昼休みに仕事をする必要がある職場は転職するべきブラック企業だ!

 

ウチのブログのオススメ記事まとめ!


ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!


ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
【AI投資】トライオートに為替運用させたら71万が93万になりました!
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

ぶっちゃけ昼休みがない会社は100%ブラック企業なんでやめるべき!
 
 
 

どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
最近は働き方改革で残業を減らす動きが出てきていますが、実際には仕事の総量は変わることがあんまりないので別のところにしわ寄せがきてるケースが多いですね
 
そんな中で昼休みに働かせる会社もちらほら出てきていて
 

 正午から午後1時までの「昼休み」の時間帯に働く人が増えていることが、国の統計を分析した専門家の指摘で分かった。「働き方改革」で残業は減り、深夜に働く人は減少。ところが、そのしわ寄せが昼休み返上の仕事につながっている。 (池井戸聡)

 リクルートワークス研究所(東京)の坂本貴志研究員が、国が五年に一度行う「社会生活基本調査」の詳細を分析。二〇一六年に正午から午後一時までの時間帯に仕事をしていた人の比率は35・4%で、一一年(32・2%)より3・2ポイント増えていたことが分かった。

 この五年で深夜に仕事をしていた人は減少。だが昼休みの時間帯に働く人は増えた。なぜか。坂本研究員は「フレックスタイム制や在宅勤務の広がりで、この時間帯に働く人が増えた側面はある」と指摘。一方で「残業が減る中で仕事をこなすため、休憩すべき時間帯に仕事をさせられた人が増えたのでは」と強調した。

 労働基準法は労働時間が六時間超八時間以下の人に最低四十五分、八時間超の人に一時間の休憩を労働時間の途中に与えることを企業に義務付ける。違反した使用者には六月以下の懲役または三十万円以下の罰金が科せられる。

 だが残業を避けるため、昼休みに働かざるを得ない人が増えているのが実態のようだ。東京都内の大手損保で経理を担当するA子さん(42)は「働き方改革が言われだした三年ほど前から上司への申請が必要になり残業しにくい。だからお昼に働く」と告白。「時間がないのでいつもお弁当を十分以内に食べる。早く食べ終えるため、ご飯も少なめでつくる。トイレを我慢し働く日もある」と打ち明けた。

 働く人からすると、残業が減っても昼休みに働くなら長時間労働は変わらない。昼休みなどの休憩時間なく働かせるのはそもそも違法なため、残業手当(通常の25%増しで支給)もなく、全くの「タダ働き」となる。

<働き方改革の死角>昼休み労働増加 残業減のしわ寄せか
 

これ私が働いてた時からあったんですが、昼休みのはずなのになぜか仕事をする羽目になってる会社って結構多いんですよね
 
私の体感では5割よりちょっと多いくらいの会社が昼休みが全然休みじゃなくて仕事を命じられていたり仕事をすることになっていたりする会社が多かったです
 
 
私がいたところでは昼休み時間は座り仕事をやらされて「椅子に座ってるから休憩だ!」なんて言われてたこともありましたが・・・今から思えばクソとしか言いようがないですね 

 
経験上からはっきり言えることなんですが、ぶっちゃけ昼休みに全く休めずに仕事をしなければならない職場はブラック企業の底辺なんでとっととやめたほうがいいんですよね
 
昼休みがないという事実そのもので十分アウトなんですが、実際にはその数倍ものクソっぷりが隠れているので
 
 
今回は昼休みに休めずに仕事をする必要がある会社は辞めるべきだということについて記事を書いていこうかと!
 
 
 

仕事の総量が純粋に多い

まず昼休みにまで仕事をしなければならないというのは純粋に仕事の量が多い傾向がありますね
 
普通にやってれば時間内には絶対に終わることのない仕事量だからこそ休み時間にまでやる必要があるのです
 
 
そしてその仕事は減らすこともできない上に次から次へと仕事が溜まってくるので雪だるま式に増えていくのです
 
 
私の経験上では昼休みに仕事をしなければならないような職場は時間内に収まらない上に残業が禁止されていることが多く、そのしわ寄せとして定時前出社も強要させられてしまうことが多いです
 

