自己目標を設定させる会社は辞めるべきブラック企業の証と断言する!

あんなもの導入する会社はマジでとっととやめたほうがいい
 
 

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです
 
 
先日、お問い合わせからまた相談メールが一つ来ており
 

差出人: (プライバシーのため伏せ)
題名: 相談および記事ネタ提供について

メッセージ本文:
Atusi様、はじめまして

(プライバシーのため伏せ)と申します。

早速ですが、現在の勤め先で感じている疑問について、相談させていただきたくあります。

私は現在、制御盤の設計・製造・施工までを行う会社(平野区)に勤めています。

この会社では、私が入社した時期から人事評価制度を外部委託会社(株式会社あしたのチーム)のコンサルを受け、その仕組みを導入しました。

具体的には、

・目標設定シートを作成し、目標設定面談、中間面談、期末面談を行い、達成度の確認をする

・目標設定シートにはいくつか項目があり、その項目を具体的に示さなくてはならない
(あいまいな表現がNGワードとして設定させている)

となっています。

これを給与査定に使用し、個人の頑張りを給与に反映するとの触れ込みですが、私には
そうは思えません。

実際に私がシート作成、面談をしてみると

・目標達成の成否にかかわらず、上司からなぜなぜ分析を強いられる

・達成できればハードルの引き上げ、できなければできるようになるためのなぜなぜ
分析が入る

ということがありました。

あと1週間後には、2018年度末と2019年上半期分の面談を行われる予定ですが、
もしこれで給与の引き下げをちらつかせられた場合、どう対応するべきでしょうか
(私の会社は基本給+能力給+住居手当+定期代:3か月定期の3分の1が給与として支払われます。私の場合、基本給14万、能力給8万、住居手当等を含んだ手取りで20万に届くかどうかです。
ちなみに残業代は定時より15分後のインターバルをへて、それを超えた分1が分単位で支給)

なお、評価シートについてですが、会社のPC画面をキャプチャしたものをご提供することが
できます。お問い合わせからお送りできないようですので、ご検討をお願いいたします。

また、貴ブログの感想についてですが、
私自身の経験から大いに共感できるとともに、自分の判断は間違ってはいないんだと自信を与えてくれるものでもあります。

蛇足ではありますが、私自身固定残業制が導入されている工場勤務(正社員)を経験しましたが、下記の内容から、絶対に労働力を提供してはいけないと強く思っています。

・親族経営(会長:2代目 社長:3代目、会長の息子 常務:社長の弟 専務:会長の娘婿
事務員:会長の孫娘)

・私が辞める前に、トライヤル雇用で入ってきた人間が2人いたが、1人は1週間、もう1人は
3日で辞める

・ナビサイトへの出稿費、エージェントへの報酬をケチったのだろうか、ハロワで募集をかける

・上司がモーレツ社員(私直属の上司で、私が大卒であることをあげつらう発言をしたクソでもある)

長文となりましたが、これにて失礼いたします。

と、ブログの感想と共に相談を頂きました
 
後半部分については個別に過去記事で書いたり予約投稿してる内容でも思いっきりぶったたいているのでここでは書きませんが、気になったのは目標設定シートの部分ですね
 
 
私もかつてブラック企業に居たときにやらされたことがあったのですが、いろいろな企業で導入されているのを見るとまたクソマナー講師にでも踊らされてるとしか思えないバカ企業っぷりをさらけ出してるなと感じてます
 
今の私であれば目標設定シートとか個人目標なんて強いられたらそんな会社は今すぐ辞めますし、はっきり言ってそんなことする企業って就職する価値ないんですよね
 
 
今回はこの目標設定シートで個人目標を設定させる企業には就職する価値がないということについて記事を書いていこうかと!
 
 
 

目標設定は給料を下げる口実

この自己目標設定というものですが、かつて私がいた会社でも何社かが取り入れており、目標を達成するとボーナスに反映されるという謳い文句でした
 
しかし実際には目標を達成したところでボーナスの額は周囲と変わることはなかったですし、逆に立てた目標設定をクリアできなければ査定を下げられるという人間のほうが多かったです
 
 
よってこれらの制度というのは「目標を達成すれば見返りがある」のではなく「達成できなければ給料を引かれる」というマイナス制度にしか機能してないんですよ
 
ある意味では相対的に見れば間違いでもないのですが、がんばったらご褒美って感じではないのでやる気を引き出すものではないんですよね

更に言えば、わざわざこんなくっだらない目標を立てさせないと人が動かないということは、この時点で会社には自分から頑張る魅力がないと言ってるようなものです

 

