交通事故対策マニュアル

【交通事故】治療中に保険会社から言われる120万と6ヶ月は注意!

この数字が出てきたら100%騙してきてると見ていい
 
 
 
どうも!8ヶ月の間に3回も交通事故にあったAtusiです!
 
 
1回目の交通事故の時は加害者さんは丁寧に謝ってきたので加害者に対しては恨みは全く無く、最初は穏便にするつもりだったのですが、保険会社の東京海上日動の対応があまりにもお粗末だったので徹底抗戦することにしました
 
その時に治療中に「120万円」という数と「6ヶ月」というキーワードを使ってきたら間違いなく騙しに来ていると見ていいでしょう
 
 
今回は私が実際にあった事例を元に、この数字を出してきたらどうして騙しに来ているのかということを記事にしようかと!
 
 

120万は自賠責の通院上限

私が滋賀県で受けた事故を、わざわざ大阪の家まで現在の状況を様子見しに来た時に言われた言葉なんですが
 
 
「通院ペースを落としてください、そうすれば必要経費が120万までに収まるのでAtusi様にもメリットがあると思います!」
 
 
なんて堂々と言われました
 
その時は膝の痛覚が戻らなかったり、肩がおかしかった真っ最中だったので「ん?」と少し疑問に思ったので病院の先生に相談しに行きました

保険も対人対物も制限のはずなのに・・・とは薄々思ってましたがね・・・
 
 
そしたら病院の先生曰く
 
 
「そりゃおかしいよ!120万っていうのは自賠責の通院上限であって、それを越えた時の為に保険会社の保険が存在しているんだろう!?」
 
「つまりアイツラは自分たちのお金を支払いたくないからそんな事を言ってるの!」
 
「それと通院ペース落としたら症状固定の後に後遺症認定するときに通院実績足りないからって非該当になる可能性跳ね上がるよ!」
 
 
とのことでした
 
やっぱりなー・・・と思いつつ、この言葉を聞いてから東京海上日動の担当に
 
 
「ところでこの前120万以内に収めると私にメリットがあるとおっしゃってましたが、どういうメリットが存在するのですか?」
 
 
と聞いた所
 
 

「・・・いや、ないですね」
 
 

 
もうほんとこんな感じでした
 
 
Atusi「120万という根拠は自賠責の通院上限ですよね?それを越えた時の為に保険会社の対人対物の保険が存在してるんじゃないの?」

東京海上日動「はい・・・そのとおりです」
 
 

Atusi「じゃあ何?お前らは自分の金をケチって自賠責の範囲で収めるためにあんなことを抜かしたの?」
 
 

東京海上日動「はい・・・おっしゃるとおりです」
 
 
 
あー!もうクズすぎ!!ぶっちゃけもう

って気分ですね

このように保険会社というのは相手が知らないと思ったら平気でウソばかり言ってきます
 
保険会社の言ってることは全部ウソと見ていいでしょう
 
 
こんな感じなんで加害者が謝ってきたとしても、本気で被害者を怒らせて厳罰希望にされるということは珍しくないでしょう 

 

症状固定の目安は6ヶ月?

もう一つあったのが、一回目の事故から半年ほど治療していたのですが、膝と肩の様子がおかしく、まだ全然治ってる気配がありません

そんな時に東京海上日動のアホから電話が来て
 
 
「通院の上限は6ヶ月と決まっています。症状固定の手続きに入ってください」
 
 

 
ぶっちゃけ前回の事で、まーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーったく信用していなかったので、再び病院の先生に聞いてみると
 
 
 
「そんなの個別のケースで治療の期間なんていくらでも変わるし!」
 
「というか上限6ヶ月なんてよく聞くけど、そんなモノ存在しないよ!」
 
「早く終わらせて少しでも通院の慰謝料を減額したいからそんな事を言ってるの!」
 
「まだ治らないならもうちょっと通院して様子を見るべき!」
 
 
とまたもやありがたく助言を受けました
 
と、同時に「やっぱり保険屋ってのはゴミクズだなー」と再び再認識しましたね
 

 
そして再び東京海上日動のアホに電話したら
  
 
Atusi「通院期間6ヶ月で症状固定って法律かなにかで決まってるの?」

 
東京海上「いえ・・・そんな事はありません」
 
 

Atusi「なら何?法律にも無いこと適当に抜かしてるのお前?こっちまだ全部治ってないんだけど?」
 
 

