転勤ありはブラック企業の証!入社する価値なしのゴミと断言する!
コロナで就職や転職難になった人向け!
コロナで外出や面接が出来ないなら家の中から転職活動すべき!
家に居ながらオンラインで転職活動できる特集です 
 
コロナの影響でテレワークにならない仕事は辞めるべきと断言する! 
今後の時代でテレワーク出来ない会社は働く価値がないのでそういった職場を探す人向け  

不景気だからこそ転職保証があるプログラミングスクールを利用すべき!
未経験からでも受講してIT技術を身に着けた上で転職保障で就職先を確保したい人向け  

30歳以上でも大丈夫!年齢制限が高い転職エージェントを集めてみた! 
年齢制限が多いエージェントの中から比較的年齢制限が緩くて利用できるものを特集しました  
ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!



・就職Shop

企業はすべて100%取材を行って事前に下調べを行っており、職場の状況や待遇なんかも情報が豊富!
業種や対応地域も幅広く7000社もあり選択肢が豊富です
社会人未経験でも利用でき、4人に3人は正社員未経験の方の相談実績あり!
現在は電話対応にて活動ができるので遠隔地でも問題なく対応してます

今のご時世で転勤がある会社は危ない
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
私自身は転勤という日本の制度については完全に否定派で、転勤がある=ブラック企業と断言していいとすら思っているのですが
 

 かつて日本企業では、転勤キャリアと密接に結びつき、業界や会社ごとに“出世街道”があったものだが、最近の若い世代にとって転勤は負担ばかり大きく、仕事の能力向上にもつながらない非合理的なものと認識されているようだ。

 そうした流れを受けてか、従来の転勤制度を変えようとしている企業も少なくない。例えばキリンでは2013年から「転勤回避制度」を導入している。

「『育児期間は転勤を回避したい』との要望を受けて導入しました。総合職社員が育児や介護のために転勤に応じるのが難しい場合、最大5年間、転勤を回避できる制度です。女性社員だけでなく、介護を理由に申請した男性社員もおり、すでに複数名が活用しています」(同社広報)

 さらにイオンリテールでは2017年3月に人事制度を改め、“転勤ナシ”の地域型社員でも店長や部長など幹部クラスに昇進できる制度を導入する予定だという。

 若い社員たちの「転勤したくない」という声に呼応するように企業がシステムを変えていることに対して、それを危惧する声もある。『島耕作』シリーズでお馴染みの漫画家・弘兼憲史氏がいう。

「『したくない』といえば許されるほど、社会は甘くありません。合理的ではない事態と向き合うことで、鍛えられる力もあるんです。転勤すれば違う世界が見られるし、新しい地平も拓ける。

 若い社員が転勤が嫌だというのは、変化を楽しむのではなく、恐れているから。恵まれすぎていて、居心地のいい蒲団の中から出たくないだけ。これでは新興国の企業に負けていきますよ」

 日本企業の“文化”は、このまま廃れてゆくのだろうか。

若い社員の転勤嫌い 居心地いい蒲団の中から出たくないだけ

こんな記事を読んで思ったのですが、ぶっちゃけそんなクソ制度なんか廃れてしまえとしか思わないんですよね
 

それと今朝にこんな
 

記事もあったのでツイッター上でコメントしておきましたが 

昔は栄誉だとか言われてた時代もあるみたいですが、今は完全にブラック企業の象徴としか思えないんですよ
 
今回は転勤がある会社はどうしてブラックなのかということについて記事を書いていこうかと!
 
 

事実上の嫌がらせとしか機能してない

転勤制度の何が問題かというと、現代では完全に嫌がらせ以外の何物でもないんですよね
 
 
例えば転勤を命じさせられるタイミングってマイホームを買ったり、結婚したりという大きな節目で命令されることが多く
 
 
「こいつは今仕事が辞められないから無茶苦茶させることができるぞ!」
 
 
という感じで、嫌がらせを命じられることが多いんですよね
 
中には会社への忠誠心を試すとか言ってる企業もあるのですが、ぶっちゃけ嫌がらせするようなゴミに忠誠心なんてあったもんじゃないです
 
 
更に転勤に伴って住居を探したり引っ越しするという大きな手間がありますが、そういう事も全く考慮されず会社の命令にも関わらず有休を消化しなければならない状況にさせられることも多いです
 
転勤者の話を聞くと、転勤先の住居費用が全額出ることはなく、大体は会社との半々であることが多く、ひどい会社になると転勤してから住居費用の負担の打ち切りとかしてくることも珍しくありません
 
