裁量労働制の拡大が今話題になってるけど成功するわけ無いじゃん

現状でも悲惨な事になってるのに・・・
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
今ネットを見ていると裁量労働制というものがものすごく話題になっていて見かけないことが無い日がまずないくらいですね

意見を見てみるとほぼ全面的にネガティブな意見ばかりで否定的なように思います
 
 
私自身もかなりネガティブに捉えていますし、現状でも悲惨な事になっているのに成功するわけがないとかなり否定的に見ていますね
 
今回はこの裁量労働制はどうして失敗するか?ということについて私の意見を書いていこうかと
 
 

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

まず裁量労働制とは?

意外とこの言葉を見たり聞いたりするけど中身を知らないって人は多いんじゃないでしょうか?
 
労働時間と成果を切り離してしまうことで大きく見た成果制度という感じがイメージし易いかなと
 
 
成果さえ出せば好きな時に出勤しても帰ってもいいよーってな感じですね
 
仕事が出来る人であれば労働時間を短縮できるというメリットが労働者にあるんですよね・・・見かけ上は・・・

 

労働者側に裁量する権限が一切ない

私自身も職場の制度として裁量労働制が認められている職場に行ったことがあるのですが、労働者には労働を裁量する権限が無いんですよね
 
例えば裁量の1つで表面上は出勤時間と退社時間を自由にずらせるフレックスなんてものがあったりしますが、実際には今の日本では勤務時間をずらすことはまず許されません
 

そしてなぜか「早く来て早く帰る」と「遅く来て遅く帰る」という本来であれば一長一短なはずが、悪いところだけ組み合わさってしまって
 

「早く来て遅く帰る」
 
 
ということになりかねないのです
 
・・・というか私が居た会社は実際そうなってましたね
 
 
日本の職場って苦労を美徳とするアホが多いので、いつの間にかそのしなくてもいい苦労部分だけ抜き出して短所のみを掛け合わせるという意味不明な事をしてくるのです
 
裁量制度を導入してしまうと、いつの間にか苦労の最大値部分だけ抜き取られてゴミ化するということに・・・

  

現状では残業代抑制で定額働かせ放題に確実になる

この裁量労働制の特徴は支払う金額が労働時間に依存しないので、一定金額になるというものなんです
 
そのせいで「従業員定額使い放題」なんてケータイの通信料みたいな事を言われてしまっているんですよね
 
 
裁量労働制を実装しているところでも、自分の仕事が早く終わったからと言って帰れることはまずありません
 
仕事が終われば次の仕事を時間いっぱい入れられるのでわんこそばみたいなことになってしまうのです
 
 
食べ放題とかで少しでも元を取ろうとして必死に食ったり
 
通信料使い放題であれば徹底的に使い込んだり
 
料金が定額であれば一番利益が出るようにしようとしてしまうのは人間の本能なのです
 

 
そして何よりも管理職という残業代を抑制する存在がまさに現在の失敗している例の象徴とも言えるんです
 
アレも労働時間は伸びたのに、残業代が発生しないからかえって収入が減ったということも珍しくありません
 
収入が減ってるのに定額になると徹底的に使い込まれてしまうという現実の例がもう既にあるんですよ
 
その結果として出世を目指す人ってかなり減りましたからね
 

 

終わりに・裁量労働制を導入する会社からは逃げるべき

結局は「働かせ改革」として、定額で人を使い潰すかということしか考えてない証拠なんですよね
 
現在でも似たような事例があって失敗していると言ってもいいのに、裁量労働制で良くなるって考えてる奴がいたら経営者側の人間が頭がお花畑のどっちかでしょうね
 
 
本来の意味であれば優秀な人がぱぱぱっと労働時間を時間を短くしてプライベートを充実させることも出来るんでしょうけど、実際は失敗している例があることから仕事が無限湧きして全然裁量制が機能しないでしょう
 
本当に良いものであれば1つくらいは成功例というのがあってもいいのに、どれだけ見ても否定や失敗意見ばかりで1つもいい意見を見たことが無いということで満場一致でゴミ制度だと言っていいでしょう
 
  
だからこそ裁量労働制の拡大になるような所は労働者視点で見て絶対に得はしないので辞めるべきと断言できます
 
下手すれば過労死で会社に殺されかねません
 

 
ブラック企業から逃れるための就労支援「ウズキャリ」の各種サービスを紹介する! 
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
労働者に裁量の選択肢がない時点で絶対に失敗すると断言できるので、拡大の対象になるようであれば転職しておくべきでしょう
 
あんなもので得するのは上の人間だけなので、下の人間は自分の利益を優先するためにもそういう場所からは逃げるべきです
 

ブラック企業を徹底排除した転職サービス・ウズキャリ各種!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 
 

・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です

一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!

IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
 
 

・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら! 

詳細はこちらにて!取材をしてきました!

おすすめの記事