社畜批判

セクハラ・パワハラの対処法は我慢せず環境から逃げる事だ!

2019/04/16

今時そんなことしてる企業はさっさと死ね
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
いつものように就職関連のニュースを漁っていたところ
 

セクハラについて定めているのは、雇均法11条だ。現行法では、事業主つまり企業などに対して、社員がセクハラによって不利益を受けたり働きづらくなったりしないよう、相談に応じ、適切に対応するために必要な体制を整えることなどを求める「措置義務」に止まっている。

つまりセクハラ自体が禁止されているわけではなく、事業主がセクハラに対してやるべきことが書かれているだけだ。事業主がこれを守らない場合は都道府県の労働局から行政指導が入り、企業名を公表する規定もある。しかし、ほとんどの企業が指導内容にすぐに従うため、企業名は公表されない傾向にある。

「就活セクハラ」は禁止されていない?セクハラ関連法が改正されても就活生は守れない

とまぁ全部引用しちゃうと長文になっちゃうんで一部分しかできなかったんですが要はセクハラやパワハラからまだまだ十分に守られてないってことですね
 
一応は就職してる人には徐々に法整備されつつあるようですが就活生なんかには適応外でやりたい放題される感じです
 
 
ぶっちゃけるとこんなもんの対処法なんて
 
 
セクハラ・パワハラしてくるようなゴミ環境からとっとと逃げる
 
 
というのが一番手っ取り早くて効果高いんですよ

もうそんなもんに耐えてやる価値なんてないし、嫌ならとっととやめてしまうのが一番いいです

これについては決して嫌がらせについて負け犬的な意味で逃げろって言うんじゃないんですよ
 
 
今回はセクハラやパワハラの対処法について逃げることがどうして一番の対処法になるのかということについて記事を書いていこうかと!
 
 

セクハラやパワハラは終身雇用時代の負の遺物

これはセクハラやパワハラに限らず、サビ残や暴行などの大体の労働に関してのクソ問題ってのはすべて終身雇用制度時代の負の遺物なんですよね
 
会社に属している限りは会社が絶対に個人の生活を守ってくれるという絶対的な安心感の引換だからこそ、滅私奉公や度が過ぎや嫌がらせにも耐えなければならないという負の側面も出てきてしまったんです
 
 
最近では大企業でも簡単につぶれたりする時代ですし、会社も簡単に人を解雇したりする時代なんで会社が個人を守ることは前の時代よりも遥かに無いと断言できるようになりました
 
ということは個人を守らなくなったということは裏を返せば個人が会社に対して滅私奉公を行ったり、度が過ぎた嫌がらせを我慢してでも会社にしがみつくメリットがなくなったということなんですよね

なので本当に今の時代は会社と人との関係は嫌ならやめるというドライな関係でいい訳なんです

 

人材不足に悩む現代でそんな時代錯誤が出来るゴミ感性が危ない

そして現代は確実に労働人口が減ってきているので、今後は人材確保のためにあれこれ手を尽くさないといけないんですよね
 
パワハラセクハラとか対策せずに押し付けているって時点で、上記に書いたように終身雇用制度が消えて我慢するメリットがないということに気が付かずにいまだにそんな時代錯誤なことをしているゴミな感性が危ないんですよ
 
 
むしろ積極的にパワハラなどの行為を排除して、労基法を守ってある意味では労働者に対して接待と言われてもいいくらいに迎えるようにしないと会社が人材不足でつぶれるんですよね

前であれば企業が人を選ぶ時代でしたが、逆に今は人が企業を選ぶ時代なんで、そのことに気が付かずに上から目線で「嫌ならやめろ」って言ってたら本当に逃げられる時代で、さらに一度変な噂がつくと人が寄ってこなくなるという危険性を理解してないという時点で時代を読めないのが上層部にいるってことで今後は生き残ることが難しい会社なんですよね
 
 
そういうわけでパワハラやセクハラなどがある会社なんてのは耐えたとしても労働者目線でリターンが全くないどころか、時代も読めない会社が舵取るなんて危なすぎて会社が潰れますよって言ってるようなもんです
 
嫌がらせに耐えていきつく先が倒産に巻き込まれるとかバカすぎるんですよホント
 

終わりに・労働者に嫌がらせをするようなクソ企業はとっとと死ね!

そういうわけで今のご時世で何かしらの嫌がらせを労働者にしてくる企業なんてとっとと死んだほうがいいんですよ
 
そのような企業にダメージを与える方法が、嫌がらせをしてくるゴミ会社には絶対に労働力を提供しないことで、そうすることで現存するごみ企業がどんどん衰退して人手不足でつぶれるので、結果としていい企業だけが残るようになるのです
 
 
だからこそ嫌がらせをしてくる企業から逃げることは自分自身の幸せもそうですし、世の中に不要なクソ会社を追放するという2重の意味でメリットがあるのです
 
いやな環境で我慢するのは美徳でもなんでもなくただのクソ行為に加担する害悪でしかありません
 
 
なのでパワハラやセクハラをはじめとする嫌がらせに関して、終身雇用がなくなって個人を守らなくなった現代では耐えてやる理由もないので、とっとと逃げるべきだと断言しますし、今いる環境がそうであるなら環境を一秒でも早く変えましょう
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!   
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
今は転職エージェントのほうでもホワイト企業のみを厳選して斡旋するようになってきている時代です
 
エージェントのほうでもパワハラやセクハラなどないかという調査をしているところもあるので、そういうのを駆使していい環境に行くべきだと断言しますね!
 
 
他にも

ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ!

 

 

ブラック企業から今すぐ逃げたいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
退職代行サービスもウズキャリ経由で転職できれば無料で受けれます!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた人の生の口コミが沢山掲載されているサイトです!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!
 
・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除した求人を揃えたことを公言する転職エージェント 
経験・学歴不問でフリーターから中途まで幅広く2時間面談でみっちりサポート!
入社先は1万件以上でブラック排除を明言したエージェントでは転職先最多!
入社後も定期的にサポートあり!

・DYM就職 

書類選考など無駄がないので最短1週間でスピード転職可能!
正社員率100%に就職率も96%の高さが魅力!
とにかく今すぐブラック企業からの脱出したいという速度重視の方におススメです!
 
・楽な転職.com 
 
法令順守をしたホワイト企業を集めた転職エージェント!
営業などの離職率が高い求人を取り扱わず、エンジニアや事務職などの働きやすい職業のみ紹介!
土曜日曜祝日の休日の取り扱いやサビ残がない職場を確認し求人を掲載してます
現在は一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)のみですがそちら方面ならぜひ! 

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた!  
 
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 
退職代行サービス業界最安値「SARABA」の特徴やレビューを書いてみる

 

ツイートツイート

-社畜批判