求人チラシはブラック企業の宝庫!地雷を避けたければ利用するな!

ほんと新聞の折り込みチラシの求人の危なさは異常

 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
よく週末とか休日に新聞と一緒に入っていることが多い求人チラシですが、久しぶりに新聞の折込みチラシに入ってた求人チラシを見たんですが本当に内容が酷いんですよね

 
私自身も求人チラシを見て転職したことがあるのですが、本当に求人チラシの応募から就職するってのは自分から地雷原に飛び込むようなもんです

 

 
今回は求人チラシを見てそこから応募するべきではないということについて実体験より記事を書いていこうかと!
 
 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

求人チラシはネットが使えない情弱の底辺を騙すため

求人チラシのターゲット層というのは、主にネットが使えない情報弱者の底辺層を無理矢理にでも騙して単純労働者として悪環境と悪待遇で搾り取るためなんです
 
少しネットが使えれば「求人を出している会社+ブラック」で大体黒いうわさって出てきますし、もうちょっと詳しく調べる方法さえあれば会社の中の人の悲惨な環境の声とか普通に出てきますしね
 
 
他にも「軽作業」とか「業務拡大中」というワードは今の若い人であれば割りと多くの人が知っている地雷ワードだったりするんです
 
逆に企業もこういうワードを使って騙せるような情弱なのかどうかというふるいをかけていると言ってもいいでしょう

いつの時代もある程度は騙される層というのが存在していますし、そういうのを騙して利益を徹底的に吸い尽くす奴らの地雷の宝庫なんです 

 

求人チラシは広告掲載費がとても安いので企業も本気じゃない

求人チラシというのは広告掲載費が滅茶苦茶安く、だいたい1枠5万円ほどもあれば広告が打てます
 
さすがにハロワの無料ほどではありませんが広告掲載費が安く済むので企業も本気で人が欲しいというよりは来たらラッキー程度であることが多いです
 
 
転職エージェントなんかを使えば企業も多額のお金を出して本気で人が欲しいと思っているところも多いのですが、経費が安く済む媒体で出している企業というのはその程度であることが多いです
 
 
ほかにも資金不足でエージェントに頼めないような程度の低い会社が求人チラシに広告を打つことが多いですが、それはそれで入社したとしても月の給料すら怪しい状況だということなのでない袖は振れないということで給料も決して高くありません
 

掲載の段階で労基法違反をしている件

求人チラシの大きな問題なのは、入社してから労基法が発覚するのじゃなくて、掲載の段階で既に労基法違反しちゃってる求人を載せてる件なんです
 
例えば堂々と月の休みが3回ほどとか書いてたり、一回の勤務が24時間で休日が隔週とか、フルタイムで働かせておいて休憩時間が短いとか・・・
 
 
これはハローワークもある傾向ですが、完全に求人先がブラックかどうかとか絶対に調べてないんですよね
 
・・・まぁハローワークよりも救いがあるとすれば、まだハローワーク経由よりも若干お金は多い傾向にありますが、労働から見れば絶対に割に合うものではないと断言できますね

 

よさそうな条件を書いていても「弊社規定による」で後出し変更

求人チラシを見ていると「入社時お祝い金10万円プレゼント!」とか何か都合のよさそうなことを書いてることが多いです
 
しかしそういうよさそうな条件の周りを見ると小さく「当社規定による」という言葉を使っていやらしく隠してるんですよ
 
本当にやましいことが無ければ堂々と求人を出せばいいんですよね
 
 
こういうことが書いているところは後から平気で条件を変えてきて、まともに良い条件を実行させる気がなかったりするんですよ

良くあるのが人が半年以内で人が辞める環境で1年以上就業したらとか後だしで出すところ多いですね

こんなつまらない条件につられて実際はそれ以上のデメリットを受けるということも珍しくないんです
 
企業からすれば撒きえさみたいなもんで、エサ以上のものは簡単に回収出来ると言う事なんですよね

求人チラシの広告は悪環境過ぎて回転が速すぎる

求人チラシを見ているといっつも業務拡大とか出してる会社ってあるんですよね
 
何も知らなければ「すごく成長しているんだな」とか暢気に思ってしまいますが、実際はこれって過酷な環境と悪待遇で人が全く定着してないだけなんですよね
 
 
私がかつて居た会社も20人ほど一気に採用をして、半年経ったら私が最後の1人で同期は全滅しましたし
 
その後に同じ会社が定期的に業務拡大って言葉で求人を出していたので、業務を拡大して伸びてるんじゃなくてただ単に人が定着しないだけのクソ環境だということです

 

終わりに・ブラック企業を避けて職が欲しいなら利用してはいけない件

なので求人チラシの募集というのは地雷求人ばかりでわざわざ自分からブラック企業に行くことはないのです
 
この記事を見ているということはネットを使える証拠なんで、ああいうネットも使えない情弱を騙すようなアナログ媒体に騙されてやる必要は全く無いんですよね
 
 
もし転職や就職を考えているならあんなものを使って自分の首を絞める必要はありませんし、もっとまともな媒体から求人を探すべきです

個人的には
 
 
転職エージェント(費用高い)>求人広告媒体(費用低い)>ハロワ(無料)
 
 
という順にまともな職にありつける可能性が高いと感じていますし、やはり人が欲しいときに費用をかけれる会社というのはそれだけ会社の余力を見るのにも役立ちますからね
 
そういう意味でも求人広告チラシやハロワの募集に当たるのは自分から地雷原に突っ込むようなもんなのでやめておくべきだと断言できます

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
間違いなくネットのほうが今のご時勢を読んでいると断言できますし、ブラック企業の問題とかにもネット上の就業支援のほうが敏感です
 
エージェントとかモノによっては就業先がブラックかどうかという調査をやっているところもあるのでそういうのを利用してブラック企業を回避するべきです!
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事