「会社に迷惑かけるな」と説教する上司が居る職場から逃げるべき!

こういうの見ると「社畜として出来上がってるな」って感じますね

 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
職場で休みをとったり定時で帰ろうとしたり辞めようとしたりした時に会社のクソ上司からやたらと
 

 
「会社に迷惑をかけるな!」
 
 
という説教を受けたことがある人って結構多いんじゃないでしょうか?
 
ぶっちゃけ私自身は周囲の人間が休もうが辞めようが何しても割とどうでもいいって考えていたのですが、なんかこういう「会社に迷惑をかける」という考えをしている人間って多いように感じますし、それが上司だったりするともうはっきりいってその会社はかなり危ないと断言していいです
 
 
今回は上司が会社よりの発言をしている場合にはどうして危険なのかということについて記事を書いていこうかと!
 
 
 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

上司も同じ労働者のはずなのに経営者目線になっている

上司が中小企業で社長だったりする場合を除いて、だいたい上司ってのもただの労働者であることが多いです
 
本来であれば自分たちも労働者側として最大限に利益を得れるように考えるべきなんですが、こういう会社寄りの発言をしちゃっている時点で悪い意味で経営者目線になってしまっているのです
 
 
経営者目線になるということは、労働者目線での利益をすべて捨てるという事であり、なぜか労働者側が勘違いして経営者目線になって自分の首を絞めているバカが多いんですよね
 
上司とかそういう位が高い人ならともかく、場所によっては最低賃金以下で扱われてるようなバイトですらこんなこじらせているバカがいたりするような国ですけどね
 
 
なので本来であれば会社から部下の権利を守って自分自身も労働者として恩恵を受けるべき立ち位置に居る人間が、会社と一緒になって個人を攻撃しているのです
 
そういう職場であれば労働者として当たり前の権利が守られず、不利益ばかり理不尽に強いられる環境になってしまっているということです
 
 
上司も労働者なのに、労働者として虐げられている立場でありながら経営者の味方をして、同じ労働者を苦しめていたりするんですからバカとしか言いようが無いですね

 

社畜として人を洗脳する仕組みが存在している

上に書いたように本来であれば上司も労働者視点で物事を考えるべきなんですが、このように経営者目線になってしまう連中がいる職場というのは、社畜として人を洗脳する仕組みができあがってしまっているんですよね
 
だからこそ労働者であることを忘れて経営者の味方になってしまっているのです
 
 
違和感に感じていられる内はまだ大丈夫ですが、閉鎖空間で洗脳する仕組みに当てられ続ければ自分も社畜として洗脳され、労働者としての利益を放棄して自分から不利益を被り、更にそれを同じ労働者に押し付けても何も思わないどころか正しいとすら思うようになってしまうのも時間の問題なのです
 
そうなってしまうと完全に社畜として出来上がってしまいますし、そうなる前に逃げるべきだと断言が出来るのです

 

終わりに・会社に対してもっと好き勝手振る舞うべき

はっきり言って会社を爆破したり殺人事件を起こしたりというレベルで損害を与えなければ労働者はもっと会社に対して正当な権利を主張して好き勝手に振る舞うべきだと言えます
 
経営者が経営者視点で物事を考えるのはわからなくもないですが、同じ労働者である立場の人間が経営者目線で不利益を強いているという時点で長く居ると洗脳されて何も疑問に思わなくなってしまうので危ないのです
 
 
上司がこういう会社目線でいるのであれば、確実にそれはその職場に属している自分の未来の姿ということですし、自分がそうなって社畜として洗脳されて手遅れになる前にそのような職場は逃げるべきだと断言できます
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
労働者はもっと会社に対して自由であるべきですし、不利益を強いてくるようなゴミの利益なんか考えてやる必要はないのです
 
社畜として洗脳して搾取するような職場であればそういう底辺からは逃げだして新しい環境を目指すべきだと断言できますね
  

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事