反省文を書かせて読ませる職場は危険!今すぐ逃げるべきブラックだ!

経験上コレをさせられる職場は本気でヤバイです
 
 

 
どうも!数々のブラック企業を転々とした経験を持つAtusiです!
 
 
職場でミスしたりやらかしたり仕事が出来なかったりすると怒られたり殴られたりするような何かしらの罰を受けることが多いかと思いますが、その中でもかなり悪質だなと感じたのが
 
 
反省文を職場で読まされる
 
 
という公開処刑を行うような仕事でまともな職場は本当に存在しません
 

そもそも反省文を書かせるって時点で相当意味がない上に、それを読ませるとかパワハラ以外の何物でもないですし、そういう傾向がある職場って本当に陰湿な上に人間関係も環境も悪かったりするんです
 
反省文ってのは業務改善的な意味はまったくないどころか逆効果ですが、パワハラして洗脳したり人を貶したりするのにはかなり有効です
 
 
今回はこの職場で反省文を読まされるということがどういう風に危ないのか?ということを実際に経験して分かったことを書いていこうかと!
 
 

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

自他ともにダメだと自覚させてしまう

反省文を読ませるという行為で一番ヤバイなって思うのが、自他ともにダメなやつだと自覚させてしまうんですよね
 
 
そうすることで周囲からの目も厳しくなりますし、自分自身も劣等感が出て自信を無くしてしまいます
 
はっきり言って状況が悪くなる以外何も無いんですよ
 
 
私が反省文を読まされた時は本当にストレスが溜まっていましたし、私の前に毎回読まされることを強要されてた人は仕事が終わった後にいつも泣いていましたし、そのまま仕事を辞めることになりましたからね
 
 
仕事でもなんでも劣等感を持つって事は百害あって一利なしなんで、わざわざ劣等感を植え付ける行為をするという時点で職場の状況がお察しなんですよ 

 

人から「こいつはいじめていい対象」だと思わせる

本当はあってはいけないことなんですが、人というのは免罪符があればとことん残酷になってしまいます
 
その例がこの事例で、上記のように周囲にダメアピールさせることで
 
 
「こいつは自分よりも下なんだ」
 
 
と認識させてしまうんですよね
 
 
そうなると下だからいじめをしていいという風に認識されてしまい、翌日以降から風当たりが非常に厳しくなります
 
 
私の経験上では、反省文を読ませるような職場は常に人間関係が滅茶苦茶悪いため、誰か一人を生贄にしてサンドバックを用意しないと団結が取れないんですよ
 
だいたい「人間関係が悪くなってきたなー」と思うタイミングでいつも誰かが捨て石にされ、一人が捨て石になっている間だけは人間関係は良好に戻り、捨て石の人が辞めるとまた人間関係が悪くなり・・・というのが何度も繰り返されてしまうんですよね
 
 
なので人が入っては辞めるというサイクルが滅茶苦茶早かったですし、1ヶ月の間に2人くらいいつも入れ替わっていましたが、これは明らかに異常な状況でした
 

 

洗脳され身動きが取れなくなる

このような状況になると本当に追い詰められてしまうので、どうしたらいいのかわからなくなって身動きが取れなくなってしまいます
 
職場で頼れる人間が誰一人としていない状況で、頼れるのは自分だけという状況ですが、敵しか周囲にいない状況というのはものすごくストレスが貯まります
 
 
そうなると完全に脳が処理しきれなくなってオーバーフロウを起こして思考停止に陥ってしまうのです
 
 
この時は幸い(?)にも上から
 
 
「嫌ならさっさとやめろ」
 
 
と言われてしまったので、あっさりと
 

「はーいやめまーす」
 
 
と思考停止で答えられましたが、仮にもっと頑張れとか言われてたらそれを受け入れてしまって壊れる限界まで仕事を続けていたでしょうね・・・

 

そもそも反省文なんてパワハラ以外効力なし

反省文を何度か書かされて気がついたのですが、そもそも反省文ってのは業務改善のためには全く役に立たないんですよね
 
 
反省文を書く時間も惜しいですし、書いたからといってなにか願い事が叶うわけでもないですし、ぶっちゃけペンと紙と時間の無駄です
 
それだったらその分を作業に回していたほうが良いですし、もっと資源を有効活用して利益を生み出せる方向に使ったほうが有意義なんですよ
 
 
そして反省するといっても正直「誰に反省するの?そもそも反省して何になるの?」としか思えませんでしたね
 
強要される謝罪ほど中身が無くて意味がないことだと感じますが、職場での反省文とかまさにその極みと言っても過言じゃないです
 
 
結局は反省文なんてのは私が上に書いたようにパワハラ以外の効力はまったくないと断言していいでしょう 

 

終わりに・反省文を書かされ読まされる職場は今すぐやめろ!

そういうわけで反省文を書かされ読まされるという職場は、その行為そのものが危ないのもありますが、そうでもしないと職場が維持できないほどに人間関係が悪化している可能性が高いのです
 
そして人間関係が悪化しているということは、待遇が悪かったり、職場の環境が悪かったり、仕事がきつかったりするストレスから悪化していることが多く、原因を辿っていけば早い話がブラック企業だと断言して良いのです
 
 
なのでそういう職場は今すぐにでも辞めるべき職場ですし、そもそも反省文なんてのは底辺の精神論大好きパワハラ人間しか好みませんし、そういうクズからも潰される前にさっさと逃げてしまったほうが良いですね
 
はっきりいって反省文を読ませるような底辺であれば、大底なので後は動くだけで勝手にもっといい職場に行ける可能性が高いです
 

 
ブラック企業から逃れるための就労支援「ウズキャリ」の各種サービスを紹介する! 
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
そんな状況から抜け出すかどうかは動くかどうかというそれだけですし、確かにパワハラ受けまくって思考停止している現状ではなかなか難しいかもしれません
 
であればどうせ思考停止するにしても職場という危害を加えてくる奴らよりも外の人の意見に耳を傾けるべきでしょう

 

ブラック企業を徹底排除した転職サービス・ウズキャリ各種!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 
 

・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です

一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!

IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
 
 

・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら! 

詳細はこちらにて!取材をしてきました!

おすすめの記事