「努力しろ」と言ってくる上司からは逃げるべき無能だと断言する!

あの上から目線のアドバイスは意味不明すぎる
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
仕事が出来ない時に上から言われた言葉で

 
・努力しろ
 
・もっと考えろ
 
・努力が足りない
 
 
など言って怒られた経験がある人って多いんじゃないでしょうか?
 
 
結論から言ってしまうとこのような事を言ってくる人間についていく価値のある人間なんて誰一人としていませんでしたし、例外なくすべて距離を置くどころか環境そのものを変えるべきレベルの人間しかいません
 
こういう人間の元で仕事をするといつまで経っても仕事が出来るようにならない可能性の方が高く、そしてそれを理由にパワハラのサンドバックにされて潰される可能性がものすごく高いです
 
 
もし職場でこんな事を言う人間と遭遇した場合には絶対に関わりを避けるべきですし、環境そのものをさっさと変えてしまったほうがいいと断言できることを記事にしていこうかと
 
 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

努力しろという言葉の中身の無さ

まず努力しろという言葉についてですが、この言葉って本当に中身がなくて何をしたらいいかということが本当にわかんないんですよ

努力するだけでいいなら別に仕事じゃなくてもゲームとか趣味でもいいってことですし、何ならご飯の早食い競争でも頑張ってみれば?ってことになるんですよね

そしてこの言葉には中身が全くないということは、何をやっても揚げ足をとることができるようになるということでもありますし、例えるなら
 
 
「今からクイズを出します!問題とヒントは与えませんが回答を当てなさい」
 
 
って言ってるようなもんなんですよね

無茶ぶりもいいとこですし、こんなのが問題として成立するはずがないんですよ

そしてこの言葉を吐く人間の大半がパワハラ気質なところがあり、パワハラを仕掛けるための下準備をこのように行ってパワハラを仕掛けるのを正当化するクズが多かったですね
 
上記に書いた無茶な問題に正解できないからペナルティとしてパワハラ仕掛けますって言ってるようなもんですし、文字にするとおかしいということがよくわかりますね

 

仕事が出来ないのは大体が努力の方向を間違えている

私の知る限りでは最初から仕事に対してほとんどやる気がないような人間というのはまず居ないように感じます
 
大体の人は真面目に取り組む人が多いですし、本当にごくごく一部の人以外は頑張ろうとする気がある人が多いんですよね
 
 
なので精一杯本当に努力している人が多いですし、これ以上無いほど考えてその結果という人が多いのです
 
 
私が見てきたり経験した感じでは努力する方向や考え方が違っているだけであって、取り組む姿勢そのものは間違えて居ないのです
 
限界まで頑張ってる人に、それ以上頑張れとか言っても効果があるわけないんですよね
 
 
なのでそういう人に対して今回のお題のように上から目線で言ってくる奴らにろくな連中は居ないのです

 
 
助言すべきは精神論や根性論ではなく、最小労力で最大限の成果が出せるように方向性を示すことなんですよね 

 

努力のやり方や考え方がわからないのにどうしようも無い

この手の助言というのは、あまりにも内容が抽象的過ぎてどうしようもないんですよね
 
 
例えば日本からアメリカに行くのに何も知らない人に
 
 
ココからアメリカへ行け!
 
 
なんて言われてもどうしようもないのです
 
それなら
 
 
・行く手段の種類を示したり
 
・それらの利用方法なんかを教えたり
 
・利用するための料金を教えたり
 
・行くための方向など必要な情報を与える
 
 
といった必要なことがすべて揃って「行け」とか言われて行けるようになるんですよね
 
 
「努力をしろ」とか「もっと考えろ」などといった内容であれば、例えるなら
 
 
・現在はこの部分の技量不足を感じるから、その不足分を補うためにこのようなトレーニングをしなさい
 
・物事を予測するのにこのような視点が抜けているので、その視点を補うために次のように考える癖をつけろ
 
 
などといった中身がある指導をして、努力したり考えるための道筋や形を示さないとどうしようもないのです
 
 
がむしゃらに進むよりも、方向と距離を伝えてから動かしたほうが効率よく目的地につけるのと同じで、方向も距離も場所も何もわからないのに目的地までとにかく走れとか言ってもバカでしょ?

 

1から10どころか1すら教えてくれない

そして努力しろという言葉が口癖の上司にあり得ることなんですが、本当に仕事を教えようとしないんですよね
 
1から10まで教えたうえで分からなかったら聞けということであればわかるんですが、こういうクズ上司は1すらも教えないんで、何がわからないのかわからないという状況になって何から取り組んだらいいのかわからないということになります
 
 
そしてそのような状態で上司に聞いても
 
 
「自分で考えろ!」
 
「自分の頭で考えてないから仕事がわからないんだ!」
 
「だからお前には努力が足りないんだ!」
 

という三段活用でオチがついてしまうんですよね

 
このように仕事を教えず、さらにそれを上司が自分自身ではなく部下に押し付け、仕事ができなくなればパワハラのサンドバックにするという流れが確定しているんです
 
私がいろいろ上司を見てきましたが、努力しろが口癖の上司の下で働く人間はみんな仕事ができない人が多かったですが、はっきり言って上司に問題があるケースしかないんですよね

