災害時の「安全圏から現場で頑張る人を社畜と批判」という的外れ

こういう批判が的外れすぎて笑える
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
平成最後の年に台風に北海道での震度7の地震などすごい災害が立て続けに起こっていまして、そういう時にツイートを見ていると
 

・安全圏から現場で必死に働く人間を社畜とディスっている
 
・高給でもないのに命を掛けるやつはアホだと批判する奴が居る
 
・現場で頑張っている人をバカにする人間の気が知れない
 
 
などといった声が聞こえます
 
 
実際私も災害なのに薄給で働かされるのを見ていると本当にブラックだなって感じるんですが
 


 

 
 

 
 

 
私自身もツイッターで発言していると何人か勘違いしているように思うのでここに書いておきますね
 
 
実際災害で現場で頑張る人はすごいと思うんですが、だから薄給でも頑張るようなことを自慢するやつは災害復興の足手まといになってるって感じるし、そもそも安全圏から社畜批判しているのは災害時でもしなくて良いような仕事を薄給でやらされているようなブラック環境なんですよね
 
 
ぶっちゃけ災害時に安い給料で働かされるのはブラック以外の何物でもないし、それにいちいち噛み付く人間は間違いなく自分自身がブラック環境に居るからなんですよ
 
自分が恩恵を受けれずにつらい思いをしているのにあいつはずるい!って状況と思考だから相手を妬んでしまうんですよね・・・
 
間違いなく自分が恩恵受けている側であれば噛み付いたりしないはずですし
 
 
今回はツイッター上で言われている災害時に薄給でも働く人間のディスについて自分なりの補足を書いていこうかと!
 
 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

薄給でも頑張る人間が居るから復興が遅れる

ぶっちゃけ私自身は薄給でも頑張るような人間が居るから災害の復興って遅れると断言できるんですよ
 
確かに災害にあっている状況ってのは辛いですし、誰かがやらないとどうにもなりません
 
 
しかしそんな辛い仕事でも薄給でやる人間が居ると、どうしてもそれで人が居てしまうと給料水準というのが上がらないんです
 
なので「うへぇ・・・あんな辛い仕事を薄給でやるの嫌だな・・・」ってことで人が集まらずに、結果として復興が遅れるんですよ
 
 
ここで薄給ならやらないという選択肢があると、復興を依頼する側も人を集めるために待遇を良くする必要があり、そうして上がった結果として
 
 
「割に合う美味しい仕事」
 
 
と認識されると嫌でも人が集まりますからね
 
そうなったら人手不足も解決出来ますし、必要だけど辛い仕事というのも給料水準が上がっていくんですよね
 
 
なのでそういう風に考えると
 
「高給であれば命をかけていいのか?」
 
という批判はお門違いで
 
 
「薄給で命をかけさせられる事が間違っている」
 
ということなんですよ
 
その事実を安易に反対にすると的外れな批判が出てくるのです
 
 
けど少なくとも必要で辛くて命がけの仕事であれば薄給でやらされるよりは高給でやらされる方が正しいと言えますね
 
 

別に災害時にやるような必要がないことを薄給でやるのがバカ

私が主に批判するのは、災害で自分自身も大変んば状況なのに、明らかに必要じゃないような仕事を薄給でやるような奴をバカにしてるんですよ
 
 
例えば私の時だったら台風で災害の時にわざわざものが飛んでくる中で外で窓拭き強要させられたりしたことがありましたが、こんなものはどう考えても必要のないことです
 
他にもピザの配達員が風でふっとばされてたりする動画が出回っていましたが、非常時に別にピザなんか食べなくても他にもっといい食べ物あるでしょうし、どっちかと言えばあれは食い物でも嗜好品に近いところがあるので、わざわざ災害で他人の快楽のために自分を薄給で犠牲にする必要はないのです
 
 
上記のように必要な仕事でも薄給で働かされているという事実と、災害時に必要のないような仕事を強要させられているという事実が中途半端にごっちゃになったせいで、安全圏から現場で頑張る人をディスっているという風に感じるんでしょうね
 
 
多分ディスっている人も災害の復興そのものに尽力しているような人をディスる事はしてないのに、それを勝手に自分のご都合で斜め上解釈をして暴走しちゃっているんでしょうね

  
そして災害時にどうでもいい仕事を時給3桁程度の給料しか出さないようなところは間違いなくブラック企業だと言えるので、ディスっている対象はそういうことなんですよね 

終わりに・その手の発言にいらつくのは自分が恩恵を受けれてない証拠

更に身も蓋もないことを言ってしまえば、このように安全圏からの現場で苦労する人をディスするような発言にいらつくのは間違いなく自分自身が恩恵を受けておらずに、その苦労する側の人だからです
 
少なくとも恵まれていたり恩恵を受けているような人がそのような事に対して噛み付くことを見たことがありませんし、いつも不平不満を言うのは不利を押し付けられている側なのです
 
 
なのでもしそういう発言に対してイラッと来たりするのであれば、自分自身が恩恵を受ける側になろうとすれば良いんですよね
 
そうすれば少なくとも災害時に薄給で仕事を押し付けられる事はなくなります
 
 
なので安全圏からディスが頭にくるのであれば、自分自身も安全圏からディスる立場になってしまえば良いんですよね
 
ただ妬むだけではいいように利用されるだけですしね
 
 
少なくとも災害時で自分が大変なのに、それよりも他人に奉仕するのは他の人に任せればいいですし、自分の事も満足に出来てないのに無理やり奉仕させられて利用されるなんて恐ろしいですからね
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
もし災害時に仕事を強要されるような環境なら間違いなくブラックです
 
なので世の中全体で本当に必要な仕事が本当に適正水準の給料するためにも、自分だけは抜け駆けしてでも逃げるべきだと言えるでしょう
 

 
 
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事