「趣味を仕事にすると辛くなる」の本当の意味を語る!

あれよく聞く言葉ですよね

 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
よく世間では「自分の好きな趣味を仕事にすると辛くなるぞ」と言って嫌いなことを仕事に選択するように強要してくるバカって居ますよね
 
私の持論ではむしろ好きなことほど仕事にするべきですし、仕事にする程度で嫌いになるくらいならそもそもそんなに好きでもないことだと言えるんですよね
 
私自身は今現在はこうやって文章書いて生計立てていますが、やる時は12時間位ぶっ続けで毎日やってても全く苦痛に感じたことがないですし
 
 
しかしこの「趣味を仕事にすると辛くなる」って意味って言葉だけが独り歩きしていて、本質がなんかずれているなって感じるんですよね
 
あながち言いたいことは分からなくもないんですが、文面通りだとちょっと違うのです
 
 
今回は私が様々な職場を転々として感じた本当の意味での「趣味を仕事にすると辛くなる」ということを書いていこうかと!
 
 

物事に関しての関わり方が違う

ここからはすべて私自身が感じたことですが、まず1つ目は物事に関しての関わり方が違うというものです
 
 
例えば私自身の事例であれば、私は以前から古本屋とか巡って中古の漫画とか読むのが大好きだったんですよね
 
そこで少しでも好きなものを仕事にしようとブッ○オフでアルバイトをしたことがあったのですが、ヤクザに袋叩きにされたこともあって2週間ほどで退職しました
 
まぁその他にも接客やゴミみたいな店長なんかに疲弊して遅かれ早かれ辞めていたことになっていましたが・・・
 
 
古本が好きでその販売の仕事をしたとしても、古本を読むことが好きなだけであって、それを扱う事によって発生する他の物事が好きではないので、そのズレが大きかったんですよね
 
本読むおとなしいインドア派が、重い書物を運ぶ肉体労働や、接客業によるコミュニケーションが得意だという事は決してないんですよ
 
 
なので好きな物事に関わっていたとしても、それが本人がその物事への関わり方として好きなことではないという可能性が大きいんですよね 
 

 

好きなことと得意なことは一致しない

もう一つあるのが、自分が好きなことと得意なことがごっちゃになってしまっているパターンです
 
確かに好きなことは誰に止められても好きでやるんで勝手に上達することが多く、それが得意なこととなってしまうので「好きこそものの上手なれ」なんてことわざもあるくらいですね
 
 
しかしだからといって得意な物事だから好きという事は決してないんですよ
 
例えば身体を動かずのが得意な人であれば大体のスポーツはそれなりにこなせるんですが、中にはどうしても嫌いなスポーツってのもあるわけなんです
 
私もどちらかと言えば身体を動かすのは得意な方ですが、それでも嫌いな競技ってのは割とたくさんありますし、嫌いでも身体がそれなりに動くので平均よりこなせてしまう事が多いんですよね
 
 
得意だから好きということではなく、得意でもやり続ければ嫌になることも数多く存在していまして、それを勘違いして自分が出来ることを得意だから好きと思い込んで、その仕事を続けて苦痛を感じてしまうというパターンも多かったですね
 
 

好きなことでも稼げない事なら生活が成り立たないので辛い

最後にもう一つあり得るのが、自分が本当に好きなことでも、それでは生活が成り立たなくて私生活で辛いと感じてしまうことがある場合ですね
 

私の場合だったら調理師してたときとか仕事そのものは本当に楽しかったので仕事そのものは苦痛を感じた事がありません
 
しかし報酬面や休日面で非常に条件が悪すぎて、私生活のための仕事のはずが、仕事のための私生活になってしまって手段と目的が逆転しちゃっているんですよね
 
 
確かに仕事では辛いと感じなくても、私生活で辛さを感じてしまうと、やっぱり仕事というのは私生活の延長線にあるので、根本が辛いと感じてしまうと仕事も辛くなってしまうのです
 

 

終わりに・一番は好きでたまらないことを仕事として昇華させる

というわけで「趣味を仕事にすると辛くなる」という意味は大体上の3つの内のどれかじゃないかなって感じています
 
実際は趣味として没頭できるものを仕事にすれば毎日が楽しく遊んでいるようなものなので、そういう物事を仕事にするべきですし、没頭できることこそ自分がすごくなれる可能性を秘めた分野なんですよね
 
 
なので正確には「趣味だと思っているけど実際は間違っているものを選択すると悲惨なことになる」という言葉が正しいんじゃないかなって思ってますね
 
一番必要な事は自分自身がどういうことなら本当に没頭できるのか、そこまで行かなくてもずーっとやってても苦痛を感じないのかということと、それらを仕事にしても稼げるような環境につくべきだと言うことだと断言できます
 
 
やっぱり人間は自分が好きなことじゃない限りはやっててもはっきり言って無駄なんで、好きなことで稼げる環境を探して移動するべきだと断言します
  
もしいまやってる仕事が好きじゃなくてやってて苦痛を感じているならやる価値のないゴミですし、そういう状況であればとっとと環境を変えるべきです
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
趣味を仕事に選択すればそれは本当に幸せなことですし、仕事にした程度で嫌いになるなら大して好きでもない証拠なんでやらないほうがマシです

上記のように自分の好きなことを見極めて、それによってそれが最大限できる環境へと移るべきでしょう
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・就職Shop

企業はすべて100%取材を行って事前に下調べを行っており、職場の状況や待遇なんかも情報が豊富!
業種や対応地域も幅広く7000社もあり選択肢が豊富です
社会人未経験でも利用でき、4人に3人は正社員未経験の方の相談実績あり!
現在は電話対応にて活動ができるので遠隔地でも問題なく対応してます

コロナで就職や転職難になった人向け!
不景気だからこそ転職保証があるプログラミングスクールを利用すべき!
未経験からでも受講してIT技術を身に着けた上で転職保障で就職先を確保したい人向け  

30歳以上でも大丈夫!年齢制限が高い転職エージェントを集めてみた! 
年齢制限が多いエージェントの中から比較的年齢制限が緩くて利用できるものを特集しました  
おすすめの記事