社畜批判

給料を上げるには高い給料を出す会社に転職するのが一番だ!

2019/01/06

同じ会社に居ても給料は伸びない件
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々とした経験を持つAtusiです!
 
 
働いていると

 
「給料が低いな・・・」
 
「もっと給料が増えないかな・・・」
 
「給料上がらないかな・・・」 
 
 
と思ったことがある人って多い・・・どころか大半の人は思ったことがあるんじゃないでしょうか?
 
 
私も居た会社で手取りが10万を下回る時に職場に言ったことがあるのですが
 
 
・ずーっと働けば昇給して増えてくる
 
・もっと仕事が出来るようになれば増やしてやる
 
・昇給するのだから今は我慢のする時
 
 
なんて事を言われた事があります
 

10年近くもいろいろな会社を見てきたから言えるのですが、給料を上げたいと思うのであれば今いる会社で頑張るのではなく、今よりも高い給料を出す会社に転職したほうが手っ取り早い上に確実なんですよ
 
もし今よりも給料がほしいと願うのであれば、今よりも多くの給料を出す会社に転職をした方が良いという事を今回は私の経験からいろいろと語っていこうかと!
 
 
  

「実力をつければ給料が上がる」は大間違い

よく仕事をしていると言われるのが
 
 
・もっと仕事が出来るようになったら上げてやる
 
・実力をつければ給料を上げる?
 
 
なんていう風に仕事が出来るようになったら上げるという感じで結局は上げないという会社が多いです
 
 
確かに実力が付けば給料が上がるチャンスは増えるかもしれませんが、それはその会社に留まっていれば自動で上がるという意味ではなく、上がった実力をちらつかせて他の職場と交渉するという意味なんですよね
 
良いものを作れば問答無用で売れるという意味と同じくらいの勘違いで、良いものを作れる技術そのものは確かに素晴らしいけどそれを元に商売展開を考えないと売れないのと同じです
 
良いものを実力、商売展開を交渉と置き換えると両者はほとんど似たようなものです 

 
実際に私はいくつかの職場で入ったときよりも仕事が出来るようになった場所もいくつかあるのですが、結果から言うと給料を上げてもらえたことは一度もなかったです
 

 
経営者目線で見れば、給料そのままで実力がついて仕事が出来るようになったとしても
 
 
「最近頑張ってるから給料上げてやろうかな?」
 
 
というよりは
 
 
「給料据え置きで前より頑張ってくれてラッキー!」
 
 
程度にしか思わないんですよね
 
 
経営者から見れば給料を上げるのはコスト増加で良い事なんて無いし、出来ることなら給料は上げずにいっぱい働いてほしいと思うのが普通です
 
そうなると「今までこの給料で働いてくれているならこのままでいいじゃん」ということになるので、給料が同じ場所に留まっていて上がるということはまず無いのです
 

 

自分を高く買ってくれる所に売り込んだほうが良い

給料をあげようと思うのであれば、自分という商品に対して一番お金を出してくれる人を探すのが一番手っ取り早いのです
 
まず渋っている人間というのは、自分という商品にそこまで価値を見出していないのか、金欠でお金が出せないかのどっちかです
 
しかしどっちにしても自分に対してお金を出してくれないという事実は変わりません
 
 
私自身が色々見て感じたことですが、商売というのは金の無い貧乏人相手にしててもお金は入って来ない上にしんどいだけで全く意味がありません
 
貧乏人は払う・払わないではなく払えないので選択肢が強制的に一つしか無いのです
 

その点裕福な人であれば貧乏人よりも遥かに金を持っているので、少なくとも貧乏人に比べて一つしかない選択肢を2択にすることが出来るのです
 
 

 
 
 

