手当がやたらと多い会社は人件費を抑えて逃がさない罠だと断言する!

手当が多くてぱっと見の給料が多いところって給料ホント伸びませんね
 

 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!

 
仕事をしていると様々な手当ってつくことが多いですよね

例えば
 
 
・通勤手当
 
・交代勤務手当
 
・宿直手当
 
・資格手当
 
 
まぁ他にもまだまだたくさんあるんですが上げるとキリがないのでこの辺にしておきます
 

最近来た相談の中にも 
 

差出人: (プライバシーの為伏せ)
題名: ホワイトブラック見極め。

メッセージ本文:
ブログを読ませて頂いている大学生のものです。現在企業の選考をうけているのですがブラック企業かホワイト企業か見極めがつかなかったので質問させていただきました。その企業は年間休日が125日、昇給も年二回あり社畜批判の記事では合格点に達しているなと思いました。ただ基本給を見ると13万5千円とあり様々な名目の手当を入れて初任給が20万円になっていました。残業代は別途完全支給、みなし残業なしと記載してあります。育成制度が整っていて勤続年数も長く会社の雰囲気も良かったのですが、基本給の安さが気になりました。あつしさんには見極めアドバイスをいただければありがたいです。よろしくお願いします。

 
 

このような相談がありましたがはっきり言って基本給が低い時点でかなりアウトで、手当で割り増ししようとする会社ってろくでもないんですよね

この手当というものですが多いと収入が増えるように見えるのですが、実は手当が多いということは賃金を抑えて人を逃がさないようにするための罠であることが多いです
 
なので手当が多くて給料が多いとか喜んでいる場合じゃないんですよね
 
ぶっちゃけ私は手当の多さとブラック企業の比率というのは確実に関連性があると確信していますからね
 
 
一見すると手当が多いのに人件費を抑えているという矛盾を感じるかもしれませんが、今回はその洗脳を解くための記事を書いていこうかと!
 
 

手当には割増が適応されない

〇〇手当という割増金というのは、残業代の1.25倍や休日出勤の1.5倍といった割増が全く適応されません
 
私の対韓では手当が多い会社ほど残業とかが多かったのですが、その割にはもらえる給料って思ってたほど増えないんですよね
 
 
なので基本給を抑えて割増かかったとしても元の数値が低いので増えない低賃金なところを手当という形でごまかしているところが多いんです
 
残業代とかもそうですがボーナスとか露骨に給料の〇か月分とか言いながら、手当を抜いた基本給計算だったりするので全然もらえないということが結構多いんですよ
 

 

手当があるとぱっと見は多く見える

この手当というのは一見するとぱっと見は多く見えるんですが、基本給を下げて手当で少し他よりも上に見せかけることで人件費を抑えつつも見栄えだけはいい状況にできるのです
 
上に書いたように基本給を基準に残業代や休日出勤の割り増しを行うので基準値が低ければそれだけ割増されてもあんまり意味がなかったり、ボーナスのような〇か月分みたいなのも手当を抜いた基本給で計算すればいいので抑えられます
 
 
超絶極端なことを言ってしまえば基本給ゼロで手当で20万とかでも月収は20万ということになりますが、いくら残業や休日出勤をしてもゼロのままですからね
 
さすがにゼロというところは滅多にありませんが(あったら別の意味で今すぐ逃げるべき)手当を増やしてぱっと見の収入を多くし、基本給を抑えて長時間労働に従事させればそれだけで人件費を抑えて個人を徹底的に働かせて搾取することが可能です
 

 

終わりに・手当とは麻薬みたいな危険なものである!

そういうして薄々は長時間労働をしているのに手取りが思ってたよりも増えないな・・・と思いつつ、気が付いたら体を悪くしたり年齢を食ってしまったりして今の職場にしがみつくしかないということになりかねないのです
 
そうなってしまうと完ぺきに手遅れになってしまっていますし、そうなると完全に搾取される対象として社畜になってしまうのです
 
 
手当が多い会社というのは働いてもあんまり給料が変わらなくておかしいなとは薄々思うんですが、なかなか働いていると長時間で脳みそが思考停止しているのもあっておかしさの核心に気が付けないんですよね
 
私も手当が多かった会社で長時間労働をしていた時には労働時間のわりに給料が伸びませんでしたし
 
 
はっきり言って手当というのは麻薬みたいな危険なものであり、一見するとぱっと見は収入が多いという気持ちよさがあったりしますが、実際は体をむしばむとんでもない害悪なんです
 
そもそもちゃんと給料を上げるつもりであれば基本給を伸ばせばいいのに、基本給を低く設定して手当をだしてちょっと多く見せかけているという時点で裏に気が付くべきですし、そのようなことをしているような劣悪底辺のごみ環境には近寄ってはいけませんし、もし在籍しているのであれば今すぐ逃げましょう

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
何度も言いますが手当が多いということは決していいことではありません
 
むしろそういう会社ほど長時間労働などで自分の時間がないわりに給料が低いブラックである可能性が高いと断言できます
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

 

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事