更には残業禁止とか言いながらもサビ残をやらされて
 
「作業が遅いから遅れが出てるんだろ?その分はどうやってでも遅れを取り戻すのは社会人として常識だし自発的に残業を行ってるから賃金は出さない」
 
なんてことを言う会社が多かったですね
 
 

 

 

効率という考えとは無縁の会社

昼休みというのは休憩をとることで労働効率を上げるために必要なことなんですが、昼休みがない会社は労働効率という考えが全くと言っていいほどなく、単純に時間を使って処理しようとする傾向があります
 
そして上の仕事が多いというのとセットになって、仕事の効率が悪いからこそどんどんたまってしまうということになってしまうのです
 
さらに遅れた分は時間を使うことでしかリカバリできず、そして無駄に時間を使って余計に疲れて効率落ちて・・・ということになりますね
 
 
 

無給早出やサビ残などタダ働きさせる傾向が滅茶苦茶強い

休憩は8時間拘束なら最低でも60分、6時間拘束でも45分の休憩がないといけないと労基法にもあるので仕事をさせているという時点で労基法違反なんです
 
しかし昼休みにも働かせるブラック企業にとってはそんなものはお構いなしで、朝は無給で早出をやらせて夜はサビ残などでタダ働きさせる傾向がものすごく強いです
 
 
そして昼休みというのは労働してない時間としてみなすことが多く、その分は賃金が出ないという事が大半なんですが、その賃金が出さない時間も働かせようとして不正に賃金を抑制しようとしているんですよね 

 
第三者視点だと「そんなの無視してしまえばいいじゃん」って思うかもしれませんが、上にも書いたように「遅れているのはお前らが早く仕事をこなさないから」という一見すると正論にも聞こえてしまうこのワードで後ろめたさを感じさせて罪悪感からサビ残などに従事させるのです
 
当事者になると過労で判断力が落ちてしまっているのでこういう簡単なことも分からなくなるくらいに疲弊してしまうのです

しかし実際には完全に上が仕事の調整ができてない無能っぷりの証拠なんで労働者側が罪悪感とか感じなくてもいいんですよね

 
こういう職場では実際は上のミスや責任だったりすることを丸投げされて、それをフォローできないのはお前が悪いという斜め上理論をかまして責任を擦り付ける傾向がものすごく強いので、そういう点でもクズだと言えますね 

休めないことは氷山の一角で労基法が全く機能してない職場

ある意味では昼休みに休憩がないというのは人によっては、それだけ見ると些細な問題に見えるかもしれません
 
しかし真に恐ろしいのは昼休みが休めないという事実はほんの氷山の一角でしかなく労基法が全く機能していない無法地帯のブラック企業であるという証拠なんですよね
 
 
労働基準法というのは努力目標ではなく最低限絶対に守らないといけない基準であり、この基準は本当に少しでも超えたり違反したらアウトというものなんです
 
少しでも違反している企業は開き直ってることが多く、労働者に対して劣悪な環境を押し付けても反省すらしないというゴミクズっぷりを発揮しているのです
 

 

終わりに・昼休みに休めない会社ははっきり言って異常だ!

そういうわけで昼休みに休みがなくて仕事を押し付けられたりせざる負えない状況になっているというのは異常なことなんです
 
当事者になってしまうと判断力が落ちたり「遅れを取り戻すのは社会人としての責任」とかクソワードで洗脳されてしまうことが多いですが、はっきり言って大間違いなんですよ
 
 
昼休みにまで仕事を押し付けられるのは労働者がさぼっているわけではなく、上の管理ミスによるものなのでそれを責任転換させられて尻ぬぐいをさせられてるという時点でゴミなんです
 
 
間違いなく昼休みに仕事をしなければならないような会社は今すぐにでも辞めるべきクソブラックのゴミクズ底辺環境であると断言できるので、そういう環境にいるのであればさっさと環境を変えて逃げるべきだと断言しますね!

 
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
昼休みに休めないこと自体はもしかしたら些細なことだと思うかもしれませんが、実際にはその後ろに控えているものが危ないのです
 
だからこそそんな危ない職場は今すぐにでも切り捨てて、まともな会社へ転職する活動を行うべきだと言えますね!

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ! 
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!


 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

【AI投資】トライオートに為替運用させたら71万が93万になりました!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事