基本給が少ない会社は手当てが多くてもブラック企業だと断言する!

基本給が少ないところはいろいろと賃金を抑えようとしているブラック企業だ!
 
 

どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
求人を見ていると月給は高額に見せかけて、隅っこに小さく基本給〇万+手当〇万みたいな書かれ方をしている求人を多く見かけますね
 
一見するとたくさんもらえそうでいい会社だと思ってしまうのですが、私の経験上では基本給が少ない会社は見せかけの金額が多くても絶対に入らないほうがいいブラック企業ばかりです
  

今回は基本給が少ないと総合で多く月収があるように見えてもブラック企業なのかということについて記事を書いていこうと思います!
 
 

基本給は残業代やボーナスの基準となる数字

まず基本給がどうして重要なのかというと、残業代や休日出勤、そしてボーナスなどはすべて基本給を基準に掛け算をすることで算出されます
 
残業代だったら1.2倍。休日出勤なら1.5倍、ボーナスだったら〇か月分とかですね
 
ほかにもいろいろありますが、基本給をベースに計算をするので、ここの数字が低いということは長時間労働をやっても思ってたよりも手取りが増えないということになりやすいです
 
 
なので基本給ではなく、手当で多く支払われている場合は一見すると多いように見えますが、残業や休日出勤などの割り増しが適応されないので長時間労働の割には本当に給料が伸びません
 
 
 

確実に長時間労働をさせられる

基本給を抑えることで割増賃金を抑えられるので低賃金で働かせ放題になってしまうので、確実に言えることが長時間労働をやらされてしまうのがほぼ確定だと思ったほうがいいです
 
安い給料で長時間働かせられるのであれば、徹底的に絞りつくしたほうが経営者目線で見て得ですしね
 
 
極端な話、残業をすればするほど時給当たりの労働単価が下がっていくということは珍しくなく、ある意味では会社視点で見れば節約して労働力を確保しているということになります
 
ゼロに何を掛け算してもゼロになるように、元の数値が低ければ割り増ししたところで金額が大きく増えることはありません 

 
実際に私も過去に交代勤務で1勤務8時間のところを大幅に上回る16時間勤務とかやらされていましたが、手取りでは23万程度で全然割に合わない金額でした

しかも会社は「給料が少ないから残業させて稼がせてあげよう」とか善意で悪意を押し付けてくることもありますし、まるで「苦しむなら殺して苦しみから解放してあげよう」みたいな感じで思考がずれてることもあり得ます
 
こうなると会社は自分のおかしなことに気が付いてないので改善する余地はないと断言できますね

 

賃金を抑制しようとしているので手取りがめちゃくちゃ少ない

そして賃金を抑制するために基本給が低いところは、絶対に従業員に金を払おうとすることがないので手に入るお金がかなり少ないです
 
昇給などもされることはないと思ったほうがいいですし、あったとしてもごくごく微量の上昇だったりするケースが多いです

 

手当がやたらと多い会社は人件費を抑えて逃がさない罠だと断言する!
 
過去関連記事 
 

ひどいところになると基本給が少なく、手当てがそこそこみたいで最初はいい給料に見せかけて実は昇給が一切ないみたいな会社もあって長い目で見ると大損する会社がありましたね
 
なのでそういう会社は最初から従業員に人件費を回す気がないので、手取りが働いてる時間から見て多いとは決して口が裂けても言えないような額になってしまうのです
 
 

 

手当は後から取り消すのが簡単に行われる

これはかなりグレー寄りのアウトなんですが、基本給というのは契約してしまった後はそう簡単に下げることはできません
 
しかし手当で給料を割り増ししていた場合には、手当というのは簡単に取り消されてしまうことが多く、それによってグレーではあるものの簡単に給料を下げてしまうことができるのです
 
 
極端な話を言えば、入るときは手当てで釣ってから入った後に手当てをなくして給料を下げてしまうということができるのです
 
 
そういう意味でも簡単には下げることができない基本給の部分を最重要視するべきですし、本当に給料があるならまどろっこしいことをしなくていいんですよね
 
 
これそのものもかなり違法スレスレなんですが、基本給を合意なしで下げるよりはやりやすく「業績悪化のため」とかもっともらしい理由をつけてしまえば強引にできてしまうんですよね
 
過去に介護をやっていたときは一部手当をそうやって取り消されて給料が下げられましたが、労働者からは不満はあったものの反発らしい反発は見られませんでした・・・

 

終わりに・基本給が少ない会社はすべてブラックだと思え!

なので基本給が少ない会社は長時間労働が多く、その割には給料が全然増えないブラック企業であると断言できるのです
 
やましいことがなければ全部基本給表記にしてしまったらいいのですが、そうせずに手当とかで釣ろうとしている時点で怪しいのです
 
 
一番これの怪しさ・・・というか確定で黒なのが固定残業代含むとかやってたら確実にアウトですし、手当ってのはこれの延長みたいなもんです

よって手当などが多く見えても基本給が少なければすべて疑うべきですし、むしろ完全に就職先の候補から外してしまうか、今いる会社であればさっさと逃げてしまったほうがいいと断言できますね
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
私の知る限りではこういうエージェント経由の求人のほうが基本給が高い印象がありますし、そういうところのほうが金を払ってでも人材を欲しがるのでそういうところに就職したほうがいいんですよね
 
やっぱり労働者へ金を使わないケチな職場はこっちから切り捨てるべきだと断言します!
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事