「明日やろうは馬鹿野郎」が出てくる職場はやめるべきと断言する!

こういう言葉を使う会社にロクな会社はないですね
 
 
 

どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!

ブラック企業のクソ上司が好んで使う言葉に
 
 
「今日できることを明日に回すな!」
 
「むしろ明日するべきことを今日やれ!」
 
「明日やろうは馬鹿野郎だ!」
 
 
このようにやたらと詰めることを強要してくる上司が不思議とどこにでもいるんですよね
 
この「明日やろうは馬鹿野郎」って言葉は今まで居たブラック企業各地で聞かれた言葉なんでおそらくほかのところでも言われたという経験がある人は多いんじゃないでしょうか?
 
 
ちょっと調べてみたら2014年くらいに放送してたドラマのセリフらしいですね
 
こんなことを言うなんてテレビに影響されすぎだろって感じますねぇ・・・
 
 
はっきり言ってこの「明日やろうは馬鹿野郎」って言葉が出る職場って大体ろくでもない職場が多いんで、もし上司から言われたらその職場からは逃げることを検討するべきです
 
今回はそういう記事を書いていこうかと!
 
 

メリットがないのに仕事を詰められて際限がなくなる

まずこういうことを言われる職場というのは、メリットがないくせに仕事をとことん詰められるんですよね
 
最初は明日の仕事を先取りしろという感じで言われるんですが、それがいつの間にか当たり前になり、さらに翌日以降の仕事も詰められて当たり前になり・・・と繰り返すことで仕事の密度がありえないくらいに高まってそのうち絶対にどこかでパンクするようになります
 
明日のことどころか明後日やその先の仕事までやるハメになってしまいます
 
 
その結果として本来であれば明日以降の仕事のはずが、その日のうちに詰めることで疲れて効率が落ちている状態で残業代で割増してやることでコスト面でも悪くなりますし、場合によっては残業代を出さないということもありますがこれは別の意味で今すぐ逃げたほうがいいでしょう 
 

さらに就職全般に言えることなんですが、仕事をどんなに詰めてやったとしても時給の仕事は給料として一切反映されることなく定額であるので、むしろ仕事の密度は下げたほうが労働者目線では得することが多いんですよね
 
 
そのパンクを防ぐためにも今日という区切りとして定時が存在するのですが、いつの間にか何日分も凝縮して詰めすぎた仕事が一日の当たり前の量になり、その当たり前をこなすために毎日残業する必要が出てくるような本末転倒なことになりやすいです
 
 
なので今日できることは今日やったらいいですし、明日やることは別に明日に回してしまうべきなんです
 
そういう時間を区切るという概念にめちゃくちゃ疎い会社であることは間違いないですね

 

テレビに影響されやすいバカ

それともう一つ言えるのがこの言葉がテレビのセリフであることは上に書きましたが、こういうことをいう人間はめちゃくちゃテレビの影響が受けやすく、テレビの受け売りを言葉や行動の意味を考えずにそのまま横流しすることが多いんですよ
 
 
例えば過去記事ですが

「最初に手を上げた人間に仕事を任せる」と試す会社からは去るべき!
 
 
これも私が過去にいたブラック企業のクソ上司がテレビに影響されてやってたんですが、テレビでやってたのはあくまで動いたことがあることによる報酬や立場が用意されていたからであって、それを用意せずに同じようなことをやって誰も手を上げないとブチ切れてたりするんですよね
 
 
なんというかマネーの虎とかガチンコファイトクラブみたいなやらせ番組の影響をもろに受けやすいタイプで、称賛される言葉や行動をなぜ良いのかということを考えずに表面上だけ真似して全く真逆の効果になっていることに気が付かないバカが本当に多いです
 
経営者がバカだったら会社って結構ちょっとしたことで傾くことが多いんで、そういうバカの巻き添えを食らうのもあほらしいですし、自分で考える頭がなくてメディアに流されやすいバカという時点で経営者としては能力がない証拠なんです

 

終わりに・サラリーマンなら今日できることを明日に回すくらいでもいい

なのでむしろサラリーマンであれば自分の仕事の密度を下げて労働から見たお金の効率を相対的に上げるくらいでちょうどいいんです
 
もらえる給料が変わらないなら、仕事の密度を下げれば労働から見て上がるということですからね
 
 
そういうわけでむしろサラリーマンであれば今日の仕事を明日に回すくらいでちょうどいいですし、明日やろうはバカ野郎はちゃんとやるだけやって報われる立場の人だけやればいいのです
 
それにそういうことを強要してくる職場って大体労働者に対して不利益をどんどん押し付けてくる傾向がものすごく強いんで、そういう意味でもさっさとそのような職場から逃げるべきですからね
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
はっきりいってテレビの言葉をそのまま流すだけで搾取することしか頭にない経営者なんてのは二流以下のごみなんで従う価値もないんですよね
 
やっぱり自分で考えて自分でよい環境を作ろうとする経営者の下で働くべきですし、労働者視点で良い会社を探すためにもこのようなサービスを使ってみてはどうでしょうか?
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事