東京海上「いえそれは当社の規定で・・・」
 
 

Atusi「え?何お前?お前の会社ってそんなに偉いの?法律よりも上なの?」
 
 

東京海上「そんな事はありません・・・」
 
 

Atusi「じゃあこっちがトーシロだと思って騙そうとしてくるのやめてくんない?私はお前らもうミジンコのクソ程も信用してないから!」
 
 
てな感じでしたね

気分はもう
 
 

コレですね
 
あの詐欺連中は一回死なないかなー・・・ 
 

終わりに・だまされないためにも弁護士を介入させましょう

そんな感じで、120万と6ヶ月という数字を出してきたら間違いなく騙してきていると思って見ていいです
 
私の場合は初めてでしたが、幸い医者の先生が信用できる人だったので助言を受けれましたが、知らなければ間違いなく騙されて低い基準で精算されていたでしょうね
 
 
確かにその場は反撃することが出来ましたが、結局は慰謝料の額が弁護士介入させないと本来もらえる額の1~3割に抑えられてしまうので、結局は入れることになりました
 
弁護士を介入させるならできるだけ早い段階で介入させたほうが保険会社の詐欺行為にも対抗してもらえますし、最終的にいれるくらいなら最初の方で介入させたほうが得ですね
 
 

そして弁護士というのは文字面だけ見れば中々ハードルが高いですが、ある意味ではコンビニにいくようなものですしやってみればそう難しいものでもありません
 
良し悪しというよりは弁護士の個性の領域になってくるので、それが自分に合うかどうかってところでしょう 
 

ただ探すためにはある程度は自分で事務所を訪ねてみて、関わってみるべきだと言えます 
 
そしてそんな選択肢を少しでも増やすためにいくつか見つけてきました
 

それぞれすべて
 
・相談料は何回でも0円
・弁護士費用は賠償金から支払われるので後払い(初期費用なし)
・24時間365日全国対応
・弁護士費用特約対応
・成功報酬は20万円+賠償金の10%
 
という弁護士事務所では標準的なモノを集めてきています
  
 

東京ステラ法律事務所 
東京ステラ法律事務所
 
   
  

 
弁護士法人天音法律事務所
 「天音法律事務所
 
 
様々なところがありますが、コレばかりはどの弁護士さんがいいというのは個人的な相性の問題なので自分で調べるしかありません
 
 
例えば
 

・多少悪条件を飲んでも早期解決して欲しい 
 
・時間かかってもいいから徹底的にやってほしい
 
・料金安くていいから交渉だけ煩わしいのでやってもらいたい
 
・料金高くてもいいからみっちりフルサポートして欲しい
 

などなど個人の考え方があり、弁護士さんや事務所も考え方が千差万別なんですよね
 
なので手間はかかりますが、後から後悔のないようにいろいろな弁護士事務所に直接出向いて無料相談して自分の肌で感じることが大事です
 
 

弁護士は
 
「介入させて慰謝料を多くむしり取る」
 
というよりは
 

「介入させないと本来貰える額が騙されて大幅に減額されて損をする」
 
 
という感覚のほうが正しいです
 
なので損をしないためにも交通事故にあったら絶対に弁護士を介入させましょう
 
 
後は現在争っている真っ最中だからこそ書ける実際に調べた知識や体験談などを

交通事故対策マニュアル
 
このカテゴリで色々と書いていますのでよろしければ是非こちらもどうぞ!

 
 

ブラック企業から逃げ出したいあなたにオススメ!
 

・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除した求人を揃えたことを公言する転職エージェント 
経験・学歴不問でフリーターから中途まで幅広く2時間面談でみっちりサポート!
入社後も定期的にサポートあり!

 
・ウズキャリ既卒
 
独自の調査でブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
求人を厳選して少数精鋭になっていますがブラック企業を避けて転職したいのならココ!

 
・就職Shop

実績や経験が浅い20代を幅広くサポート!
企業を100%取材しているので職場の雰囲気や実際の働き方なども事前に調査済み!
ブラック企業のせいで普通のルートから外れて「ワケあり」な人におすすめなので今すぐ逃げたい人向け!

・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた人の生の口コミが沢山掲載されているサイトです!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
 
 

ウチのブログの人気記事まとめ!

ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!

会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

転職したいけど技術がない?スキルアップを学べる講座集めてみたよ!


ツイートツイート

-交通事故対策マニュアル