社畜批判

パワハラクソ上司の対策は「殴る」のが一番効果があるぞ!

コレは間違いないと確信しています

どうも!過去にアルバイトしてた時にヤクザの嫁に蹴りをかました経験のあるAtusiです!
 
 
ちなみにその時の経験談は
 
book○ff(○ックオフ)がヤクザに絡まれたりブラックバイトだった件
 
コレです
 
 
こういう事を書くと「暴力は犯罪行為」とか言う輩が湧いてきますが、実際にパワハラ上司と遭遇して様々な対策を使った経験があるのですが、一番効果があったのが暴力でしたね
 
 
 
ほら最近ようつべで人気の彼も拳で抵抗すると言ってますし・・・
 
 
けど冗談はさておいて、ぶっちゃけ他の方法で仕返しするのは効率がものすごく悪かったり効果がなかったりすることが多く、自身の経験では本当に暴力というのは最後の手段かもしれませんが最大の効果を発揮する対処法だということが経験で分かりました
 
暴力は犯罪とか言う声もあったりしますが、向こうはこっちを殺しにかかっているのにそんなことを言ってる暇は無いんです
 
それに奴らは人のフリをした獣なので、獣には言葉でどうにかするなんて悠長な事は言ってられません 

  
今回はこのパワハラクソ上司に対しての対策に暴力がどうして有効なのか?ということについて自身の経験でわかったことを書いていこうかと
 
 
 

会社のパワハラは詰み将棋!勝つには盤をひっくり返せ!

会社でのパワハラというのは、将棋で言えば王単騎で向こうは全部揃ってる状況で勝負をするようなものです
 
控えめに言って積んでる状況なので、よほどの実力差が無い限りは勝てるとは思えないことばかりなんですよ
 
相手は会社という内部の立場を利用して、しかも辞めれば不利になる(と思ってる)から好き放題出来るのでかなり不利です 
 
 
そういう勝負であれば遊びで受けるにはいいんでしょうけど、生活がかかっている場面でこんな勝負を強要するというのは勝ち目のない勝負を無理やりやらせてマウント取るようなもんです
 
で、あればルール無視で勝負を終わらせるには盤面をひっくり返すくらいのことが必要なんですよ
 
盤面をひっくり返すのはルール違反ですが、最初からおかしな勝負を仕掛けてきてるのでルールもへったくれもありません
 
 
それを現実世界で例えれば、法の外にある「暴力」を行使するというのは非常に有効な戦術なのです

  

イジメと抵抗は同じ暴力でも違う

よく「暴力はいけないことだ」と頭ごなしに否定する人間が居ますが、この場合は状況が違うと思ってます
 
同じ暴力でもイジメとかで自分の欲求を満たすためだけなら最低ですが、抵抗の為の暴力は自分を守る為なのです
 
 
イジメられるやつに原因があるとか言っても虐めていい理由にはならないので仕掛けてくるほうが確実に悪いです
 
そしてパワハラってのはこのイジメに近いことなので、仕掛けてきてる時点でどういう理由があってもクソ上司の方に非があるんですよ
 
 
イジメでも止める方法で一番の有効手段なのはやり返して徹底的に叩きのめし、相手の意志をへし折ることが一番の方法です
 
相手はイジメてきているので、そこには法がどうこうとか言ってる場合じゃないんですよね
 
 

 

訴えられる可能性は極めて低い

仮に反撃することで訴えられたりしないか?という事を聞かれますが、相手を殺しでもしない限りは訴えられる事はまず無いでしょう
 
 
その理由としては、パワハラをしていたというれっきとした理由があり、事が大事になったとしても情状酌量の余地があるとみなされたり、過失相殺される可能性が高いという事
 
簡単に言ってしまえば目には目を、歯には歯をって所ですね
 
 

更に理由を掘り下げると、パワハラがあったと事が大事になれば、それだけで企業のイメージが大きくダウンし、今まで企業がやってきた隠蔽体質がこっちの味方になりやすいのです
 
