交通事故対策マニュアル

交通事故で保険屋と揉めたら弁護士呼べ!経験談から分かった選ぶコツ!

ホントあいつら屑だわ・・・

どうも!連続で交通事故の被害者になり、相手の保険と揉めてるAtusiです!
 
 
ついこの前まで
 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!  
 
 
こんな感じで揉めてて、話がまとまりそうだったのですが
 
 
 
 
・・・と言わんばかりに、いきなり手のひらを返した上に相手が弁護士を出してきました
 
うーん・・・東京海上日動って相手にしてて思うけど、控えめに言ってあいつらクズだわ
 
 
人を騙してくるし、脅してくるし、慰謝料払う気無いし、弁護士呼ぶし・・・と相手にしてて疲れてきます
 
それが向こうの目的で、そうすることで払うものを出さずに大きくなったクソな会社だと感じますけどね・・・
 
 
私も最初は弁護士費用をケチって徹底抗戦のつもりでしたが、段々とめんどくさくなってきたので弁護士を何軒も回って契約してきました
 
本当に10件近く色々と話しまして、様々な理由で断ったり断られたりしました
 
多分、何事も無ければこんな経験をするような事はまず無いでしょうし、知らない人も結構いるんじゃないかなと 
 

今回はそんな弁護士を選ぶ時のポイントを肌で感じたことを書いていこうかと!
 
 

弁護士事務所によって大きく値段が変動する

弁護士というのは、値段が一律ではなく事務所によって大きく変動します
 
当然っちゃ当然ですが、馴染みがないとこういうこともわからないかと・・・
 
 
弁護士なんて普通であれば一生関わらないような人たちである可能性がありますし、料金のこととかまず知らないでしょう
 
私も最初はどれも全部一緒に見えましたね・・・ 

 
私が交通事故案件でよく見たパターンは
 
 
・相談料無料 or 1時間 5000円~1万円
 
・着手金無料 or 10万~20万
 
・成功報酬 全体の取れた利益から10~35% or 保険屋から提示された額から増額出来た利益の10%~40%
 
・切手代などの実費 無料 or 全額実費
 

と、料金体系は千差万別
 
この4つが色々と組み合わさって事務所によって値段の差というのはかなり存在しています
 
 
この言葉はだいたいどれも予想はつく言葉だと思いますが、その中でも着手金ってのは普通の人は聞き慣れない言葉なので解説しておくと、依頼をした時点で成功しようが失敗しようが取られる額ですね
 
コレは固定費であることが多いです 

 
私が見た中で一番安いので、成功報酬15%と実費のみ、一番高い所だと着手金20万+成功報酬の35%という大きな開きがあり、取れそうな慰謝料を電卓で弾いてから料金を抜いてみると大きな差が出てきます
 
特に値段が高くなると提示された額を下回り、何のために弁護士を雇ったかわからない「費用倒れ」という現象も発生します
 
 
なので交通事故で揉めたら一番は敵からお金をむしり取ることなのに、その取る額が少なくなってしまっては無意味なんですよね
 
そのためにも料金ってのはしっかりと見るべきだと断言しますね
  
 
それと弁護士によって案件で得手不得手が確実に存在し、弁護士が交通事故が苦手分野だった・・・なんて事になれば悲惨です
 
ただネットを見れば「交通事故専門or事故に強い」という言葉は目にしますので、それらを基準にすれば間違いは無いと言えるでしょう
 

 

