仕事で「筋を通せ」とか言うクズ上司とは距離を置くべきと断言する!

こういう事を言う奴は基本クズなんで逃げるべき
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々とした経験を持つAtusiです!
 
 
パワハラ上司というのは分かっててやっているクズと無自覚でやっているクズの両方が存在しますが、特に後者に多いのが、やたらとなにかあれば
 
 
「筋を通せ」
 
 
って言葉を使う傾向がものすごく強いです
 
 
ほんと任侠映画でも見過ぎなのか知らないんですが、やたらと義理だの人情だの出して恩義せがましく
 
 
 
「お前のために言ってるんだ」
 
 
なんて言ってくるのは鉄板コンボの一つでしょう
 
 
この手のパワハラ上司は普通のパワハラ上司よりも「自分はいいことをやっている」と勘違いしているので歯止めがきかないのがタチが悪いんですよね
 
よっぽどのサイコパスでも無い限りは何かしら後ろめたいものがあればどこかで止まるはずなんですが、この手の上司にはこのようなストッパーは一切存在しません
 
 
この手の人種は本当に厄介で、自分に酔っているタイプがものすごく多いので絶対に距離を置くべきなんですよね
 
今回はこの手の「筋を通せ」とか発言しちゃう上司に関して記事を幾つか書いていこうかと思います
 
 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

まずは何が筋なのか?

まずこの手のパワハラ上司が言う「筋」というのが曖昧すぎてよくわからないんですよね
 
 
辞典で調べてみると
 

道理にかなうようにする。物事の首尾を一貫させる。                すじをとおす【筋を通す】
 
 

と、こんな意味が出るのですが道理にかなうってのがまた分かりづらいので調べてみると
 

人の行いや物事の道筋が正しく、論理的であることを意味する表現。合理的であること。「理にかなう」とも言う。道理にかなう
 
 
 
とまぁこんな意味なんですが、これまた具体的に言ってないのでわからないんですよね

 
しかしこの手の発言をする上司に共通して言えるのが、合理性がどうこうとかよりも、ぶっちゃけ
 
 
「上司である俺が気に入るかどうか」
 
 
って意味合いがほとんどなんですよね
 
 
筋という曖昧で具体的な中身が無い言葉を都合よく三回転半ひねりして独自解釈して使う連中が本当に多いんです
 
もうこの時点で筋を通せとか言われてもガン無視していい理由がよく分かりますね
 
 
自分が気に入らない時にそれっぽい言葉でレッテルを張って攻撃する下地を作る時にこの発言をすることが本当に多いのです
 
 
もっとストレートに言ってしまえば
 
 
「これから私はあなたに対してマウントとってフルボッコにしてストレス解消しますよ?良いですね?ハイかYesで答えなさい」
 
 
ということなんですよね

任侠映画の見過ぎな上に間違って見ている

この発言を聞いてて思うのが任侠映画の見すぎとしか思えないんですよね
 
あの手の映画もやたらと義理だの人情だの筋だのいろいろなそれっぽい言葉が出ますからね
 
 
そして同時によく見るのが上司というか親分な奴が部下に対して思いっきりマウントとってフルボッコにしてるシーンとかもよく流れるんですよ
 
けど絶対に上には逆らわずに絶対の忠誠を誓っているから反論とかしないんですよね
  
 
 
パワハラ上司もこれに憧れていて、義理とか人情とか筋とか言葉をそれっぽく使えば部下をボコボコにしてサンドバック扱いしてもいいと勘違いしているバカが多いんですよ
 
 
任侠映画の劇中で見ることは絶対に無いのですが、そういうボコボコにされても忠誠心があるのって何かヘマしても親分が絶対に責任を肩代わりしてくれたり後始末とかちゃんとしてくれているからそういう心が芽生えるんです
 
任侠映画ではそういう描写を省くことが多いんですけどね
 
 
その省かれた描写を知ることがないから余計に勘違いを起こして、それっぽい言葉を使って一方的にマウント取る傾向が強いように感じます

 

この手の発言をする上司が筋とやらを通してない

そしてこの手の発言をする上司を見ていて気がついたのですが、この手の発言をする奴らほど筋とやらを通していないんですよ
 
合理性に欠けたり、約束を反故にしたり、失敗を人になすりつけたりして人道的にも離れていると言っても過言じゃありません
 
 
なので筋を通せと言っている奴が全く筋とやらを通していないということはしょっちゅうあるんです
 
通してもないやつに一方的に筋を通せと言われてもぶっちゃけ反感しか沸かないし、しかも筋というものを根本から間違えて曲解しちゃっている辞典で本来の意味とは全く程遠いものになってしまっているのです
 
 
そういう意味でもぶっちゃけタチが悪いとしか思えないのです 
 

 

終わりに・この手の人種には距離を置くしか無い

このように任侠映画の見過ぎな上に、間違って上が下にとにかくマウントを取れると勘違いしている連中に多いです

義理だの人情だの間違って覚えた上に、いらない部分だけ抽出したものをとにかく押し付けてきた上に見返りを求めるようなどうしようもないクズに多いのです

 
しかもこの手の上司はこれが本当に正しいと思い込んでいるため、改善することがまず不可能なので、もし職場の上司がこの手のタイプであれば個人で出来ることは職場を変わってしまうくらいしか対処法がありません
 
 
こういう連中に関わっていると無自覚に潰された上に、潰された後に
 
 
「俺はこれだけ部下を思いやっているのに最低な奴らだ!」
 
 
なんて勝手に思い込んで逆ギレして追い打ちをかけてきたりもしょっちゅうなのでもうどうしようもありません
 
 
間違いなく距離を置くどころか、そういうクズが居ない環境に変わるべきだと断言できますね
  

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
上司を変えることは出来ませんが、職場を変えることは誰にでも出来ます
 
そして職場が変われば上司も変わるので、上司がクソで変えたいというのであれば職場を変わるのが一番いい方法だと断言できますね
 

 
 
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事