【交通事故】弁護士頼んで徹底抗戦の構え見せたら保険屋が弱気になってきた

まぁ許すつもりは毛頭ないんですが

 
 
どうも!8ヶ月の間に3度の事故にあって保険屋と揉めてる真っ最中のAtusiです!
 
 
つい先日、また私がこの件を一任している弁護士さんと面談があって
 

 
 
こんな感じでいっつも東京海上日動と三井住友海上のゴミのクソ行為を聞いて気が滅入っていたのですが、どうも若干少しだけいつもと違う様子
 
ちなみにツイッターの方では実名で書くと弁護士さんに連絡がすぐいってめんどくさいのでこういう書き方してます
 
 
・・・ただ弁護士さんも相手にかなり呆れ返ってますし、私が好き放題してももう何も言わなくなってきてますけどねw 

 
そして私自身は目先のお金になんにも困ってませんし、保険屋のクソ行為っぷりが
 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!  
 
【交通事故】三井住友海上の対応は保険会社の中でも最低最悪のクソ!

 
こんな感じで両方共が最低最悪のゴミクズ野郎だと思ってるので一円でも多くむしり取って奴らに損害を与えるのに長期戦になっても構わないって思っているんですよ
 
 
そんな感じで長期戦も裁判も上等だし、2回目の謝罪を一切しなかった加害者のクズに対しても保険屋の対応が最低だったということで事故の処分が不起訴処分になってしまっていたのをわざわざ異議申し立て手続きをしに自転車で大阪地裁まで行きましたからね
 
「絶対に泣き寝入りをしないで徹底的にやってやる!」という姿勢を見せたことで若干両方共が弁護士さんの話では折れてきているそうです
 
 
今回は交通事故の被害者になって保険屋に泣かされている人がちょっとでも対抗策の参考になればなと思って私の手探りで現在やっている手法を紹介していこうかと!
 
 
 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

長期戦上等!裁判費用と延滞遅延を取るつもりで!

実は被害者目線で考えると、徹底抗戦で裁判をして長期戦になるということは疲弊する以外は完全に被害者に有利です
 
それを知らないで裁判という言葉を聞かされてビビってしまって泣く泣く保険屋が出すクソ条件を早期解決のために受け入れるということも珍しくないんじゃないでしょうか?
 
 
基本的に保険屋の提示する内容は自分たちに有利なように主張しているため、裁判になれば「アホかお前ら!」と言わんばかりに一蹴出来ることばかりで、裁判は正当な手続きを踏んでやればまず勝てるんですよ
 
 
しかも勝訴すれば慰謝料の額を+10%を弁護士費用として貰えますし、慰謝料の支払いが遅くなれば年5~6%の延滞損害金を得ることができます
 
しかもこの延滞損害というのは治療が終わって慰謝料の額が決まってからではなく、交通事故が発生した日からというのを知らない人は結構多いでしょう
 
 
更に長引いて示談がまとまらないと加害者に解決せずに揉めているとなると刑事罰が付きやすいので、そういう意味でも加害者を守るという意味でも保険屋にとっては早期解決したほうが望ましいのですよね
 

なので私は目先のお金に何も困ってませんし、むしろ裁判になって長引かせた方が少しでも弁護士費用を回収出来るのでソッチのほうが好都合なんですよw
 
しかも長引いて保険屋のクソ行為が発覚すればこうやって本当にあったありのままを書けばそれだけで向こうのイメージが下がって行くのでそういう意味でも美味しいですw
 

 

今まで上から目線で居たのが急に話し合いを求めてきた

今まで弁護士介入前は不当な過失割合を提示してきて上から目線で人をバカにしたような態度だったのが、弁護士を介入させて強気の姿勢を崩さずに、加害者に対して異議申し立てなんかをしていると急に向こうが
 
 
「治療が終了したら双方のために話し合いの場を設けてほしいと向こうが言ってます」
 
 
と弁護士さんから言われました
 
 
今までこっちが調べて根拠を主張しても嘲笑ってたくせに、弁護士さんいれたり処罰の手続きや金融庁への報告など徹底抗戦の構えを口だけじゃなくて態度で見せた途端にこんな風に手のひら返してくる姿勢は本当にクズ野郎だなって思えてきますね
 
ぶっちゃけ慰謝料とかお金に困ってないので加害者と保険屋の担当を大阪湾に沈めて魚のエサにしたいくらいなんですよね
 
不利になり始めた途端に手のひら返してくる根性が私は気に食わないですし、上に書いたように長期戦になったほうが私は得するので双方の利益のための話し合いとやらにはのらりくらり交わして応じないつもりです
 
 
話し合いの場とやらでブラック企業上司が使ってたパワハラな追い詰めかたで詰めて、いざとなったら思いっきり顔の形が変えてやろうと思っているくらいですからねw
 
 
双方の利益のためとは言っていますが、実際に提示される条件は保険会社が一方的に得するようなクソ条件しか出してこないので、双方にとって利益とか言われても完全に突っぱねていいです
 
そして完全にこちら側が得するように条件をふっかけて、そしてそのまま裁判を長引かせて裁判費用と弁護士費用分と延滞料金をもぎ取って損害を与えてやろうと思います! 
 

 

終わりに・弁護士介入させて強気の姿勢を崩さないことがコツ

そういうわけで弁護士を介入させて徹底抗戦の強気の姿勢を崩さないことが保険屋から主導権を奪い返して良い条件を引き出すコツじゃないかなって思ってます
 
逼迫して困っているという事を情に訴えようとしても、逆に足元見てクソ条件で早期解決を狙って来られてしまうので、その逆をやったほうが相手が困るということですからね
 
 
どんな戦いでも相手の困ることを徹底的に押し付けていくことでへし折るのがコツなので、それは保険屋相手にも同じことが言えるでしょう

ということなので、有利な条件を引き出すためにも弁護士は絶対に介入させるべきでしょう

文字面だけ見れば中々ハードルが高いですが、ある意味ではコンビニにいくようなものですしやってみればそう難しいものでもありません
 

もし交通事故でお困りで弁護士さんを依頼したいけどどうやって頼んだらいいかわからないという場合であれば 
  
 

この「交通事故の慰謝料交渉に強い弁護士 永和総合法律事務所
 
 
 
交通事故の慰謝料交渉に強い【工藤法律事務所】」などに相談してみてはいかがでしょうか?
 
弁護士はジャンルによって向き不向きがあり、弁護士であればだれでもいいというわけではなく、やはり専門分野に詳しいところへ依頼するのが一番です
  
 
ここであれば交通事故は専門的に取り扱っておられますし、全国対応で相談料も無料であり、料金も決着がついてから慰謝料から支払うので実質な負担はありません
 
相談料や着手金もいらないので、まずは相談してみるだけでもやったほうがいいと確信をもって断言します
 
まだ弁護士によって能力の差があるので、相談をするなら複数やってから判断すると間違いがないでしょう
 
 
交通事故は確実に弁護士を介入させないと保険会社にいいようにやられてしまい、本来受けられるものの半分にも満たないということはよくある話です
  
やり取りなども専門的なことから保険会社は暴力団まがいのごろつきまで使ってくる可能性があるので、そういう面倒ごとから代行してもらって身を守るという意味でも弁護士は絶対に介入させるべきであり、そのための選択肢としてとりあえず利用されてみてはどうでしょうか?

 
 
後は現在争っている真っ最中だからこそ書ける実際に調べた知識や体験談などを

交通事故対策マニュアル
 
このカテゴリで色々と書いていますのでよろしければ是非こちらもどうぞ!

おすすめの記事