パワハラ相談は社内の窓口で相談してはいけない理由を語る!

 

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!
 
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

 

 

そんなもんで解決するならもう既にしていますって・・・
 

 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
ブラック企業に居るとパワハラやセクハラなどの業務で受ける必要の無い攻撃によって悩んでいるという人は結構多いんじゃないでしょうか?
 
私自身も過去に胸ぐら掴まれて「殺すぞ」と言われたり、後ろから蹴りを入れられたりしてかなり悩んだ時期がありました
 
 
そういう時のために社内での相談窓口やコンプライアンス推進委員など、社内で相談できる仕組みがあったりしますが、私の経験上ではこのようなところでは絶対に相談するべきではありません
 
社内で相談して解決できるようなことであれば既にもう解決しているはずですし、パワハラやセクハラなどの原因をそのまま放置しているような職場は絶対に信用してはいけません
 
 
今回はパワハラなどの相談を社内でするとどういうことになるのか?ということを私の実際の経験から記事にしていこうと思います
 
 

不満分子のあぶり出し窓口

社内相談窓口というのは、社内での問題解決をおこなうというよりは、現状に不満を持つ反乱分子を割り出すための窓口として機能していることが多いのです
 
一応名目上は社内での相談は守秘義務があるとか言っていますが、実際には相談した翌日くらいには相談内容がもろに漏れている事が全部でした 
 

そしてそのような不満を持つ反乱分子というのはほっておけば社内で不満が爆発する原因となりますので、そのような要因は職場から見ればさっさと居なくなってもらったほうがありがたいのです
 
反乱分子を見つけたあとは、パワハラを咎めるのではなく、逆にもっとパワハラを加速させて周囲に見せしめを行うことで、会社に逆らうとどういうことになるのかという周囲へのアピール材料になってしまうことが多いです
 
 
実際に私がパワハラ相談したときとかは、翌日にはパワハラを受けている対象から
 
 
「てめぇ!俺のことをちくりやがったな!」
 
 
ということでバレていましたし、守秘義務もクソも無いんですよ
 
そのことでパワハラがエスカレートしても会社は「対処している」といいつつ、見逃しているので実際は何もしてないのです
 
それどころか火に油を注いで悪化させて放置するだけなので質悪いんですよね
 
 
そうなると会社というのは噂話が大好きなので、そうなってしまった原因とかも会社全体で知られてしまうことも多く、それによって反乱分子への見せつけが成立してしまって、結果として恐怖政治を行うことになってしまうのです 
 

そもそも社内にそういうクズが居る時点で改善することはない

そもそもパワハラやセクハラを起こすようなクズというのは前々から絶対に問題になっているはずです
 
そのような人間を社内で放置して野放しにしているという時点で改善する気はないと言っているのと同意義なんですよね
 
 
ただ改善する気がないのであればまだ可愛い方ですが、実際には上記のように反乱分子のあぶり出しと排除を兼ねているので、パワハラ上司とブラック企業というのはある意味ではグルだと言っても過言じゃありません
 
そしてそんなブラック企業が出しているような相談窓口が信用出来ないというのは当然の事なんですよね
 
 
パワハラを仕掛けてくるようなクソ上司はブラック企業の尖兵なので、そういう組織に守られている以上は社内では何をやっても無意味だということです

 

終わりに・対策としてはさっさと転職してしまうこと

対策としては社内に相談するくらいであればとっとと転職活動を行ってブラック企業とクソ上司をさっさと見捨ててしまうことが一番です
 
 
卵が先か鶏が先かという問題同様に、パワハラ上司を野放しにしているからブラック企業とも言えますし、ブラック企業だからこそパワハラ上司を保護していると両方言えることですが、確かなことは両方共が個人ではどうすることも出来ないのでさっさと逃げてしまったほうが良いということです
 
 
そもそも相談するほど悩んでいるということは、今の職場に相当嫌気がさしている証拠ですし、その嫌気が改善するどころか悪化しかしないというのであれば会社に留まる理由は無いということです
 
なので社内で相談するくらいであればその労力をブラック企業から逃げ出すために使うべきでしょう
 
少なくとも転職してしまえば現在の悩んでいる状況は確実に抜け出せますからね
 

 
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!  

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
相談するなら改善するかわからないマイナスの相談よりも、確実に好転する可能性しか無いプラスな相談に労力を回したほうがお得です
 
少なくとも転職活動をしてマイナスに作用するということはありませんので!

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ



ブラック企業から今すぐ逃げたいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事