交通事故対策マニュアル

交通事故経験して分かった!被害者になった時に必要な知恵を書く!

2018/09/25

こんな知識二度と使うこと無いだろな・・・って思ってた矢先・・・
どうも!今回で3度めの交通事故に遭遇したAtusiです!
 
 
難波に向かってチャリンコ走らせて居たのですが、その時に
 
 
ヘッタクソな図ですがこんな風に事故に合いました
 
ちなみにコレ車はいきなりバックで突っ込んで来て、こっちは回避行動を行ったのに誘導してきて突っ込まれました
 

 

 
いろいろ余裕ぶっこいてますがかなり痛くて気を紛らわせるためにこんなことばかりつぶやいてました
 

不幸中の幸いだったのが2回目の事故と違ってちゃんと相手が謝罪してくれたことは大きかったですね
 
前回よりも大きなストレスを貯めずに済みました
 
 
交通事故に関するアンケートをとってみると
 

 

やはり一番多いのは事故にあったことが無いという人が多いですね
 
そこで今回は3回も事故にあって分かった知識をまとめて色々と紹介していこうかと!
 
 
 

とりあえず警察&救急車は必須

交通事故の被害者になったら、絶対にその場で警察と救急車は呼んでもらったほうが良いです
 
とりあえずこの2つさえ呼べば、後から何があっても事故の切り替えや事故による最悪の事態は回避できる可能性が大きく上がります
 
 
警察への届け出をしておかないと、後から言ってもまともに対応してもらえないので、事故証明が発行できずに相手の保険への請求が出来ないってこともあるみたいです
 
ちなみにその場で現場検証をしなくても「事故があった」という報告さえしておけば後から人身に切り替える事も出来るので本当に大事ですね
 
物損と人身とでは慰謝料や賠償が大きく変わってくるので、出来れば早い段階で人身にしておくべきですが、後からでも出来るようになるので連絡さえすれば慌てなくていいでしょう
 
 
救急車についても、早めに検査しておかないと何があるかわからないので、これも本当に症状が分からなくても絶対に救急搬送してもらって体を診てもらうべき
 
私の場合は今回の事故で最初は左足の脱力だけだったのですが、後から胸がだんだん痛み出して、救急搬送されたタイミングくらいで胸が激痛でまともに動けませんでしたからね
 
交通事故直後はアドレナリンが出て痛みを抑えたり鈍く感じるらしいので、その間に安全圏まで移動しておかないと後からがすごく大変です 

  
 

警察との現場検証や被害者調書の作成は警戒しておくべき

前回、大阪の布施警察署の交通課に取り調べを受けたときは、誘導尋問と脅迫がひどくまともな調書とは言い切れないものが出来た上に、それに事前説明無しでサインさせられるということがありました
 
 
 やはり証拠がある状況では迂闊なことが出来ないと言うことと、普段からやっている行動がいかにクソなのかということを自覚してやってるのかと本気で感じました
 
とは言ったものの、別にこちらは捏造とかはしたりする必要はなく、ありのまま話すべきだとは思いますけどね 
  
 
警察が「納得しないと刑事罰を与えるぞ」とか脅迫をしてくるのは、まともに対応すると手間が増えて面倒だからという理由を聞きましたが、実際その通りとしか思えません
 
管轄によっては本当にチンピラ集団みたいなのもいますし、そういうのが取り締まる側になると権力でやりたい放題してきます
 
なのでそういうのに対抗するために録音して証拠を残しておくというのはかなりの抑止力になるのです
 
  
 
それと最後に現場検証後にサインを求められますが、一度サインをしてしまうと後からひっくり返すのが困難になってしまうので、納得できなければ絶対にサインはしないこと
 
2回めの時に納得できない状態でサインしてしまってかなり悶々としましたからね・・・
 
 
ただ全ての警察署がそうではなく、3回目の事故にあたる天王寺警察署の方では脅される事無く親切丁寧に説明されスムーズに事が運びました
 

   
かなり身構えて居たのですが拍子抜けw  

   
  
普通であれば脅迫してこないのが当然のはずなんですけどね・・・
 
 
地域差がかなり激しいみたいで、同じ大阪でも天王寺警察署と布施警察署で天と地の差がある対応をされました 
 
初めから喧嘩腰で話す必要は無いですけど、対応が一瞬でもおかしいと違和感を感じたら即座にボイスレコーダーを用意出来るようにしておいたほうがいいです
 
 