 
労働者という弱い立場を、会社の資本というお金を使って嫌がらせして、文句あって嫌ならやめろと言わんばかりに振り回してくるのです

そして転勤を拒否すればそれを理由に解雇なんてことをNECがやったとニュースもありまして
 

 
その時にこんなつぶやきをしたんですが完全に嫌がらせ以外の何物でもありません
 
まぁぶっちゃけこんなことをする企業ならとっととやめてしまわないと、辞めないやつとか思われたらどんどん嫌がらせもエスカレートしていきますからね・・・ 

 

出世したとしてもリターンが全く見合わない

よく転勤を行うことで様々な経験ができて出世につながるという意見がありますが、会社での出世というのは昔に比べてはるかにメリットがありません
 
それどころか出世させられることによって発生する仕事量と責任、それに伴う得られる僅かな手当てと管理職になることで出なくなる残業代というのを天秤にかけるとむしろマイナスといっても過言じゃありません
 
 
会社から見ればゴミを押し付けて報酬のゴミを渡すという嫌がらせができるのであり、せめてごみ処理の報酬はもっといいものじゃないとやる気なんか出るわけないですね
 
 
変化を楽しめなくなったり、恐れていたりするのではなく全く見返りがないから転勤という制度はクソだと断言ができるのです
 
転勤を恐れるのは恵まれているからという声があるみたいですが、逆に余裕がないからこそ不必要な生活コストを上げたくないんでしょうね
 
 

会社の都合で本人も家族も人生が変わりすぎる

転勤によって転勤者やその家族の人生への与える影響が大きく、大体はデメリット方向にしか働かないんですよね
 
例えば子供だったら転校とかするとイジメの対象になりやすくなったり、単身赴任とかでも居てほしい時に親がいないというのは結構つらいもんです
 
必要な時に必要な人と離されるストレスというのは第三者視点でしか見たことがありませんが家庭内が崩壊する可能性も大きくありますし、家族全員で移動となったらそれはそれで大きな負担がかかるのです

このように会社の勝手な都合で、労働者の人生に介入できるというのは理不尽であるとしか言いようがなく、それが必ずプラス方向であるどころか大体はマイナス方向でしかないんですよね
 
そういう理不尽制度があるという時点で転勤そのものがブラック企業の象徴だと言えます

 
 

終身雇用制度が崩壊した現代では受け入れてやる必要性が全くない

終身雇用制度があった時代は滅私奉公の代わりに会社が個人を守ってくれるので多少の理不尽は受け入れる必要性もあったのですが、この転勤という制度は完全にその時の負の遺産なんです
 
 
転勤を行うことで住居地がガラッと変わり、生活どころか人生まで変わってしまいかねないような行為は企業の横暴以外の何物でもありません
 
しかも上記に書いたように転勤を受け入れるメリットは今は全くないのでただの嫌がらせとしてしか機能してません
 
 
結婚したりとか住居を購入したりしたタイミングでやられることも多く、企業への忠誠を試す踏み絵としての要素が強いんですよ

あんな横暴は終身雇用があったからこそ受け入れざる負えないのであって、それがなければ受ける必要もありません
 
例えるならお金を払うから物が買えたのに、お金を払わずにモノだけ持っていこうとする行為に近いんですよね
 

終わりに・転勤があるようなブラック企業へは入社を避けるべき!

なので今のご時世で転勤というのはデメリットしかないので、転勤制度があるような会社への入社は避けるべきだと断言できます
 
余計に生活コストが上がって昇給や補助以上のお金がかかりますので金銭面的にもうまみがありません
 
 
管理職以上のお偉いさんが転勤するのならまだわからなくもないですが、少なくとも下っ端を移動させるメリットなんか会社にとっても本来はないはずですし、余計なコストを払うくらいなら現地で雇ったほうが経費削減もできるはずなんです
 
それでもやらせることがあるという時点で会社が個人に対して生殺与奪の権利を持っているうえで嫌がらせをするという以外何もありません
 
転勤制度があるということそのものが、合法的な嫌がらせがありますよって言ってるようなもんなので、そういう会社への入社は避けてまともな会社へ就職や転職を行うべきでしょう
 
 
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
今のご時世では転勤があることそのものがブラックであるという風潮が徐々に浸透しつつあります
 
なのでそういうことをしないと宣言する会社も増えてきていますので、そのようなまともな会社へ就職するべきだといえますね

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ! 
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
 

・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!



・就職Shop

企業はすべて100%取材を行って事前に下調べを行っており、職場の状況や待遇なんかも情報が豊富!
業種や対応地域も幅広く7000社もあり選択肢が豊富です
社会人未経験でも利用でき、4人に3人は正社員未経験の方の相談実績あり!
現在は電話対応にて活動ができるので遠隔地でも問題なく対応してます


 
こちらの記事もどうぞ!

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 
【退職代行】祝い金で無料どころか実質プラス!男性&女性の退職代行サービスを紹介!

   
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!
   
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事