独身は子持ちの連中と仕事をするな!負担押し付けられて損する件!

子持ちの人間と仕事をすると独身は損する件
 
 
 

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
いつものようにツイッターを眺めていると

 

1. 匿名 2018/03/26(月) 12:33:37 

会社で、何かと〇〇さんは独身だからと仕事をふられます!
例えば、
●土日の研修は 子持ちは大変だから〇〇さんお願い︎
●時間外の仕事になりそうな時、既婚者には前日に伝えていて、独身組には当日伝える。
●時間外の仕事はもちろん独身組に当たり前のようにふる などなど

最近は、もう何と思われてもいいから、その日は旅行です!や今日ジムですなどなど 言い返します。

独身の方、暇だと思われた経験ないですか?!

独身だって暇じゃない︎

 
こんなのが流れてきました
 
 
私も仕事したことある身なのでホントコレには同意
 
独身者は子持ちの連中と仕事をすると損することばかりしか無いので関わりを避けたほうが良いと感じましたね
 
本当に独身者は子持ち連中とは関わりたくない
 
 

特に卒業式や運動会や入学の時期とかそういうイベントごとは百歩譲って仕方ないとは言えますが、常に子持ちであるということだけで何かしらの負担を押し付けてきますからね
 
 
プライベートで勝手に結婚して子供を作ったのは自分の勝手なのに、そのツケを関係の無い人間が負うのはおかしいことなんですよね
 
今回はそんな子持ちと独身者が一緒に仕事をすると、どうして独身者が損するのか?ということを自身の経験から書いていこうかと!
 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

助けてもらって「ありがとう」から「当たり前」に変わる

これは子持ちに限らないのですが、人間というのは慣れやすい生き物です
 
 
最初は子持ちの事情を考慮して仕事を手伝っていると最初は感謝されます
 
 
最初は
 
 
ですがやっている内にいつの間にか好意でやっていたはずのことが、いつの間にか当たり前に変わる瞬間というのが確実に存在するのですよね
 
そしてやってもらうことが当然になってしまった状況で、たまに何かこちらの事情で手伝えなくなった時にものすごく責められます
 
 
私の経験上では、仕事ではお互い様という考えは割と短期間に負担をかける側が交代しないと浸透しませんが、子持ちというのは子供を消すわけにもいかないので常に負担が発生しています
 
その結果として負担を交代で肩代わりするということが絶対にないので、その結果として「負担を肩代わりして当然」という傲慢な考えになってしまうのです
 
 
別に恩着せがましくするつもりも常に感謝しろとは言うつもりはありませんが、普段助けているのにたまたま助けられない状況になって責められるのは完全にお門違いです
 
更に子持ちは世の中を見てても常に疲れ切ってストレス貯めているので、その矛先がそういう時に向くのでたまったもんじゃないですね 

 

多く仕事を回されても得がない

別に子持ちとか事情がある人から負担というか仕事量を多く回されたりするのは組織でこなす仕事がある以上は仕方のないことかもしれません 
 
しかし仕事を多くこなしたり負担を肩代わりしたからと言って、給料が増えたり休みが増えたりすることというのは絶対にありません
 
 
子持ちの仕事を減らしてこっちに回してきたのであれば、子持ち分の報酬をこっちに上乗せしないと完全に独身側が損しかしてないんですよね
 
 
そういう事を口に出せば「甘えるな」とか「配慮が足りない」とか言われたりしますが、実際に配慮が足りないのは負担を好意に甘えて押し付けている会社や子持ちだと言えます
 

  

子持ちの負担を軽減しないと周囲から責められる

上にも少し書きましたが、そういう子持ちの負担を軽減しないと周囲から冷酷とか配慮が足りないとか言われたりすることが多いです
 
 
会社というのは独身は暇だと思っている事が多く、なんでも「独身がやって当然」という考えになりがちです
 
本来であれば定時時間の後は暇であろうが忙しかろうがどうでもいいことのはずで、同じ待遇で雇われているのだから同じ仕事量であるべきなんですけどね・・・
 
 
私もある時本当に限界が来て、今まで子持ち負担を受け入れてたのを拒否したことがあったのですが、その時に上から呼び出されるわ子持ちは泣き出すわと散々な目に合いました
 
わざわざ個室に入れられて1時間ほど今まで手伝っていた事を無視して責められましたが本当にアレは無いなって感じましたね
 
 

終わりに・仕事をするなら自分の利益だけを追求するべき!

仕事をするということは自分が利益を得るためにやっている行為で、他人のために働いているのではありません
 
子持ち勢を助けたとしても、助けられて当たり前というスタイルになることが多いですし、自分に返ってくることというのはほぼ無いと言えます
 
更に忙しい時期を乗り越えたら会社から居なくなることも多いので恩返しとかされる事もありませんからね
 
 
どんなに冷酷とか言われたとしても自分を犠牲にしても会社というのは絶対に良いことはありませんし、他人がとやかく言ってきて自己犠牲することを強いてきますが、それはあくまで強いる側に得があるからなのです
 
強いられる側からすればたまったもんじゃないですね
 
 
だからこそ会社で働く以上は他人のことよりも自分の利益を最優先すべきですし、自分の利益を取るという意味では子持ちなんかと一緒に仕事をすると損しかしないので自分の利益が犠牲になってしまうのです
 
負担を肩代わりして何か利がある職場であればそのままでもいいでしょうけど、そうでも無いなら周囲の人間関係も、会社の評価としても自分の利益には良いことは無いので早めに見切りを付けるべきです
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
子持ちというのは勝手にプライベートで好き放題やった自己責任でしかありません
 
そんなプライベートで好き勝手やった負担を仕事でこっちに押し付けてくるような連中からはさっさと離れるべきだと言えますね
   

 
 
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事