どんなに知識があっても弁護士は雇うべき

交通事故の次の段階は保険屋と揉める事になるのですが、相手がどんな保険屋であってもまともに賠償することは無いので弁護士は絶対に雇うべき
 
今回の保険会社は三井住友海上でしたが、前回の東京海上日動に負けず劣らずのクズっぷりを発揮してきましたね
 
今までの事故の経験で過失割合には自分で言うのもなんですがかなり詳しくなっているので、相手がウソを言ってきているのは容易に分かるようになりました
 
 
しかしいくら自分で知識があったとしても、向こうは弁護士が介入するか裁判にならない限りは不当な割合を押し付けてきますし、それをゴリ押ししてくるんですよね
 
そうなるとどっちにしろ裁判をするしか無いので、民事裁判では弁護士がいないと裁判官の印象がかなり悪くなり、正当な判例を受けることが困難になってしまいます
 
 
どっちにしろ弁護士を雇わないとまともな賠償は受け取れないので、それであれば最初から介入させたほうが色々と面倒がなくなりますので、いの一番に介入させるくらいでちょうどいいでしょう
 
 
 被害者になってしまって弁護士さんを探すのであればいくつか見つけてきました
 

東京ステラ法律事務所 
東京ステラ法律事務所
 
・相談料は何回でも0円
・弁護士費用は賠償金から支払われるので後払い(初期費用なし)
・24時間365日全国対応
・弁護士費用特約対応
・成功報酬は20万円+賠償金の10%
 
 
琥珀法律事務所(交通事故示談) 」
   
・相談料初回無料(以後30分毎に5000円) 
・全国で対応可 
・着手金20万~ + 成功報酬20%~
 
様々なところがありますが、コレばかりはどの弁護士さんがいいというのは個人的な相性の問題なので自分で調べるしかありません
 
 
例えば
 

・多少悪条件を飲んでも早期解決して欲しい 
 
・時間かかってもいいから徹底的にやってほしい
 
・料金安くていいから交渉だけ煩わしいのでやってもらいたい
 
・料金高くてもいいからみっちりフルサポートして欲しい
 

などなど個人の考え方があり、弁護士さんや事務所も考え方が千差万別なんですよね
 
なので手間はかかりますが、後から後悔のないようにいろいろな弁護士事務所に直接出向いて無料相談して自分の肌で感じることが大事です
 
似たような条件が多いですが最終的には人柄や実績で判断することになるかなって感じましたね 
 

 
 
 
交通事故相談カフェプロモーション 
 
他にもこういうのがありますので、無料で気軽に相談してみてはどうでしょうか?
 
 
 
 

 

終わりに・常に交通ルールは守って行動しておくべき

そして事後になってからはどうしようも無いのですが、常に交通ルールは正しく守って行動しておかないといざという時に過失割合を決める時にかなり不利になります
 
過失が1割変わるだけで賠償額も1割以上変わってくるので本当に大事な数値です
 
 
私は1回目の事故から常に正しくルールは守ってきたので、以降の事故でも正当な主張をすることで大きな金額を勝ち取れる状況を作ってきましたからね
 
 
なので本音を言えば事故に合わないことが一番いいのですが、もし起きたとしても自分の正当性を主張するためにも絶対に普段から交通ルールは守っておいたほうが良いと断言します

 

ブラック企業から逃げ出したいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除した求人を揃えたことを公言する転職エージェント 
経験・学歴不問でフリーターから中途まで幅広く2時間面談でみっちりサポート!
入社後も定期的にサポートあり!

・就職Shop 
フリーター、ニート、第二新卒、社会人経験無しなど 通常の就活から外れてしまった訳アリな人向け!
企業は100%取材を行い給料や会社の雰囲気などしっかりと調査済み!
書類選考がなく、4人に3人は正社員未経験の未経験者歓迎の求人中心!

・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた人の生の口コミが沢山掲載されているサイトです!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!

 

ウチのブログの人気記事まとめ!

ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

ブラック企業が辞められない!退職代行で妨害や脅迫に対抗しよう!

ツイートツイート

-交通事故対策マニュアル