【交通事故】保険屋が治療費打ち切りしてきた!その後の対処法書く!

 

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!
 
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

 

 

三井住友海上のゴミはホント死ねばいいと思う
 
 
 
どうも!8ヶ月の間に三度の事故にあって保険会社ともめてる真っ最中のAtusiです!
 
 
3回目の事故で、まだ左肘と左胸の肋骨が傷んでいまして、事故からまだ6ヶ月経過してないのですが、事故の件をおまかせしている弁護士さんから

 

  

 3回目の事故の保険会社である三井住友海上の担当者より連絡があり、7月末日を
もって治療費の支払を終了するとのことでした(八尾徳洲会病院の胸部CTまでは対応
します。)。
 保険会社の医療部門の見解としては、そもそも肋骨骨折はなく、打撲捻挫にとどま
るということでした。治療期間は7月末で6か月近くになり、十分(むしろ、出し過ぎ
た。)だとの立場でした。
 当職は、8月末日、あるいはせめて8月7日までは治療費の支払を継続するよう求め
ましたが、了解を得られませんでした。

 8月1日以降については、①健康保険を利用し8月末日まで治療を続け症状固定とす
る、あるいは②7月末日で症状固定にするという進め方になろうかと思いますが、そ
の点も次回打ち合わせ(8月2日13:30)の際にご相談したいと思います。
 
 宜しくお願いいたします。

いやもうね、これ見た瞬間に
 
 
「は?」
 
 
って気分でしたね
 
もう三井住友海上のゴミクズとは前から思っていましたが裁判やって徹底抗戦のつもりでしたが新たに決意が固まりました
 
弁護士さんには
 
 

内心向こうの一方的な言い分にかなり頭に来ています
 
神経伝達速度の件で左右差もちゃんとありましたし、現状で痛みがまだ残っている状況にもかかわらずに6ヶ月以内で打ち切りして困らせようとする意図が見え透いてます
 
後遺症認定も半年以上は通院が必要と聞いていますし、半年経過せずに打ち切りの打診は後遺症認定の妨害工作だと感じています
 
 
手持ちのお金には何も困ってませんのでこのまま8月末まで自費で治療継続しますし、後でまとめて裁判で回収する方向でお願いします
 
 
と、このような旨を伝えて了承してもらっています
 
 
この保険会社からの治療費の一方的な打ち切りというトラブルは多いみたいですし、これによって泣き寝入りさせられて保険会社から提示されるクソ条件を泣く泣く飲んでしまうという人も多いんじゃないでしょうか?
 
今回は私が実際に調べてわかったことや、保険会社の嫌がらせ、その対処法など思いつく限りいろいろと書いていこうかと!
 
 
 

保険会社の早期打ち切りは完全な嫌がらせ

中には保険会社から一方的に治療の早期打ち切りを言われると、自分にも落ち度があるんじゃないかと悩む人が居るみたいですが、全く悩む必要はありません
 
保険会社の治療費打ち切りは100%絶対に向こうの嫌がらせです
 
 
なぜその嫌がらせをしてくるかと言うと
 
 
1,通院・入院長期化による慰謝料の増加を防ぐため
 
2,6ヶ月前に治療を打ち切らせることで後遺症認定をさせないため
 
 
という保険屋が払い渋るために被害者が無知なのを利用してゴリ押ししてくるのです
 
 
 
まず前者は通院が長引けば長引くほど治療費が増えるのはもちろんの事、同時に通院期間によって支払われる慰謝料も増加してきます
 
更に事故発生から示談がまとまらないと年5%づつ遅延料金が発生してくるので、保険会社からすれば早期解決するのが自分たちの利益になるのです
 
 
そして後者の後遺症認定についてですが、後遺症認定はある程度の通院実績と期間ななければ後遺症として認められる可能性が大きく落ちます
 
その目安が大体6ヶ月と言われていますので、治療打ち切りをしてくる場合は6ヶ月未満で打ち切ってくることが多いです
 
 
私が通院していた時に、足の骨を折ってしまって松葉杖生活を余儀なくされていた人が居ましたが、僅か3ヶ月で一方的に打ち切りをしてきた後、後遺症が残っていたにもかかわらずに認定されなかったと本人から直接聞きました
 
 
後遺症が認定されてしまうと、慰謝料の額も最低で裁判所基準で110万と高額なものになってしまうので、それを認定させないための妨害工作だと言ってもいいでしょう
 
 
早い話が被害者への正当な利益を削り、保険会社が儲かるためにしてくるクズ行為だと思っておくと良いですね

 

後遺症認定のためにも最低でも自費でも6ヶ月は通院するべき

では治療が打ち切られた場合はどうするのが一番いいのか?となると、症状固定をせずに健康保険を使って自費で通い続けるのがいいです
 
同時に役所にいって「第三者行為による傷病届」というのを作成しなければなりません
 
  

私もこの記事を書いている日にちょうど役所にもらいに行きましたが、8枚ほど紙があってややこしいです
 
私は弁護士さんに依頼しているので、そのめんどくさい紙も全部書いてもらえますけどね
 
 
保険会社から治療打ち切りをされたとしても「保険会社の方では建て替えしません」と言ってるだけで、治療そのものを打ち切るかどうかを決める権限は持ってないのです
 
意外と保険会社の言い方だと勝手に決める権利を持っているような言い方をしますが、奴らは詐欺師みたいなものなのでそんな権限はありません
 
 

