ミスがあった時に最初に犯人探しする職場は辞めるべきだと断言する!

こういうことをしている会社は本当に危ないですね
 
 

どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
仕事をしている時に何かマズイことがあった時に
 
 
「おい!これをやったのは誰だ!?」
 
 
って感じで職場全体に向けて聞くような上司を見たことがあるという人は決して少なくないでしょう
 
ただ私の経験上では何のミスかよりも先に誰がやったかを聞くような職場って大体ろくでもないんですよね
 
 
今回はこのようにミスやマズイことがあった時に、ミスの内容ではなく誰がやったかを探すような会社は今すぐにでも辞めるべきだということを記事にしようかと
 
 
 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

ミスの内容よりも誰がやったかを重視する

もしミスの内容がマズイことであれば指摘するってのは当然のことですし、別にそれに関しては呼び止めるのは悪いことじゃないんですよね
 
ただそれであれば何がまずかったのかと公表してからミスした人を探すべきで、先に人の方を探すって時点でミスの内容なんてどうでもいいんですよね
 
 
ここで重大ミスでも軽く笑い話に済まされる人と、本当に些細な事でも烈火のごとく親の仇のように責められる人間に別れてしまうんですよね
 
 
はっきり言ってこういう場合はミスを直したいと言うよりは、何かイライラするから指導という名目で人に当たるための予防線を張ってるようなもんで、はっきり言えばゴミクズのような人種ということです
 

責められる側に回ってしまうと挽回はまず不可能

そして一度でも責められる側に回ってしまうと、その職場ではどう頑張っても挽回することは不可能なんですよね
 
一度ミスするやつというイメージがついてしまうと、行動の一挙一挙にまで監視されてしまい、そのプレッシャーのせいで余計にミスを起こして、更に責められ・・・という無限ループに入るんです
 
 
いい評価を得る人間はいい評価が目に付きやすくなりやすくなるのでミスも隠しやすく、悪い評価をもらうと逆に悪いことばっかり目立ってしまうのでいい行いが全く評価されないんです
 
不公平なんですが人間の心理なんてそんなもんなんですよ
 
 
なのでそんな状況になってしまって辛いと感じるならとっとと次を探して人間関係をリセットしたほうが楽で効率良いんですよね

 

不満が溜まりやすい底辺環境なので誰か一人を攻撃して憂さ晴らし

そのミスすると怒られるサンドバックを作るのは、職場全体の労働環境が底辺過ぎるので、不満がめちゃくちゃ溜まりやすいんですよね
 
その溜まったガスをほっておけば会社に矛先が向いてしまうので、その矛先を逸らすために誰か一人を戦犯扱いしてサンドバックに仕立て上げられるんですよね
 
 
私がかつて居た職場も、本当に異常なくらい一人だけがミスを一挙一挙指摘されて職場全体で「あいつのせいで・・・」みたいな雰囲気を作って居たときがあり、その攻撃対象が辞めると次はまた別の人が同じような事になるんですよね
 
ちなみに私も辞める最後の方はその攻撃対象にされていたことがありました
 
 
そういうガス抜きというかスケープゴートがなければ職場が崩壊してしまうんで、わざとそういう対象を作るために犯人探しを先にするのです
 
 

終わりに。早い話が就職する価値ないの底辺ゴミクズ環境だということ

そういう訳で早い話が就職する価値のない底辺環境で不満がたまるからこういうことをしているんですよね
 
もしかしたらこういうことをやっているから職場環境が悪くなるのかもしれないという逆かもしれないですが、どっちに転んでも職場が底辺だということが確定しています
 
 
ミスの内容よりも誰がやったかで判断するところって、実際はミスとかどうでもいいということですし、指導という言葉を借りたパワハラでしか無いのです
 
 
だからこそそのような職場は自分がその攻撃される対象になる前に逃げるべきですし、攻撃対象にされてしまっている場合はそれこそ今すぐにでも逃げるべきだと断言できます
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
底辺のクズ連中はそのままほっておいても勝手に死ぬだけなんで、そんなクズの餌になってやる必要は無いんですよね
 
それに今の御時世でそんなことをしている会社は時代遅れ過ぎるんで、時代についていけないクズを切るという意味でも見捨てて環境を変えるべきでしょう
  

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事