外国人労働者が居る職場は辞めるべき底辺だと断言する!

特に発展途上国の人間がいる場合は危ない
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
ここ最近は人手不足が言われつつあり、単純労働者を海外から入れるという話をよく聞きます 
 
こういう記事タイトルにしたら「外国人差別だ!」とか騒がれそうなんで先に言っておきますが、日本で働く外国人を貶す記事ではありません

私自身がブラック企業を転々として気が付いたんですが、外国人が多い職場ってブラック企業が多く、それも発展途上国の人間となったら一気にブラック度が跳ね上がるんですよ
 
もし職場で外国人を見かけた場合にはその会社から逃げることを検討するべきだということについて実体験に基づいて記事を書いていこうかと!
 
 
 

国内の人間は騙せなくなってきている

まず日本でよく言われている人手不足という言葉ですが、あれは実際には「薄給激務でも文句を言わずに働く奴隷が減っている」という意味であって、普通のおいしい仕事って求人状況があんまり変わってないんですよね
 
その割にはそういう仕事は給料が上がったりしてないんで、実際のところはそこまで大きな深刻な人手不足ではないでしょうし、もしちゃんと人が欲しいと思う会社であれば待遇を上げますからね
 
 
なので日本国民も徐々に知恵付けたり現状を認識することでブラック企業を回避する方法を学んできているため、今までのようにある程度の人間は騙せなくなってきているのです
 
 
そこで現状をよく知らず、観光で来る分にはよく見える日本で働きたいという外国人を求人段階などでだまして無理やり入れてしまうということが多いのです
 
外国人が多いということはそれだけ日本国内の人間は騙せなくなっているブラック企業だと名の知れた証拠だといってもいいのです
 
 
最近では徐々にテレビでも
 

 

 
このように明るみになってますね
 

発展途上国の貧乏な人が逃げられない環境で働かされてる

国を差別するわけではないのですが、特に発展途上国の人間が入っている場合にはかなりブラック率が跳ね上がり、もし先進国の人間ならよっぽどの志でもない限りは自分の国で働けばいいんですよね
 
発展途上国というのはそれだけ経済的に厳しい状況にあるので先進国まで出て稼ぎに来るというある意味では難民みたいなもんです
 
 
しかしそういう人は一度入った会社がとんでもないブラック企業だとわかっても、次の職場が見つかるまでの期間や就労ビザ(3か月期間空くとアウト)の関係でやめられないという人が多いんですよね
 
よく日本でも底辺層が仕事辞めたら明日の生活が成り立たないという人がブラックと分かっても続けている光景を目にしますが、完全にそれの上位版だと思ってもらえれば差し支えないです
 
 
このようにブラック企業が外国人を雇うというのはある意味では貧困ビジネス以上のクソ行為だといってもいいでしょう
 
 
 

人件費を抑える傾向があり給料が安い

これは今までの経験上で間違いないことなんですが、外国人を雇う会社はどこも人件費を抑えようとする傾向がめちゃくちゃ強いので給料が多くもらえるということはまず絶対にないとみていいでしょう
 
外人を雇っているという時点で人件費を抑えようとしている何よりの証拠ですし、人件費を抑えずに求人を出すなら適正な給料で募集すれば今のご時世なら人が来ますからね
 
 
今は外国人を雇うことで補助金がもらえたりするので、それ目的で入れているというところも珍しくありません
 
また、本業が順調であればわざわざ外人を入れるというリスクを犯す必要がないので、本業があまり儲かっていないという証拠にもなります 
 

私もこういう職場で働いていたことがあったのですが驚くほど給料が上がりませんでしたし、給料が生活保護を下回るということも珍しくなかったです
 
更に言えば残業代とかの計算も不正にやってたりして会社側に都合のいいくそルールを押し付けていたりしていたことが多かったです
 
もう「嫌ならやめろ」って感じで開き直っているんですが、上記に書いたように貧困で逃げれないことを分かった上でこういうのを押し付けてくるのです

人件費を抑える職場の傾向として、労働者は使い捨てのATMみたいにしか思われてないので現代でも労基法を無視して絞りつくすような職場が多いです
 
 

日本と外国の文化の差が大きなトラブルを生みやすい

日本人のブラック企業な働かせ方では海外であれば暴力沙汰になるということは珍しくありません
 

 
 
最近出回ってきた動画なんですが、嘘をついたことを責め立てることで外人が切れて殴り掛かるというものです
 
日本では割と日常茶飯事で見かけられる責められ方ですが、外国だったら完全にメンツを潰されたと思って相当プライドを傷つけてしまうので殴り掛かられても仕方ないようなことになってしまうのです
 
 
この件については
 

 
私はこの件の詳細は分からないんですが、少なくともこういうネチネチと責めるような連中の下で働いていたら、うそをついてでも隠したくなる気持ちはわかるなーってのを感じますね
 
 
外人が全員トラブルになるとまでは言いませんが、少なくとも日本とは文化が大きく違うので、どこでトラブルの引き金になるかわからないと言えます
 
日本人が外国に行くなら郷に入っては郷に従えですが、日本に働きに来ているのであれば向こうが合わせるべきだとは思いますがそういうことを向こうはまずしません 

 
少なくとも外人を入れる職場は通常の職場よりもトラブル率が跳ね上がるので近寄らないほうがいいと断言できます
 
君子危うきには近寄らずってことわざもあるくらいですからね
 

会社で殴り合いの喧嘩に発展する職場は辞めるべきと断言する!
 
過去関連記事
  

終わりに・外国人を多く見かける会社はほぼ黒である!

そういうわけで日本なのに外国人を見かける職場というのはかなり危ない証拠なんですよね
 

さらに潜在的な差別を含めれば外国人は日本語が不自由でコミュニケーションで何をしでかすかわからないという潜在的な恐れもあって、普通の人はそういう環境に及び腰になってしまうこともあります
 
・・・別の意味では今回の件でその潜在的な差別はある意味では正しいんですけどね
 
そういったことから余計に日本人を雇えなくなるというリスクもあるのですが、それを差し引いてももう何も知らない外国人を騙すしか労働力を確保することができなくなってきているのです
 
 
日本で働く外国人には罪は全くないのですが、そういうことをして貧困ビジネスを行っている会社環境という点では間違いなくクソ環境なので、外国人を見かける職場には近寄らないほうが賢明だと断言できます
 
もし入って間もない状況で見かけることがあったらすぐにでも脱出するようにしましょう
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
それに外国人しか雇えないという事は、薄給激務のビジネスで工夫して効率よく稼げないと言ってることと同様です
 
そういう意味でも日本人が働くメリットがない職場だということですので、自分はそういう環境を避けるべきだと断言できますね
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事