転勤ありの大企業かブラックな中小企業かの二択は両方ゴミと断言する!

 

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!
 
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

 

 

こんな選択肢で悩むことがそもそもおかしいんですよね
 

 

どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験をしてきたAtusiです!
 
 
いつものようにブログのお問い合わせを確認していると
 

差出人: (プライバシーのため伏せ)
題名: 転勤ありの大企業かブラックな中小

メッセージ本文:
日本企業のやり方に嫌気がさし就活を辞めていた、大学四年のものです。今日いろいろ思うところがあり就活を再開したのですが、わからない事があったので質問させていただきました。
あつしさんの記事で中小はブラック企業が多いという記事があったので大企業を受けたのですがそこで気づいた事がありました。それは大企業は転勤がある場合が多いという事です。一応地域限定社員も選べるのですがそうすると転勤ありの正社員より待遇が酷くなり介護士の給料より低くなってしまいます。ただ日本経済の構造上は大企業が中小から技術を盗み責任とコストカットを押し付けるというものなのであつしさんの言う通り中小に行く意味もないと思います。そこであつしさんにアドバイスをいただききたいのはそれでも大企業からホワイトを探した方がいいのか未来工業のようなレアな中小ホワイトを探す方が効率がいいのかという事です。正直、一度就活を辞めたものとして社畜自体にもう逃げ道がなくこの質問に意味がない事は薄々気づいているのですが、今年は就職したいと思うきっかけがあったので質問させていただきました。可能な限り助言を頂ければ幸いです。

とまぁ転勤のある大企業で働くか中小企業のブラックで働くかという選択肢で悩んでいるという相談です
 
私の結論ですが

どっちも選ぶな
 

以上です

もうちょっと突っ込んで解説すると産業廃棄物の汚染ごみか核燃料廃棄物のごみのどっちかを食えってことですからね
 
そもそもこの二択しかないというのが間違えていますし、今の政治の選挙みたいに魅力がなくて消去法でどれがましかって考えるならともかく、少なくともこの2種類以外の選択肢は普通にあるんですよ

というか質問の中でもう答えが出ちゃってるみたいですが大企業のホワイトを目指すべきかレアな中小ホワイトを探すかというのであれば両方とも探せと言えますし先に見つけたり内定取れたところに行けばいいと思うんですよ

今回はこの相談に関してこのまま終わるとあれなんでちょっとだけ掘り下げて記事にしようかと!
 
 

大企業か中小かみたいに絞ると視野が狭くなる

ブラック企業を避けてホワイト企業に入りたいと思うのは普通ですが、そこで大企業か中小かという絞り方をすると視野が狭くなるんですよね
 
たとえるなら遠くを見ていて足元に札束や金塊が転がってても気が付かないということも普通にあり得るので、別にどっちかに絞る必要ってのはないんですよ
 
 
ただ私自身の考えを伝えると、ホワイトな環境を維持するということはそれだけ効率のいい稼ぎをしなければ維持は難しいです
 
中小企業というのは様々な雑務をこなして少ない人数で無理やり回すことが多いので、結果的に一人当たりの負担が大きくなるのでブラック化しやすい傾向があるんですよね
 
 
そういう点では大企業のほうが余計な雑務を中小に比べればする必要がなく、同一の仕事で効率よく稼ぐエネルギーを回せたり、ネームバリューなんかで売り上げや宣伝効果もあるので利益を上げやすく、さらにはコンプライアンスも中小の無法地帯に比べればまだホワイト化しやすいとも言えます

なので個人的には大企業の方が内部情報も掲示板や口コミサイトなんかで漏れていることが多いので情報も集めやすく、ホワイト企業を探すのであれば若干有利だと思いますが、別に大企業じゃなくてもたまーに都市伝説レベルで存在するあえて人数を絞って運営する中小企業のホワイト求人もゼロではないのでそういうのも視野を広げて見つけたら突入するという感じでいいんじゃないかなと

 

終わりに・ホワイト企業ばかり集めたエージェントを利用するのが手っ取り早い

そういうわけでブラック企業を避けてホワイト企業に入りたいと思うのは普通に誰もが思うことですし、そもそも法令遵守してる会社を探すので苦労するってのがおかしい気がするんですけどね
 

ただ今のご時世はそういう会社を調査を行ってブラック企業を除外して求人を集めたエージェントも存在して増えつつあるのでそういうのを利用したほうがいいんですよね
 
ブラック企業かどうかなんて入ってみないとわかりませんが、少なくとも外部から見ておかしいというのを調査してはじいてくれているというだけで利用する価値は大いにあります

 
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます

今はブラック企業を調査して排除したエージェントもありますし、特にその中でもウズキャリさんとかは私もばっちり取材を行って聞いてきましたがあそこが頭一歩抜けている印象ですね

ほかにもこの記事の下にブラック企業から抜け出すためのサービスを書いてますので下からご利用してみてはどうでしょうか?

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ! 
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ



ブラック企業から今すぐ逃げたいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事