ダメージもパワハラしていたほうがでかいですし、世論も現代であれば味方につけやすいですしね
 
 
更に更にもう一つ言うと、上が仕掛けていて反撃されたなんて言う理由ははっきり言って超情けないんですよ
 
社会人とやらはやたらとメンツを重視するので、そのメンツが丸つぶれとなってしまうのはかなり屈辱的なことなんですよね
 
不利になる上に屈辱的なことなんてするはずがありません
 
 
というか元を正せば、パワハラをしていた側が圧倒的に悪いので、表に出てくる可能性は低いですし、出たとしてもそこまで不利にはなりません
 
更にパワハラを仕掛けるような人間は決まって小心者ばかりなので、一度反撃してしまえばビビってしまうことが本当に多いです 

   

殴らないと辞めてからもやもやが残って気持ち悪い

後、反撃の為に殴らないと後から凄く後悔してもやもやすることが残って後の人生が気持ち悪いです
 
今回この記事を書いたのも、ふとした拍子で昔に殴りたいほど頭に来た人間を結局は殴らずに会社を辞めてしまったことを後悔してモヤモヤするものが出てきたのがきっかけです
 
 
自分が悪いのならともかく、相手に完全に非があるのに仕返しをしないということは、ふとした拍子で思い出してものすごくストレスになり、仕返しすることが出来ないので下手すれば一生ストレスの元になる可能性が高いです
 
私も今でも当時居たブラック企業のクソ上司のことを思い出すと頭に来ますからね
 
 
そして不思議と何人かの上司に対して暴力を振るったことがありましたが、そのことについては一切後悔することはなく、どれも「やってよかった」と胸を張って言えることばかりです
 
 
やり返すのは大人として云々とか説教してくる人間が居ますが、人間というのはそう割り切れるものではなく、しっかりとなすべき所ではきっちりとしておかないと後悔が残ってしまいます
 
そういう事を残さないためにもやり返すべきだと私は断言しますね
 

 

終わりに・会社に居場所がなくなれば転職すればいい

暴力を振るうというのは確かに有効な手段ではありますが、同時に会社での地位はかなり悪くなるでしょう
 
しかし、私から言わせればそんなパワハラしてくるクソ上司が居るような職場と言うのはいつ辞めても惜しくないと断言できるんですよね
  
 
ただ海外では、労働に対してデモや暴徒があるニュースを聞きますが、権力に勝つための方法というのはやはり暴力が一番効果的で、その結果として海外では日本よりも遥かにいい環境になってますからね 
 
案外日本で「暴力はいけない」という教えは、権力者が下の人間に逆らわれるのを恐れて洗脳しているんじゃないかとすら思えますね 

 
それに別に会社なんてのは星の数程あるのに、その中でクソが居ると分かった会社なんて何処に未練があるのかさっぱり分かりません
 
そういう会社であれば辞めてからも100000000000%後悔することは絶対に無いと言えますし、むしろやり返さなかったもやもやのダメージのほうが大きいです
 
 
次の会社で辞めた理由とか聞かれたらオブラートに包んで正直に言えばいいと思ってますし、それでダメな所は何をやってもダメだと感じてます
 
私なんて最初の会社で安全装置を外した機械で先輩が指を潰した話をして、ダメなところだと「そんな状況を変えようと思わなかったの?」とか意味不明な事を言われましたからね
 
それならそれで、理由を話して納得してもらえるようなところを探したほうがいいです
 
確実に「パワハラに耐えれないのは甘え」とか言い出す職場なら地雷だといえますからねw
 
 

 
会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
世の中は広いので、そんなパワハラクソ上司にすり潰される必要は全くありません
 
逃げ場なんて何処にでもあるので、報われないと分かりきってる所で消耗する理由なんてありませんから!
  

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

ツイートツイート

-社畜批判