若者が雑用の仕事を嫌がる理由を実体験より書いてみた!

嫌いって人結構多いですよね
 
 
 

どうも!数々のブラック企業を転々とした経験を持つAtusiです!
 
 
最近交通事故のリハビリの為に病院に通っているのですが、その中でとある建築会社の社長さんと話をすることがありました
 
そしてその社長さんの悩みがあるので聞いてみると
 
 
「最近の若手は雑用を極端に嫌がる」
 
 
とのことです
 
あまりにも下に雑用を押し付けすぎた結果として、その押し付けられた子が辞めたとか聞きました
 
 
私自身も確かに振り返ってみると雑用を押し付けられる事ってものすごく嫌いでしたが、実は雑用そのものは嫌いではありません
 
むしろ雑用でお給料が貰えるなら喜んでやりたいくらいだとは思っているのですが、それでも押し付けてくるような会社はやめたくなるほど嫌いでした
 
一件矛盾するように思うのですが、分解してみると原因は業務内容では無いと感じました
 
 
今回は若い人がどうして雑用を極端に嫌がるのか?ということについて自身の経験からわかった事を記事にしていこうかと!
 
 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

給料が出ない

私が掃除やその他事務な仕事を強制させられた時というのは、大体が定時前か業務終了後か昼休みの休憩の時間といった時が多かったです
 
そういう時間にやらせておいて「これは利益を生んでいないので仕事ではない」といってお給料を出さずにサビ残でやらせる会社がものすごく多いです
 
 
実際に私自身はそういう環境ばかりで仕事をしていましたし、その建築会社でも雑用の時間は仕事ではないと言って無賃金でこき使っているとのことでした
 
「金を出せ」といって要求をすれば「やる気がない」「もういいお前には任さない」だの言って逆ギレする会社って本当に多いですからね 

 
命令をだして無理矢理やらせているのに仕事ではないと言いながらお金を出さないというのは、店先で商品盗んで金を払わずに逆ギレするようなものです
 
そんなのははっきり言ってお客でもなんでもなくただの厄介な泥棒でしかありませんし、労働者から見ればこのような経営者は厄介な泥棒と変わらないというわけです

 
仕事ではないなら拒否をしても全く問題がないはずなのに実際は断ると怒られるということを経験し、徐々に理不尽を押し付けるという姿勢が存在していました
 

自分の仕事に上乗せされる

私自身は雑用そのものはそんなに苦じゃないのでやろうと思えば別にやるのは構いません
 
しかしそれはあくまでも自分の定時内のことだけであり、定時外に組み込まれるのは苦痛ですね
 
 
そして定時時間内は自分の本来の仕事があり、その仕事と雑用が変わるのではなく、そのまま雑用が上乗せされるのですよね
 
本来の仕事をA、雑用をBとするなら
  
 
A → B であれば良いのですが、実際には
 
A → A+B という事になるんですよね
 
 
しかも上に書いたように上乗せされたのに給料は発生しないという事も多いですし、やればやるほど損をするということなんです
 
時給換算でやればやるほど下がるってならそりゃ誰だってやりたくないですよ

時間を圧迫される

雑用を押し付ける会社にありがちなのは、給料の出ないような仕事を無駄に押し付けて時間を圧迫することが多いのです
 
私が過去に雑用を押し付けるような会社で実際にあったのは
 
 
・新人は誰よりも早く着て全員が来るまでに全ての雑用を終わらせなければならない
 
・一番最初に着て、一番最後まで上の人が帰るまで雑用をしていなければならない
 
・仕事は働きに来ているのに、休み時間に休むとか言語道断。昼休みも手を動かさなければならない
 
 
という感じで自由な時間を圧迫する傾向が強いです
 
 

無駄に厳しい・・・を通り越して理不尽な精神論をこすりつけてくる会社が多いんですよね
 
上のようなことも「社会人として当然」なんて納得するアホが多いですが、別にそんなもの聞く必要はありませんし、勝手な俺ルール押し付けでマウント取ってくる傾向が強いのですよね
 
 
「社会人の常識」は非常識!理不尽を正当化して押し付けてるだけ!

関連過去記事 
  
 
 
プロレスでマウント取られるだけでもキツイのに、雑用という道具を使ってぶん殴ってくるようなものだと思えば、雑用のクソさ加減というのが分かるかと・・・

 

終わりに・実際は押し付けられる環境が嫌なだけ

実際の所は雑用そのものが嫌いという人間というのはあまり存在しません
 
むしろ雑用でお金が貰えるならラッキーって思うくらいの意識が低い人が多いんじゃないでしょうか?
 
雑用が嫌というよりは、雑用を押し付けてくる環境がいやという事であることがほとんどです
 
 
実際に就職して感じたのは、雑用を押し付ける会社ほど上記のような傾向が強くあり、そのどれもが労基法違反してるようなクズだと断言していいような会社ばかりでした
 
そもそも利益を早く出してほしいのであれば雑用を押し付けるよりもさっさと仕事に従事させたほうが早く利益貢献出来るというのに、そういう事を無視して雑用ばかりやらせているということで会社のレベルが低いということを無意識に感じられたんじゃないでしょうか?
 
 
新人に雑用を押し付ける会社は辞めるべきブラック企業の特徴だ!
 
関連過去記事
 
 
よっぽど自分が意識が高い人間で無い限り、雑用を押し付けられるのが嫌だと感じるのであれば、雑用ではなくその取り巻く環境が嫌だという可能性が高いです
 
そのような環境であれば早めに転職活動を行って、労基法違反や精神論の擦りつけが当然の環境からは早く逃げ出すべきでしょう!
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
広域で見ると雑用を押し付けてくるというのはブラック企業である可能性が高いという事です
 
そんなのは嫌になるのは当然ですし、それを「社会人の常識」なんて意味不明な言葉で押し付けるような環境からは被害を受ける前に転職すべきでしょう
 

 
 
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事