そのためにも治療費打ち切りと同時に症状固定を促してきますが、症状固定すると後から治療しようとしても難しいので絶対に応じてはいけません 

今まで払ってもらっていたのが自分で払うだけで、治療そのものは継続出来ますし、痛みや症状が残っているのであれば後遺症認定するための最低ラインである6ヶ月は自費でも通院すべきです
 

 

後から裁判ですべてを取り戻すのが一番いい

そして
 
「支払った費用は完全に自費になってしまって取り返せないのか?」
 
と思う人が居ますが、これは当然NOです
 
 
症状固定までにかかった費用はすべて保険会社が負担しなければならないので、領収書だけ残しておいて後からまとめて請求する事が可能です
 
 
ただこの場合は症状固定せずに領収書だけおいているだけじゃ支払いを認められることはまず無いと見ていいので、裁判をする必要があります
 
その時に今まで建て替えた分も一括で請求するということになるので、一時的な出費が苦しいですが後から返ってくるので気にせず自費で通うべきです
 
 
というか自費でも通っておかないと後から自分が不利になることになってしまうのです
 
 
交通事故の裁判も年間30万件近い事故から裁判に発展するのは僅か2000件程度なので、保険屋は「裁判なんて起こさんやろw」と余裕ぶっこいているのです
 
大体は裁判を起こせば全面勝訴することが大半なので、正当な慰謝料と補償を勝ち取るためにも裁判は絶対に起こすべきです
 
 

終わりに・保険会社のクズに対抗するためにこちらも弁護士を入れるべき

そういうわけで保険屋というのは様々な方法を使って被害者に嫌がらせをしてきて、本来支払うべき慰謝料を抑えようとするクズ集団です
 
 
交通事故なんてのは普通に生きていれば会わない確率のほうが高いですし、いざ発生すると必要な知識が多すぎるので、対応になれている保険会社に好き勝手されてしまうのです

そんなゴミクズで詐欺な保険会社という集団に素人が対抗するのには弁護士を雇うのが一番の対策ですし、大体は保険会社が提示する条件よりも弁護士さんが請求する慰謝料のほうが最低2.5倍はありますので弁護士費用を払っても余裕で元を回収してお釣りが来ます
 
 
そして治療打ち切りといった嫌がらせに対しても適切な対処方法を指示してもらったり、後遺症認定のために必要な方法も教えてもらえるので被害者にとっては損することなんて何もありません

 
私の経験では交通事故の被害者になったらすぐにでも弁護士さんに相談するべきだと断言します
 
 
そして弁護士というのは文字面だけ見れば中々ハードルが高いですが、ある意味ではコンビニにいくようなものですしやってみればそう難しいものでもありません
 
良し悪しというよりは弁護士の個性の領域になってくるので、それが自分に合うかどうかってところでしょう 
 

ただ探すためにはある程度は自分で事務所を訪ねてみて、関わってみるべきだと言えます 
 
そしてそんな選択肢を少しでも増やすためにいくつか見つけてきました

 

東京ステラ法律事務所
 
・相談料は何回でも0円
・弁護士費用は賠償金から支払われるので後払い(初期費用なし)
・24時間365日全国対応
・弁護士費用特約対応
・成功報酬は20万円+賠償金の10%
 
 
琥珀法律事務所(交通事故示談) 」
   
・相談料初回無料(以後30分毎に5000円) 
・全国で対応可 
・着手金20万~ + 成功報酬20%~
 
 
様々なところがありますが、コレばかりはどの弁護士さんがいいというのは個人的な相性の問題なので自分で調べるしかありません
 
ただ最近は初回無料のところが多いので、無料相談を受けてから雰囲気や自分に合う合わないで決めるのもいいでしょうね

 
例えば
 

・多少悪条件を飲んでも早期解決して欲しい 
 
・時間かかってもいいから徹底的にやってほしい
 
・料金安くていいから交渉だけ煩わしいのでやってもらいたい
 
・料金高くてもいいからみっちりフルサポートして欲しい
 

などなど個人の考え方があり、弁護士さんや事務所も考え方が千差万別なんですよね
 
なので手間はかかりますが、後から後悔のないようにいろいろな弁護士事務所に直接出向いて無料相談して自分の肌で感じることが大事です
 

今は車を持っている身分では無いのですが、仮に保険を使うとなったら東京海上日動だけは選ぶことは無いでしょう・・・
 
下手すれば賠償すべき相手に逆に危害を加えてしまって相手を怒らせて厳罰希望とかされたらたまったもんじゃないですし、それどころか保険との交渉を打ち切って直接請求される可能性もあると思うと選びたくない保険No1ですね・・・
 
 
 
後は現在争っている真っ最中だからこそ書ける実際に調べた知識や体験談などを

交通事故対策マニュアル
 
このカテゴリで色々と書いていますのでよろしければ是非こちらもどうぞ!

 



ブラック企業から今すぐ逃げたいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事