昇給を狙うのは効率が悪いどころの話ではない

よく言われるのが
 
 
長く居れば昇給して給料が増えてくる
 
 
ということを言われますが、コレを狙って長く務めるというのは効率が悪いどころの話じゃありません
 
 
私自身が年単位続いた会社では経営赤字になって逆に手取りが減るということも経験しましたし、長く居れば上がると言うのは大嘘だとしか思えないんですよ
 
 
そしてバブル期であればわからない話でもなかったのですが、現在の会社の大半は昇給が年で1000~5000円程度とものすごく低く、年収に換算して1万から6万程度しか上がってないということなんですよね
 
月ならわからなくも無いですが年収として見るなら流石に低すぎでしょ・・・
 
 
それだったら初任給10万で年3000円昇給の会社よりも、最初から20万出してくれる会社に行ったほうが最初から約33年分も有利だということなんですよね
 
 
更に言えば私の経験上では初任給が高い会社ほど昇給の額も大きくなる傾向にあるので、初任給が低い会社ではどれだけの年数を重ねたとしても追いつくどころか逆に離されるという事のほうが多いのです
 
そうなると昇給を狙って長く就職するなんてのは時間のほうがもったいないということがわかりますね
 
 
私自身が一番最初の会社で10万下回っていた状況で転職していきなり6万近く増えた経験がありますからね
 
一番最初の会社が昇給3000円だったことを考えれば一気に20年分も得したことになりますw 

 

終わりに・給料がほしいと思うのなら出してくれる人のところへ行く!

そういうわけで給料が多くほしいと思うのであれば、今いる会社で実力をつけて昇給を狙うよりも、さっさと自分を高く買ってくれる会社に就職したほうが良いのです
 
 
確かに実力をつければその分は転職はしやすくなりますが、別に初任給を高くして人を集めてから教育するような余裕のある会社に潜り込むのも対して変わりませんし、働くのは実力をつけることが目的ではなく、如何に給料を多くもらうかです
 
転職するのに実力を気にする人は目的と手段が逆になっている人が多いなと感じます
 
 
少なくとも月20万ももらってない仕事をしているのであれば実力とか関係なしに

 
給料20万円以下の仕事は就職する価値のないゴミだと断言する!
 
 
こんな風にそれは仕事とは言えないのでさっさと転職してしまったほうが良いです
 
給料を上げたいと思うのであれば底辺で頑張っていてもブラック企業の養分になるだけで自分がいい思いをすることは絶対にありません 
 
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
世の中にはこのように転職するためのサービスがたくさんありますし、給料の交渉とかも自分でしにくければエージェントに任せてしまえば良いのです
 
働くなら給料が少しでも多くもらえるようになりたいと思うのは当然ですので、自分の給料を上げるためにも転職をするほうが良いと断言できますね

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

 

ブラック企業から今すぐ逃げたいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
退職代行サービスもウズキャリ経由で転職できれば無料で受けれます!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた人の生の口コミが沢山掲載されているサイトです!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!
 
・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除した求人を揃えたことを公言する転職エージェント 
経験・学歴不問でフリーターから中途まで幅広く2時間面談でみっちりサポート!
入社先は1万件以上でブラック排除を明言したエージェントでは転職先最多!
入社後も定期的にサポートあり!

・就職Shop 

フリーター、ニート、第二新卒、社会人経験無しなど 通常の就活から外れてしまった訳アリな人向け!
企業は100%取材を行い給料や会社の雰囲気などしっかりと調査済み!
書類選考がなく、4人に3人は正社員未経験の未経験者歓迎の求人中心!
 
・楽な転職.com 
 
法令順守をしたホワイト企業を集めた転職エージェント!
営業などの離職率が高い求人を取り扱わず、エンジニアや事務職などの働きやすい職業のみ紹介!
土曜日曜祝日の休日の取り扱いやサビ残がない職場を確認し求人を掲載してます
現在は一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)のみですがそちら方面ならぜひ! 

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた!  
 
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 
退職代行サービス業界最安値「SARABA」の特徴やレビューを書いてみる

 

ツイートツイート

-社畜批判