残業を減らすために早朝出勤を強いるような会社は転職すべきである!

早朝勤務を強いる会社はホントろくでもない
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々とした経験を持つAtusiです!
 
 
最近色々な会社で残業が問題になりつつあり、残業を減らすためにはどうすれば良いのか?ということを考えている会社が増えつつあります
 
ニュースを見ていると
 

◆残業圧縮のために早朝出勤が奨励されている

 最初に取り上げるのは、早朝出勤です。残業縮減と、勤務時間の柔軟性を上げる観点から、早朝出勤を奨励する企業が増えています。

 会社が早朝出勤を奨励しているのは、残業縮減のためだという目的ばかりが前面に出ているので、あるいは、残業という文字から、勤務時間内の後、残って業務を行うという意味にとれからかもしれませんが、早朝出勤をしても残業手当が支給されないと思い込んでいる人が多いようです。

残業圧縮のために推奨される早朝出勤。これって残業代は支給される!?
 

こんな風に残業をやらせないのであれば朝早くからこき使おう!という風にしてくる会社って私もかなり遭遇しましたが、こういう会社は例外なくゴミだと断言していいです
 
むしろまだ普通に残業を行っていた方がマシとも言っていいくらいなんですよね
 
残業削減の為に早朝勤務を強いるような会社というのは問題点はそこじゃないと言いたくなるような間違いをしている上に、そういう会社で働いていると間違いなく段々と労働環境が悪化してきます
 
 
早い話がさっさと転職したほうがいい会社の特徴なので、今回はどういう理由で早朝勤務を強いてくる会社はゴミなのかということについて、過去の自分自身の経験から語っていこうかと
 
 

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

早朝勤務は割増賃金が出ない(と思っている)

早朝勤務は残業と違って割増賃金を出さなくて良いと思っている経営者が多く、実質タダ働きになる事がほとんどになるというのが大問題なんです
 
残業手当という言葉にすると定時時間の後に働いた分を支払わないといけない。というイメージになりやすく、その前の部分は払わなくて良さそうなイメージが何となくありますよね
 
残業手当という言葉ではなく、時間外労働手当という言葉に直すと定時時間からはみ出た分は前も後ろも割増しないといけないというイメージがつかみやすくなるんじゃないでしょうか?
 
 
経営者から見ればタダ働きタイム(実際は違法)で経費を書けずに好き勝手出来るのだから、やらないと損という考えになってどんどんエスカレートしていきます
 
しかも拒否をすれば「やる気がない」「社会人の常識がない」と罵ってしまえばそれで従順な社畜を量産することが出来ますからね
 
 
早朝勤務はどうしても状況によっては必要になる場面というのが発生するのも分からなくも無いですが、無賃金でやらせようとする事が多いのでホントゴミと言えます 
 

早朝勤務をしても残業が減るわけでは無い

もう一つの問題が、早朝勤務をしたからと言って残業時間が減るということはほとんどありません
 
確かに早朝勤務をはじめて少しの間だけは減ることになるでしょうけど、そのうち早朝勤務と残業の両方をいつの間にかするという事になりかねません
 

「んなアホな!」と思う人は、冷蔵庫がパンパンになった時に冷蔵庫を大きいものに買い替えた状況を想像してみるといいかもしれません
 
あれも前の冷蔵庫がパンパンになって量が少ないからと買い替えてしまって余裕が出来ると、余裕があるからどんどん詰めようということになって結局は大きな冷蔵庫でもパンパンになってしまいます
 
労働時間というのは冷蔵庫の大きさ、仕事の量は冷蔵庫に入れるものと置き換えるとわかりやすいですね
 
 
なので残業を圧縮するというのであれば、冷蔵庫を大きくするのではなく、入れるものの量を減らすという事が必要になってしまいます
 
そして一度増えたものを元の冷蔵庫で収めようと思うと絶対に無理になってしまいますので、いつの間にか残業と早朝勤務の2つをやってしまうことになってしまうのです 
 
  

朝の貴重な時間が圧迫される

労働者にとって朝の時間というのはものすごく貴重なものであり、夜が中々寝付けないからこそ朝は一秒でも長く寝たいという人は多いんじゃないでしょうか?
 
今はパソコンやスマフォなどのせいで夜寝付くのが難しくなりつつありますから、寝付けたのであればそれを一秒でも長く伸ばしたいという考えに私ならなりますね
 
そんな朝の時間が削られるということは睡眠時間を削られるのと同意義で、睡眠時間を削ると頭が回らなかったり眠気から事故を起こしたりとロクでもありません
 
 
それだけならまだ良いのですが、朝はみんな出る時間なので車や電車が混雑していて、実際に出社を強いられる時間の二倍か三倍くらいは余計に時間を無駄にしがちです
 
むしろ会社も朝の混雑を避けて出社するようにした方が時間の無駄が減るのですが、こういう事をする会社でこの意見を言えば「やる気がない」「社会人としての自覚がない」と頭ごなしに否定してマウント取られますからね 
 
 
体感朝の時間というのは夜の5倍位は貴重な時間だと思っていたので、ある意味では1時間や2時間の残業をやるよりも辛いと感じていましたね
 

終わりに・問題解決法を間違えているといっていい

残業を減らすために早朝勤務をやるというのは問題の解決方法そのものが間違えているんですよね
 
まるで牛脂で料理したらカロリー高いからラードを使うとか言ってるようなもので、何も解決してないといっても過言じゃありません
 
更にラードじゃ物足りないから牛脂を足したとかになってしまうので、余計に当初よりも悪化する可能性のほうが高いです
 
 
もし残業を削減しようとするのであれば、仕事の効率化や仕事の量そのものを減らすようにしないといけないのに、そういう方向ではなく結局は時間を増やしているようなやり方では楽になるはずがありません
 
下手をすれば・・・というかほぼ確実に労働時間だけ増えた上に、時給換算すると下がるという事になりかねませんからね
 
時間をずらしただけで解決した気になるような間違った方法を取る会社であるからこそそうなると断言できますし、被害を受ける前にも環境そのものを変えるべきです
 

 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
結局は長時間労働が問題になっているという本質を外してこんな事をしている時点で会社の考えの程度が分かりますね
 
そういうついていくのに不安があるという意味でも早めに動くべきだと断言できます
 

ホワイト企業へ転職あっせん付き・ウズウズカレッジCCNAコース

未経験でも最短1か月から最長3か月でCCNAの資格取得が可能で、受講後はホワイト企業への転職斡旋付きの全国どこでも利用できるオンラインスクールです
 
就職・転職をしなくてもフリーランスとしてのスキルを身に着けブラック企業から逃れるための足掛かりに! 

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能(24回で月6875円)
 
 
当ブログよりご利用の方限定で
 
・2週間のコース無料体験実施中
・講師とのMTGは2回受講可能
・体験期間中、学習カリキュラム受け放題
・体験期間中、講師との連絡し放題
・無料体験期間で終了しても就業サポートの無料利用可能
 
と、無料で試せるので、まずは触りだけでも利用してみてはいかがでしょうか?
 

 

おすすめの記事