと断言する!

そういうわけで昇給額が年に1万円もないような会社というのは就職する価値がありません
 
上にも書きましたが「5000円もあればいいほうだ」なんて言うのは完全に社畜として洗脳されているので間違いなくその考えは改めたほうがいいです
 
 
はっきり言って1万円未満の会社は危険な上に従業員を使い捨ての駒として扱うところがほとんどです
 
今は人材確保のために人件費を出さないといけないって頭にない時点で時流を読めないという意味でもかなり危ないです
 
 
そういうわけで昇給は年1万以上ある会社を目指すべきだと断言できますし、今いる会社がそれ未満であれば新しい転職先を探すべきだと断言します
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
やはり昇給1万円クラスになると探すにしてもぐっと数が減ってしまうのは間違いありません
 
そういう会社を探すのにエージェントの力を借りて優良企業を探すという方法が一番手っ取り早いでしょう
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事