高くてもクソな弁護士、安くても良い弁護士は居る

料金体系がこれだけ色々あると迷うのですが、やはりお金と同じくらい大事なことは良い弁護士さんを雇うという事
 
私がネットで見た意見では

 
「安い弁護士は質が悪いから安物買いの銭失いになりやすい」
 
「高い弁護士さんなら質がいいから払った以上の価値はある」
 
 
という意見を両方目にしました
 
 
実際に大阪で10件を超える事務所を回って感じたのは、これらは半分正解で半分は間違いだということです
 
高くても人を見下したような感じで不快感を感じる弁護士も居たし、逆に値段が安くても丁寧に対応してくれる所もありました
 
もちろん安くてゴミクズかと思えるようなのも居ましたし、いい弁護士そうだったけどあまりにも費用を取られるので下手すれば赤字になりかねないような事務所もありました 

中には「こいつ弁護士か?」って思えるくらい知識が浅すぎて、2週間程度勉強した私のほうが知っているというとんでもないのも居ましたね・・・
 
 
食べ物に例えれば、安くても美味しい食べ物はあるし、高くてもゲロ吐きそうなマズイ料理も存在します
 
それと同じことが弁護士にも言えるので、値段と実力はあまり関係はない感じですね
 
どうせなら安くて良い弁護士さんが味方につけば心強いです
 
 
ただCMとかで見るような弁護士事務所は、その分お金もかかっているので料金体系が上がる傾向にありますが、知名度の関係で経験値が他よりも大きな可能性があります
 
更にそういう所はがめつかったりするので、交通事故の被害状況が軽ければ「お金にならないんで断ります」なんて断り方をしてくる所もありました
 

  

事務所はよくても一部がクソ弁護士というのは存在する

1つ面白いなって思ったのが、事務所はいい人の集団であっても、例外的にクソ弁護士が居るというパターンが存在します
 
 
実は弁護士事務所を探している時に、病院の先生から良い弁護士さんを紹介してもらったのですが、相手が呼んだ弁護士と同じ事務所だったという事がありました
 
弁護士ってそんなに数が居るわけでは無いので決して珍しいことでは無いらしいのですが、そのせいで別の事務所に当たることに・・・
 
 
私がお話した弁護士さんも相手の弁護士を知っているらしく「あの人は控えめに言ってかなり問題がある人」って発言をしていましたね
 
実際、私も連絡を意図的に遅らされたり面倒事はたらい回しにさせられそうになったりと直接対応してれば確実にブチ切れてるようなクズでした
 
しかし同一事務所の別の方と話したときはそんなことは一切なく、その事務所唯一の汚点とか噂があり、実際に関わるとあながちウソでも無いって感じました
 
 
なのでいい弁護士かどうかってのは、本当に個人差があると思います
 
ただ自分で関わって感じたことは比較的ではありますが、大手の沢山弁護士が居るような雇われより、個人でやっている小規模のほうがいい人と巡り会えた可能性は少しばかり高いんじゃないかなって感じましたね
  
 
 

終わりに・「この人だったら負けてもいい」と思える人がいい

実際に私が最後にお会いした人と話した時に
 
「この人と一緒に戦って負けたとしても納得できる」
 
と確信した人と組むのが一番いいと思ってます
 
 
安い高いはもちろん、上から目線や腰砕けと言えるくらい低姿勢な人も居ましたし、時間はかかってもいいから裁判起こして徹底的にやると宣言する血の気が多い人も居れば、裁判を起こさずに穏便に迅速に済ませようとする人まで本当に様々な人が見れましたね
 
なので本当に値段などはもちろんの事、他にも納得出来る点があればどういう結果になっても納得出来ると言えるのは大事な事です
 
 
そのためにもある程度の口コミというのは目安になりますが、実際は本当に会ってみて自分と波長が合うかどうかということが大事です
 
 
例えば私の場合だったら
 
 
・料金はできるだけ安く
 
・長期化していいので徹底的に闘って欲しい
 
・妥協できる点は若干高い
 

という希望がありましたが、人によっては逆に金に糸目を付けない代わりに早期決着で穏便に済むなら多少の不利は受け入れる・・・って人も居ますからね
 
 
良し悪しというよりは弁護士の個性の領域になってくるので、それが自分に合うかどうかってところでしょう 
 

探すためにはある程度は自分で事務所を訪ねてみて、関わってみるべきだと言えます 
 
そしてそんな選択肢を少しでも増やすために
 
 
 
交通事故相談カフェプロモーション
こんな感じで交通事故に強い相談先を見つけてきました
 
なかなかいい弁護士さんを探すというのは骨が折れますが、妥協せずにやらないと後から絶対後悔することになるので、手を抜かずに労力をかけるべきだと断言します

ツイートツイート

-交通事故対策マニュアル