なぜなぜ分析を行う上司は揚げ足取って怒鳴りたいだけのクズである!

どうあがいても怒鳴られるしかないという・・・
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々とした経験を持つAtusiです!
 
 
この記事を見ている人でなぜなぜ分析という言葉を知っている人って居るでしょうか?
 
よく工場とか生産する仕事で使われている方法で、何か問題が起こった時に「何?」「なぜ?」を5回ほど繰り返して掘り下げれば問題が見えてくるというのをトヨタがやり始めたことで、トヨタ方式が広まることで世の中に広まったらしいです
 
 
この「なぜなぜ分析」という言葉は知らなくても、しつこく職場でミスを重箱の角をつつくように「なぜ?」と繰り返し聞かれて嫌な思いをしたという人は結構多いんじゃないでしょうか?
 
 
実際この「なぜなぜ分析」というのは問題を改善する手法ではなく、ただの上司が部下をいびりたい時に理由を作るだけということが多いですね
 
ダブルバインドみたいなもんですが、縦に掘り下げて逃げ場を無くすタイプなのでコレはコレで悪質なんですよね
 
 
今回はこの「なぜなぜ分析」を行う上司からはさっさと逃げるべきなのか?ということについて実体験から感じたことを記事にしていこうかと!
 
 

どこかで詰まって揚げ足を取られる

このなぜなぜ分析では5回も掘り下げることが大事と言われていますが、大体の物事って5回も掘り下げる必要って無いんですよ
 
仮に掘り下げる必要があったとしても2回で十分な物事が大半で、実際に掘り下げようと思うとそこで止まってしまうことが多いです
 
 
そうやってどこかで詰まってしまうことでパワハラクソ上司に
 
 
「ほら見ろ!これで理解してないからミスしたんじゃないか!」
 
 
という攻める口実を与えてしまうので、ウキウキしてしまうんですよね
 
実際は理解するのではなく、これ以上掘り下げられないというだけなのでどうしようも無いんですよ
 
 
なのにそういう風に無理やり揚げ足をとって、ただ怒鳴りたいだけの口実を作り、実際に怒鳴ってストレス解消しているだけのクズが本当に多いです
 
言われている側は「詰まってしまった」という自分がミスしたという風に見える負い目があるため反撃しない人が多いので、パワハラクソ上司はそういう事を利用してくるのです 

 

簡単な事でも必要以上に掘るからストレスが貯まる

この分析は高度なミスなら掘り下げるのも分からなくも無いのですが、実際は一言で済むような簡単なケアレスミスのような事でも必要以上に掘り下げて理由を探さないといけないのでストレスが貯まるんですよね
 
ミスした原因が初歩的なことなのに、そのミスをした原因を作るくらいしないと掘り下げられなくて、そういう無駄なことをすることでストレスが溜まり、余計にミスをするという事を過去に何度も経験しました

 
 
そしてそんなミスの原因がこの分析行為がストレスになっているという事を言っても
 
 
「そんなのは理由にならない」
 
 
といって一蹴されてしまうので、本当の原因ではなくどうでもいい理由を捏造しなければならなくなるので本当に役に立たないんですよね
 
 

対策はとにかく平謝りして揚げ足を取らせないこと

このなぜなぜ分析に対して対策出来ることと言えば、とにかく分析をせずにひたすらただ壊れたロボットのように平謝りして揚げ足を取らせないことです
 
結局は攻めることでボロが出たところをネチネチと攻めるのが目的な訳であって、一番の対策として隙を見せないことで相手を諦めさせるというのが一番いいのです
 
 
最初は
 
「謝罪はいいから理由を言え」
 
なんて言ったりしますが、いざ理由を言えば
 
「言い訳するな」
 
というダブルバインドに発展しますからね

ダブルバインド(二重拘束)なパワハラの有効な4つの対処法を書く!
 
ダブルバインドについてはこの記事をどうぞ!

 
この手の連中は改善したいのではなく理由をつけていびりたいだけなので何かに反応するというのは悪手なのです
 
 
よって隙をさらさないためにも何も言わずにただ頭を下げてやり過ごすというのが職場で出来る対策なのです 
 

後は納得出来ないと言うのであれば、何を言われてもひたすら黙っておくというのも一つの方法ですね
 
こっちのほうが労力使わないので楽ですw
 
 
 

終わりに・そもそもこういう上司が居る職場から逃げろ!

実際は上に書いた対策をするよりも、そもそもこういう上司が居るような職場からさっさと逃げてしまったほうがいいのです
 
そういう上司が上に居ることでストレスをためたりサンドバック扱いされてしまうことはもちろん、そういう人間性を見抜けずに出世させて上司にしてしまう会社にも問題があるという証拠ですからね
 
 
パワハラクソ上司なんてのはまともに相手してても旨味が無いですし、それならさっさと逃げてしまったほうがいいんですよね
 
例えるなら経験値の無いはぐれメタル狩りみたいなものなので、よっぽどのマゾでも無い限りはただの無駄な行為ですから
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
わざわざクソ上司が居るとわかりきっている職場に固執するよりも、世の中には沢山の転職先と転職方法があります
 
上司を選ぶことは出来ませんが、職場を選ぶことは出来ますし、職場を選べば上司も変わるので、クソ上司から逃げ出すためにも是非どうぞ!
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事