「頑張れ」という言葉が出る仕事は危険!逃げるべき理由を語る!

この言葉ってホント意味不明よね
 

 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
ブラック企業を見ていて気がついたことがあるんですが、ブラック企業って具体的な指示をほとんど出さずに
 
 
「頑張れ」
 
 
という主体性の無い精神論をそれっぽくした言い方を押し付けてくる会社が多いように感じます
 
 
最初にぶった切っておきますが、具体的な指示を出さずにこの言葉が出てくる企業は正直かなり危ない職場だなって働いていて思いました
 
よく出がちなこの言葉ですが、この言葉が出る職場がどうして危ないのか?ということを記事にしていこうと思います
 
 

とにかく無理をすればいいという傾向が強い

この頑張れって言葉ってやたらと使われますが、具体的に何をするかってのは指示や中身が無いんですよね
 
そしてこの言葉を様々な職場で聞いて感じたことは
 
 
「限界を越えてとにかく無理してでも働け」
 
 
って意味にしか聞こえないんですよ
 
例えるなら100m走のペースでフルマラソンの42.195km走れって言ってるようなもんなんですよね
 
 
なので頑張れって言葉って「とにかく無理してでも働け」って意味なんです
 
そりゃ経営者から見れば給料が月給で定額であれば目一杯搾り取ったほうがお得ですから、支払った額から最大限むしり取ろうとするのであれば限界まで働かせるのが一番ですからね

 

楽しみを排除して苦痛を受けるべきという考え方

そしてもう一つやべーなぁ・・・って思うのが、
 
 
頑張る事 = 苦労して苦痛をうける事
 

と捉えている人間が多いんですよ
 
実際には向いてないこととか無理してやることを頑張る事ってなりがちなので間違いでは無いんですよね
 
 
ただ個人的にはたくさん作業を行うことと楽しみなどを排除して苦痛を好んで受けるということは全く違うことですし、逆にたくさん作業をしたかったら苦痛を排除して楽しみでも入れないとやってらんないです
 
 
頑張ることを強要させられる職場でたまたま自分の得意な作業でどんどん捗って出来ていた事があったのですが、それを見られて
 
 
「仕事は楽してやるもんじゃない!」
 
 
って言われて苦手な作業にぶち込まれて嫌な思いをしたって記憶があります
 
当時から思っていましたが今から思い返してもあの会社はバカが上に居たんだなって確信しています
 

 
楽だったり楽しそうに仕事をすることを徹底排除して、苦痛を受ける環境で最大限限界までやれってのが頑張るって言葉の意味でやべーやつだなって思いました 
 

絶対に来ることのない報酬をちらつかされる

そしてよくセットでついてくるのが
 
 
「頑張ったら給料を上げてやる」
 
 
という言葉をちらつかせて、決して上がることのない報酬を見せつけるという点も地味に悪質だなって感じるんですよ
 
 
そして頑張るって言葉は具体性が無いので何をやったら給料を上がる条件になっているのか定義していないのでどんなに作業を行ったとしても給料が上がらないんですよ
 
 
仮に苦痛を受けながら我慢して仕事をしても作業がはかどらないんで
 
「お前は成果を出してない」
 
と言われてしまえばそれでおしまいですし
 
 
逆に仕事に対して楽しみや効率化で楽してやれば
 
「お前は頑張っていない」
 
と言われてしまうのでそれまでです
 
 
どっちにしても給料を上げたりする気が無いやつが「考えてやる(するとは言ってない)」と言ってるようなもんなのです
 
けれども頑張るという定義を明確に決めていないのでその条件に当てはまらないから給料を上げないと言われてしまえば詐欺では無いんでそこが悪質なんです
 
限りなく黒に近いグレーだと言うことです
 
 
仮に本当に成果によって待遇を上げる気であれば明確に上がる条件を定義するはずですからね 

 

終わりに・報酬や指示は具体的で明確に出る職場を選ぶべき

なのではっきり言って「頑張れ」なんて具体性がない指示が出るような仕事はかなり危ないのです
 
上記に書いたように不必要な苦痛を強いられる上に限界まで搾り取られて捨てられるのがオチでしょう 

 

またこの言葉は上司との関係にもよりますが、パワハラに値する可能性もある言葉です
 
流石にそれを定義づけるまで行くと私も若干やりすぎかなって思わなくも無いのですが、実際には頑張れって連呼するようなところが別方面でもプレッシャーをかけてパワハラしているという可能性が高いんですよね
 
実際には暴力や暴言と違って危害を加えてると分かりづらく、プラスのふりして相手を追い込んでいる可能性が高いのでそういう意味でもかなり警戒をした方がいいでしょう
 

 
もし指示や報酬などが明確に具体的に出ることがなく頑張れという言葉でごまかされているのであれば、表面上は従業員を励ましているフリをして、実際は追い込んだり報酬を上げる気が無いというゴミクズなクソブラックである可能性が高いので、明確な指示や報酬を上げる定義がしっかりと出るような職場に転職するべきだと断言できますね
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
私も当事者だったときは本当に分かりづらかったですが、頑張れって言葉を投げてくる職場ってろくでもないところが多いです
 
むしろ成果が出るようにするためにお前らが頑張るべきなのに何下に投げっぱなしにしてるんだ!って感じましたね
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事