私が最後に居た会社も私を含めて同期が3人居まして全員が仕事ができなくて「なんでお前らはこんな使えないんだ!」とか社長が切れていましたが、どう見てもお前が悪いとしか思いませんでしたね
 
その会社では今まで入った人間が短期間でやめるので「どいつもこいつも根性なしだ!」とか言ってましたが、自分に問題があるのを自覚してないバカ上司だったりするのでたちが悪いです

 

仕事を出来なくしてそれを理由にパワハラ仕掛けるクズ

この手の連中にありがちなのが、どれも仕事をわざと出来ないようにして、それを理由にパワハラするための公認サンドバックに仕上げてしまうというものです
 
「俺は指導したのに仕事が出来ないこいつが悪い」と仕立て上げてしまえば、パワハラ仕掛けるのにも建前があるので良心が何も傷まないので際限なくパワハラ出来てしまうんですよね
 
 
実際にはまともに教えてすらいないので仕事が出来るようになるわけがないので、間違いなく教える側の責任なんですが一方的に責任転換してしまうのです
 
本来であればこんな事はおかしいのですが、仕事という特殊な空間が変な上下関係を作ってしまうんでしょうね
 
 
実際に今回の記事のような事を言う上司の元で何人か同期が集まって仕事の指導をされていた時があったのですが、誰一人として例外なく仕事が出来るようにならずに結局は全滅するということが多発していました
 
確かに得手不得手は個人差はあるので出来るできないはあるとは感じますが、それでも何人か集まって全滅してしまうというのであれば指導する側のおかしさを疑った方が良いのです
 
 
わざと出来ないように仕立て上げ、それを理由に指導というパワハラを仕掛けてストレス解消をするようなクズの元で仕事なんかする必要はないのです
 
更にこういうのが上にいるということは、そういう事を認める社風だということでもありますので、会社そのものがクソだという可能性が高いのです
 
 

 

「努力しろ」とはタダ働きをしろという意味

この努力しろという言葉の正体なんですが、いろいろな職場を見て気が付いたのがただ単にただ働きをすればいいんですよ
 
大体こういう上司の下で努力しろなんて怒られてた時に何をやっていいのかわからず、サビ残や無償早出でタダ働きをさせられたことがあったのですが、こういうことをすると今まで烈火のごとく怒ってたのがウソのように笑顔になり
 
 
「おっ!今日は仕事を頑張ってるな!」
 
 
ってなるんですよね
 
 
ほかにも口ではサビ残するなということを言ってた上司の下でサビ残を自分からするバカがいたんですが、そういうことをやってても全然本気で止めようとしないんですよね
 
「お前の努力は認めるが・・・」なんて口先では言って「一応会社としては止めたから勝手にやってるお前らが悪いんだぞ」って持っていきたいのがバレバレなんですよね
 
 
なので努力をしろという言葉の正体は自分から言われなくてもサビ残などでタダ働きをしろという意味になるんですね
 

 

むしろ努力と感じないことをやったほうが楽で成果が出せる

努力というと苦痛を伴って無理していることが大半であり、努力信者の多くは無条件に何か苦労して苦痛を受ければいいという考え方を持っていることが多いです
 
上記に書いたサビ残のこともそうですが、何か苦痛を受けろという意味でもあるのです
 
 
しかし、ぶっちゃけ努力とか苦痛を伴って感じていることをやるだけではっきり言って向いていませんし、努力するとか言ってるようなことをやってる時点で平均以下でしかないのです
 
 
本当に向いていることって周囲から見てもすさまじいことをやってるのにも関わらず、本人からすれば「ただ好きでやってるだけ」ということが多く、はっきり言って本人視点では努力なんかまったくしていません
 
周囲が苦痛を受けて次々脱落する中で、本人は苦痛を感じないので楽々やってるので、その時点で大きなハンデになっているのです
 
 
よって正しくは努力なんか感じている時点で負け確定であり、本当にやるべきことは自分にとって努力とか思わず好きでやっていてどれだけやっても苦痛を感じないことをやるべきです
 
そういうことを理解していないからこそ努力信者というのが出てくるわけであり、こういう連中は例外なくバカだと断言していいでしょう 

終わりに・こういう事を言う連中からは離れるべき

はっきり言ってこういう努力信者の連中は自分にとって危害しかないことがほとんどです
 
それに見合う見返りがあるならともかく、大した報酬もないくせに必要な技能もつかなくて、精神を潰されたりする可能性が高いのです
 
 
なので一秒でも早くそのような事を言う人間とは関わりを断つべきですし、そういう人間を野放しにしているという時点で会社もグルでしょう
 
被害を受けて再起不能になる前に絶対に逃げ出して環境そのものを変えないと自分の人生に悪影響が出てしまうのです
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
働くというのは自分のためにすることなので、ブラック企業やクソ上司の養分になってやる必要はどこにもありません
 
クズの養分になるくらいであればさっさと環境を変えてしまうためにも是非どうぞ!
 

 
 
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事