社畜批判

「昔は100時間残業」「若者はひ弱」な老害は現代を理解してない件

2018/01/04

少し話題になってますね
どうも!今まで数々のブラック企業を転々とした経験を持つAtusiです!
 
 
少し前に「池上彰が2017総ざらい 知らずに終われない今年のニュースTOP50」という番組で流れた
 
 
 
 
 
 
 

 と、こんな感じで長時間労働に絶えれない若者を「ひ弱」とかディスるのが話題になりツイッターで拡散されてましたね
 
 
私個人の意見としてはこの様な事を言う人間は間違いなく老害だと思ってますし、今と昔とは状況が違いすぎるので現実が分からんロートルは黙ってろって気分です
 
間違いなく今の若い人はひ弱とかそういう問題じゃない環境で働いてるって言えるんですよね
 
 
というか私が10年間外で働いてた時もリアルタイムで時代は変化してましたが、仕事って逆にどんどん大変になるのに給料は下がる一方ですからね
 
確実に昔の環境で長時間労働を自慢するような老害に今の環境で同じことをやらせたら100%音を上げると断言できますね
 

今回はそんな現代と昔と違うと感じたことを実体験より記事を書いていこうかと
 

 

今は働いても給料が増えない

まず上の画像にある、70~100時間ほどの残業をすることで給料が倍くらいになるということですが、現在の環境ではまずありえない話なんですよね
 
しかもこれは年収とかボーナスとかじゃなくて月給で喋っているので現代ではまずありえない
 
 
私自身も数々の職場で過労死ラインを超えて残業を行った事がありますが、それによって給料が増えたことはまずない常態で、大体がサビ残かみなし残業ばかりでした
 
なのでどれだけやっても給料が増える事も一切無いのです
 
 
バブル期であれば残業代を貰わずにサビ残することでやる気を見せつけボーナスでより多く回収するなんてテクニックも存在していましたが、現代では逆にサビ残をしないとやる気が無いとみなされて解雇されるパターンが存在してます
 
昔ならやることでプラスだったことが、今はやらないことでマイナス扱いといういつの間にか手段と目的がすり替わる日本らしい事になってますね
 

更に今は長時間労働に関して世間の目が厳しくなりつつあるので、そういう環境を改善するのではなく、隠そうとしていて表に出にくくなった結果として労働時間だけ増えて給料が増えないという環境になってます
 
 
なので働いても給料が増えないというのであれば、時給効率を上げるためにも早く帰りたいと願うことは至極当然な事なのです
 

 

仕事の密度が違いすぎる

これは私が仕事をしていてリアルタイムに感じたことですが、昔と今との仕事の密度というのは全く違います
 
 
例えば団塊や老害の世代なんかは定時の時間中は全く仕事をせずに何処かでタバコを吸うか昼寝していて、定時が終わって残業になってから仕事をやりだす人間が多いんですよね
 
これは本当に私が仕事をしていた時代までありえることで、労働時間だけ長く密度はスッカスカだったりするのです
 
 
しかし現代の若者の仕事というのは様々な機器やITの発達によって昔のスッカスカの仕事量よりも遥かに多い生産量になっています
 

昔だったら100の仕事があったとしてそれを200に薄めてやっているイメージ
 
現代の人は100の仕事を1に圧縮した上で150近くやらされてるイメージなんですよね
 
 
技術の発達で仕事が楽になるどころか、その詰めた分に更に仕事を詰められるので密度が全然違います
 
間違いなく昔よりもゆとりなんて全然ないし、途中でタバコとか昼寝とかしてたら絶対に間に合わないし、というかしなくても間に合わないくらいキツキツの予定を組まされているんですよね
 
 
更にその技術の会得難易度も年代が上がるに連れて確実に上がってきてますからね
 
わかりやすい例で例えたらプログラマとか昔は簡単な言語1つで高給とれてましたが、今ではいくつあるかわからないような言語を多数習得して生活保護以下の給料という状況も珍しくありません
 
必要技術は確実に年々あがってるのに、報酬は年々下がっていくという状況なのです 

 
そんな余裕の無い上に仕事を詰められている現代人を、内容スッカスカで時間さえ過ぎればどうとでもなる時代の連中がひ弱とかディスる資格は一切ないのです 

  

そもそもお前らの尻拭いさせられてんだけど?

そしていつも感じることですが、老害が美味しい部分だけ食い散らかして、後の世代にはゴミを押し付けてドヤ顔してると思うと腹立つんですよね
 
 
上記のサビ残でボーナスの話もそうですが、確かに昔であれば旨味もあったのでやる価値もあったかもしれませんが、今ではそのやる価値が無いどころか確実にマイナスになっている負の遺産を処理せず勝ち逃げ
 
他の労働環境についても似たような事が言えるでしょう
 
 
税金や保険に関しても確実に昔のほうが優遇されていますし、今は給料が低くなった上に取られるモノのペースが年々上がっていくという恐ろしさですからね
 
私が仕事をしていた時も昇給ペースを遥かに上回る速度で税金の金額が上がっていきましたからね
 
 
そういう老害の後始末を押し付けられて苦しい状況に陥ってるのに「ひ弱」とか発言する時点で完璧に老害でしかありません 

 

終わりに・報酬がないなら普通の環境で働きたいは贅沢でもない

そういう風に現代は仕事に入れ込んでも確実に報われない世代だと断言できます
 
そういう旨味がないならせめて普通の労基法を守っているような環境で働きたいってのは贅沢でもなんでもないんですよ
 
というか本来であればそれが普通のはずなんですけどね
 
 
状況が完全に変わっているのに、そういうことを理解しないような老害こそさっさと滅びるべきだと言えるでしょう
 
もし身近にこういう人間がいたら間違いなく手遅れなのでどうしようもない上に、こちらへは被害しか無いクズと言えるのでいち早く逃げるべきだと断言します
 
  

会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
こういう発言をしている人間とは関わるべきではありませんし、職場でこういうのと遭遇したことがありましたがどれも例外なくこちらには危害しかありません
 
今の時代は間違いなく報われない時代なので、ならば少しでもいい環境を目指して転々とするのは当然のことと言えるでしょう
  

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

 

 

ブラック企業から逃げ出したいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除した求人を揃えたことを公言する転職エージェント 
経験・学歴不問でフリーターから中途まで幅広く2時間面談でみっちりサポート!
入社後も定期的にサポートあり!

・就職Shop 
フリーター、ニート、第二新卒、社会人経験無しなど 通常の就活から外れてしまった訳アリな人向け!
企業は100%取材を行い給料や会社の雰囲気などしっかりと調査済み!
書類選考がなく、4人に3人は正社員未経験の未経験者歓迎の求人中心!

・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた人の生の口コミが沢山掲載されているサイトです!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!

 

ウチのブログの人気記事まとめ!

ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

ブラック企業が辞められない!退職代行で妨害や脅迫に対抗しよう!

ツイートツイート

-社畜批判