危険作業を他人と協力してやる仕事はリスク大!絶対に避けるべきだ!

本当に危険作業を誰かと協力してやる仕事は危ない
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
職場で大型の機械を使ったり、高所作業だったりとちょっとでもしくじれば死が見えるような仕事って世の中には結構ありますよね
 
私も過去には一歩間違えたら本当に死ぬような職場に居たことがありましたが、その中で危険作業を他人と協力してやる場面って何度もあったんですよね
 
 
そんな危険作業ですが、もし仮にやるなら一人でやったほうがマシだと感じましたし、誰かと協力する必要があるような仕事であれば辞めたほうがいいです
 
今回は危険作業を誰かとやる危なさについて記事を書いていこうかと!
 
 

他人のミスで死ぬ可能性がある

誰かと共同で危険作業をしているということは、自分のミスだけでなく他人のミスでも死ぬ可能性があるということなんですよね
 
 
例えば危険作業するようなところって騒音とかすごい所が多いので、大声で連携を取ったりする必要があったりするんですが、それが騒音にかき消されて聞き間違いとかして、機械を誤作動させて巻き込まれて死ぬとかも普通にありえます
 
他にも私が直接見た事例では無いのですが、T○T○で派遣やってた時にチェーンベルトの整備中に誰かが整備中である事を知らずに作動させてベルトに指を持っていかれた・・・なんてこともあったみたいです
 
 
自分のミスで自分が死ぬなら10000歩譲ってわからないことも無いのですが、他人のうっかりで大怪我や殺されてしまったら本当にたまったもんじゃないです

 

人間が絡むとミスが増える

 よく人がたくさん居ることでミスが減らせるって事を言う連中を多く見かけますが、私の経験上では人が増えると逆にミスが増えるんですよ
 
 
例えば確認作業でもたくさんの工程を踏むことで防ぐとか意見もありますが、だいたい前の工程でミスがないと判断されたことってミスがないって先入観のせいでろくに確認せずに流してしまうことになるんですよね
 
かといって丁寧にしようとすると上から作業時間の関係で怒鳴り声が飛んできたりするので結局意味がないのです
 
 
人間というのはどんなにすごい人間でも何処かでミスはしてしまう生き物で、絶対にミスしないものであればたくさん絡ませてもいいと思うのですが、仮にミスすることを前提で1割の失敗をすると仮定してそれを二人で作業をするとなると
 
 
0.9 × 0.9 = 0.81
 
 
これを逆数にしてみると19%になるので、ミスそのものが発生する確率はむしろ人数を増やせば増やすほど上がってしまうのです
 
そして一つのミスで命取りになってしまう危険作業の環境では作業母数から見たミスの割合を減らすのではなく、ミスそのものの絶対数を減らすべきなんです
 
 
例えば100回の作業をして1回のミスがあったとして割合で言えば1%ですが回数で見れば1回です
 
これが1000回の作業になったとして10回のミスであれば割合は変わりませんが回数で見れば10回と単純に増えてしまいますからね
 
 

減らすべきは割合ではなく回数なので、人の工程を挟むことで絶対数が増えてしまうのです

 

事故に見せかけて怪我させたり殺すことも可能

一番怖いなって思うのが直接刃物や鈍器で襲いかかるのと違って、作業中の事故に見せかけて相手を殺すことが可能なんですよね
 
もし仮に危害を加えてしまったとしても「業務中のミス」って主張してしまえば殺人事件よりも確実に刑は短くなりますから
 
 
そして人間なんてのはいつ何処で恨みを買ってしまっていつか復讐されるという事が無いと言えませんし、もし仮に殺されるような恨みを買ってしまった相手と仕事をしていて・・・と思うと恐ろしいですよね
 
「そんな事は大げさな!」って思うかも知れませんが、ムカつく上司を殺すような妄想をしたことがある人って絶対に居るでしょうし、多分上司も自分が脳内とはいえ殺されてるなんて夢にも思ってないはずです
 
なのでいつその妄想が実現するために動いてしまうことがないと言えない以上はそういったリスクは避けるべきなんですよね
 

 

他人に危害を加えられても賠償される可能性は少ない

そして問題なのは故意にしろわざとじゃないにしろ、仮に大きな危害を加えられたとしても十分な賠償がされる可能性は少ないのです
 
体の一部を潰したり死亡させた時の賠償なんてのは大変高額になりますし、個人で払うことはまず無理です
 
というか日本の慰謝料ってのは被害を受けた側からすれば本来貰うべき金額を全てもらったとしても不十分な額である事が多いですし、そうなるとはっきり言ってやられ損になってしまうのです
 
 
むしろそんなはした金をいらないから元に戻せって言いたくなるでしょうけど、そのはした金ですら期待が出来ないのです
 
 
なのでどうなっても損することが確定しているのであれば最初からやらないという選択肢を取るのが一番なのです

 

終わりに・そもそも危険作業がある仕事を選択するべきじゃない

というかそもそもが協力してやるやらないにかかわらず、危険作業がある仕事は選択するべきじゃないってのが一番の対策なのです
 
私も危険作業をいろいろしてわかったのですが、ああいう仕事というのは能や学が無いような底辺が足元を見られて押し付けられるような仕事と言えない奴隷行為ですからね
 
なので危険作業ってのは命をかける割にはとても給料が安いですし、仮に何かあっても死人に口なしで賠償されることもなかったりするので企業から見れば文字通りの使い捨ての駒なのです
 
 
いろいろ底辺をさまよってましたが、それでも危険作業がある仕事はその中でも特に底辺だと感じたので、就職するのであればそういう避けるべきだと感じましたね
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
はっきり言って底辺職を自分から選ぶというは地雷原に飛び込むような自殺願望に等しいです
 
こういうのを駆使して転職すればそういう最底辺の回避は容易に出来るはずなので、自分に被害が出て手遅れになる前にその環境から逃げるべきだと断言します
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・就職Shop

企業はすべて100%取材を行って事前に下調べを行っており、職場の状況や待遇なんかも情報が豊富!
業種や対応地域も幅広く7000社もあり選択肢が豊富です
社会人未経験でも利用でき、4人に3人は正社員未経験の方の相談実績あり!
現在は電話対応にて活動ができるので遠隔地でも問題なく対応してます

コロナで就職や転職難になった人向け!
不景気だからこそ転職保証があるプログラミングスクールを利用すべき!
未経験からでも受講してIT技術を身に着けた上で転職保障で就職先を確保したい人向け  

30歳以上でも大丈夫!年齢制限が高い転職エージェントを集めてみた! 
年齢制限が多いエージェントの中から比較的年齢制限が緩くて利用できるものを特集しました  
おすすめの記事