職場で問題を見つけた時に黙って転職活動するのが一番得である!

下手に解決しようとすると面倒なことに・・・
 
 
 
どうも!様々なブラック企業を転々としたせいで意識が低くなったAtusiです!
 
 
会社で仕事をしていると何か爆弾になりそうな問題に気がつく時ってありませんか?
 
そういう時というのは本来であれば、その問題を発表して業務改善案を出して解決に取り組むのが普通だと思う人が多いみたいですし、それが当たり前なんですよね
 
 
しかし私の経験上では何か問題点を見つけたとしても黙っておいて自分はさっさと転職活動を行った方が自分自身の得になるということに気がついてしまいました
 
会社に愛着があるなら自分が不利を背負ってもいいかもしれませんが、労働者視点でそういう事をする必要ってあるのかな?ってのを感じています

 
今回は会社で問題点を見つけたとしても、それを黙って転職活動を行うべきかということについて自分自身の経験を元に記事を書いていこうかと!
 
 
 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

解決策を出さないと文句を言われる

何か職場で問題が発生した時に、その問題点を見つけたことを報告したりすると何故か
 
 
「面倒な事を見つけやがって・・・」
 
 
って感じで文句が飛んでくるんですよね
 
 
そういう時に大体セットで問題解決案も出さないと「だったら言うな!」なんて一蹴されることが多いんですよ
 
日本人って臭いものに蓋したい傾向がありますからね
 
 
私は問題提議ってのは本当であればするだけでも有効な事だと思っているのですが、やっぱり問題点として見つけてしまうとどうしても対応しないといけないこともあり、面倒な事になってしまうんですよね
 
その面倒なことを見つけたとしても、解決案が無ければ出すだけで怒られる環境がものすごく多いので、出さないことで見て見ぬふりをするというのが一番得する選択肢になりやすいです
 
本当なら問題が発生したのは見つけた人の責任じゃなくて、むしろ見つけた人は賞賛されるようなことですが褒美ではなく罰が飛んでくる時点でアホらしいのです
 
 
別に感謝しろとまでは言わないけど、ディスられてまでやることでは無いですし、懲罰が飛んでくるのであればそれを回避するのが労働者視点では正しい選択だと言えるでしょう

  

問題をそのまま丸投げされる

もう一つありがちなのは、問題点を見つけてしまったら何か対策を立てたり取り組んだりしないといけませんよね?
 
そうなった時に私が過去にあったのは見つけた人間が処理する役目を押し付けられるということなんですよね
 
 
通常業務から外されて問題解決だけに全力で取り組むとかであればまだ良いのですが、実際はただ単に仕事量を上乗せさせられるだけなんです
 
今までの仕事がA、問題解決がBとすれば、AからBに変わるのではなく、A+Bという事になりますからね
 
 
そしてやることが増えたとしても給料が増えるわけでも無いですし、場合によっては「問題解決に取り組むことはロスで利益が発生してないからサビ残でやれ」なんて事になるのも多いので、給料を得る効率も落ちてしまうのです
 
やればやるほど損するだけなので黙っているのは本当にお得ですね

 

解決したら仕事を詰め込まれる

問題解決が出来て時間に余裕が出来たとして、空いた時間に常に仕事量を追加されるだけで労働者視点では旨味が全くありません
 
携帯のネット使い放題とかで料金が一定であれば最大限に使って元を取ろうとするのと一緒で、使う側には人間も機械も関係なく利益をむしり取るために詰め込みます
 
 
更にタチが悪いのが、上記で通常業務に上乗せされるという話をしましたが、当然そういう事をすると労働時間って増えますよね?
 
特に残業で問題解決の為に動いていたとなると、今までの仕事量に上乗せされるわけですから100%を越えてしまうんですよね
 
 
数値は適当ですがわかりやすくするために、今までやっていた仕事を100%、問題解決のために増えた仕事を20%とすると、120%の仕事量になるんですよ
 
そうして経営者がそれを見ていると「120%働けるということは上限を増やしても問題ない」という意味不明な判断でいつの間にか無理していた120%が給料据え置きで通常業務になってしまうんですよね
 
 

そういう事を繰り返していると、いつの間にか仕事量が際限なく増えていってしまうので、いつか必ずパンクします
 
例えるなら風船に空気を入れていた時に、「まだいけるまだいける」という感じでどんどん入れて破裂するイメージです
 
 
そうなると働いていてもしんどいですし、そのくせ給料は据え置きになってしまうのでどんどん資金効率が悪くなるんです
 
問題解決したとしても利益還元されること無く、利益だけはむしり取られて負の遺産を報酬として押し付けられるだけなので旨味が全くありません 
 

 

終わりに・問題があるなら時限爆弾破裂前に転職を!

そういう訳で職場で何か問題を見つけたとしても黙っておく方が良いのです
 
「沈黙は金なり」なんて言葉がありますがまさにそれ
 
 
問題を見つけたのであれば、他の人が見つけるのを待つか、その問題が大きくなって時限爆弾として破裂する前に自分はさっさと逃げてしまえば良いのです
 
昔であれば会社に忠誠を尽くすような時代であれば一蓮托生のつもりで動くのも悪くないんでしょうけど、実際には会社なんてのはただ単に生活費を稼ぐ場以外の何物でもありませんし、報酬のふりした懲罰を押し付けてくるのであれば自己犠牲してまで尽くす理由は無いでしょう
 
なので自分自身が最大限の利益を確保するためにも、問題は放置して転職活動を行うことが最良だと言えますね
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
「誰のために仕事をするのか?」と考えると会社や経営者のためではなく自分自身が利益を得るために仕事ってのはするんですよね
 
やったらやっただけ利益になるフリーランスや自営業であれば問題に取り組むべきですが、ただの労働者ではそこまでする義理もないと言えるでしょう
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事