自己目標などではなく完全に強いられる無茶ノルマ

この自己評価制度というのは、自分の立てた目標からどれだけ多く達成できたかということで名目上はプラスになるんですよね
 
なので理論上は自己目標をめちゃくちゃ低く設定するのが労働者視点ではお得なんですが、それを実行しようとすると大体上司に密室に呼び出しをくらうんですよ
 
 
そこで言われるのが「立てた目標が低すぎるからもっとハードルを上げなさい」という感じで密室でぐちぐち延々と何時間も拘束されるんですよね
 
そこで折れて目標を上げてしまうと
 
 
「よーし!お前は今自分から高い目標を立てたんだから絶対達成しろよな?あ?」
 
 
という風になってしまうんですよね
 

こんなのは全然自己目標ではなく、むしろ「事故」目標って言い換えたほうがしくりくるくらいなんですよ
 
個人目標であれば設定した瞬間に死が見えるので「故人」目標でしょうか?

 
完全に自分で作った目標よりもノルマを加算されてしまうので全然自発的ではなく、最初から上司に命令されてしまったほうがマシです
 
このように手段はどうであれ「自分で決めさせた」という免罪符を作り、無茶なノルマを強いて後から問題が起きても命令はしていないという言い逃れする口実を作っておきたいだけなんですよね 
 

クソ上司から無理なノルマを半ば強引に設定され、それが達成できなければ査定を容赦なく下げられるというクソコンボの完成なんです

 

目標設定させている時間がめちゃくちゃもったいない

この目標設定をさせるという行為ですが、これ自体に仕事での成果って発生しないんですよ
 
片付けとか職場環境を整える行為であればのちの作業効率が上がったりするので決して無駄ではないのですが、目標設定についてはどうせ上から無茶を強いられるだけなんで士気をもろに低下させる要因しかないんですよ
 
 

さらに通常業務の後に何時間か居残りさせられて無理やりやらされることが多いのでそういう意味でも無駄なんですよね
 
私はこれを茶番すぎると判断したので適当な目標を5分もしない程度で設定したら「目標設定が適当すぎる!もっと考えろ!」とか言われて2時間も座らされたことがありましたし、ほんとバカがやることなんですよ
 
 
そんな時間があるならとっとと家に帰って体を休ませたりしてるほうが有意義ですし、1000歩譲ってまだ仕事してるほうがましといってもいいくらいなんです
 
 
先ほども書きましたがどうせ上司が無茶なことを半強要するのであれば最初から命令されてたほうが時間も無駄にせずに済むのです
 

クソコンサルに頼るくらい能力がない証拠

この自己目標を決めさせるという目標設定シートの制度は様々な会社で見かけたので、どっかの大した仕事もしないようなクソコンサルタント業の連中が作り出したものなんだろうなと感じてます
 
そもそも会社運営を自分の頭ではなく、コンサルタント業に頼っている時点ではっきり言って会社運営する能力がないって言ってるようなもんなんですよね
 
 
 
そのようなコンサルタントを受けると大体似たような会社になってしまいますし、そもそもコンサルト受けて成功するような会社って見たことありません
 
大体はコンサルタントする側もゴミだったり、受ける側も自分の頭で考えられないようなカスだったりするのですが両方である場合が多いです
 
 
その証拠にコンサルタントがすごいものだったら今頃そういうのを受けた企業は急成長して大企業だらけになってるはずですよね?
 
本当にコンサルタントとかが成功するような事例を作れるのであれば今頃もっと成功している会社が多いですし、ある意味ではマナー捏造講師と同じ存在です 

そうなってないということはそういうことなんですよ

はっきり言って会社がまともに運営できるほど優秀な人であればかなり合理さを求める人が多いので、こういう合理さの真逆にいるような成果を出すどころか絞るようなことってしないはずなんですよ

 

終わりに・こんなごみなことをする企業はとっととやめてしまえ

なので上記の理由から目標設定シートなんか導入して自己目標立てさせる企業なんかゴミだということです
 
そんなもん決めさせるくらいやる気を出して得する仕組みがないって晒しているようなもんですね
 
 
そもそもがんばったら頑張っただけ報酬や見返りがあるような会社であればこんなものを決めさせなくても勝手に頑張るはずですし、こんなものを設定させている時間を仕事に回して成果出させているほうが会社にも労働者にも得があるはずなんですよね
 
 
こんなものをやらせている時点で労働者視点で働く魅力も価値もないといってるようなもんですし、こういうことをする会社はとっとと辞めてしまったほうがいいと断言しますね
 
その証拠に今回相談を受けた職場の状況も目標設定シート部分だけでなく他の部分でも役満取れそうなくらいのごみっぷりですし、そういうゴミ企業だからこのようなクソ行為をするといっても過言じゃないのです
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
今時そんなクソコンサルタントに頼っている時点で問題解決能力がないと無能っぷりを晒しているような会社ですからね
 
そのようなカス環境はとっとと見捨てて次の環境を探すべきだと断言しますよ!
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事