職場で仲間意識は不要!必要ないと断言する理由を語る!

いや・・・ほんと職場であんなものは持つべきでは無い
 
 
 
どうも!会社では仲間意識とか一度も感じたことがないAtusiです!
 
 
様々な職場を転々としていると、ブラックな傾向を持つ職場ほどやたらと仲間意識ってのを持つように強調されますが、ぶっちゃけアレは持つべきでは無いと断言しますね
 
仲間意識を強調してくるような所は沢山の問題があるので、仲間意識そのものも持つべきではありませんし、そういうことを押し付けてくる会社からも逃げるべきだと経験上感じました
 
 
世の中ではやたらと仲間意識というのは持つように言われますが、今回はそんな仲間意識というものを完全否定する記事を書いていこうかと
 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

仲間意識は相互監視を言い換えただけ

私が過去にブラック企業でやたらと仲間意識を強調する職場に入った時は、仲間意識というよりは奴隷の相互監視という表現がしっくり来るんですよ
 
例えば無賃金労働を強制させられて、それを拒否しようものなら周囲からの圧力で無理やり従事させようとしたり、仕事が終わっても帰れない空気を作り出したりするだけであって、お互いが抜け駆けしないように相互監視するだけだったんですよ
 
 
そして相互監視することでお互いに重苦しくなって、一人が抜け駆けしようものならフルボッコにするだけであって、労働者同士が首を締めあって経営者の一人勝ちという状況になることが本当に多いです
 
こういう風に直接言ってしまうと、この状況の不味さに気が付かれてしまうので、仲間意識という一見きれいな言葉でごまかしているんですが中身がゴミクズです
 
 
経営者の利益と労働者の利益というのは相反するものであって、経営者がやたらと強調してくるのはこういう側面があるからなんです

   

仲間意識を持つような人間は全員雑魚

私の持論ですが、やたらと仲間意識という事にこだわる人間にすごいやつって誰ひとりとして居ないんですよ
 
一人じゃ何も出来ないし、する勇気が無いから徒党を組もうとするだけであって、個人で見るとその人間は結構雑魚であることが多いんです
 
 
力も能力も勇気もない雑魚なんで誰かと一緒じゃないと行動できないという弱い人が多いです
  
そういう雑魚と関わっていたとしても一切メリットが無いどころか、生きるための足を引っ張られる事や妨害しかしてこないことが非常に多いので、一人でなんでもやろうとする人は関わるメリットって皆無なんです
 
 
関わる人間というか環境によっても人の能力って大きくも小さくもなるのですが、間違いなくこういう人間は自分の脳力の幅を狭めて足を引っ張ってくる関わるべきではない人間しかいません
 
人が突出しようとすると全力で頭を押さえつけて弱くして出る杭は打つ状態にしてくるだけなのです
 
 

仲間意識を強調するところは仲間はずれがあるという証拠

これはいろいろな職場を見てきて感じてきたことですが、やたらと仲間意識という言葉を持ち出す職場は逆に仲間外れがあることが多いです
 
 
これを聞くと「え?」って思う人がいるかもしれませんが、仲間意識というのは共通の考えや目的に基づいて形成されているものだとしますね
 
しかしそれは裏を返せば集団と少しでも異なった行動や考えを持つと途端に排除されるという傾向の表れでもあるんですよね

上記に書いた相互監視の部分と組み合わせると、仲間意識で連携を高めるというよりは異なったものを見せしめに排除を行い、恐怖によって統率するということのほうが正しいのです
 

薄給激務の底辺環境から抜け出さないためにお互いを縛っている

もう一つ言えるのが仲間意識をやたらと強調する会社ほど待遇や労働環境が悪く、普通であれば今すぐにでも人がいなくなりそうな底辺環境であることが多いです
 
 
そこで仲間意識というものを持たせようとすることでお互いに団結させて逃げられなくし、逃げようとするものがいれば裏切り者と声高々に制裁を加えるのです
 
それが見せしめとなってお互いがお互いをけん制するようになってしまうので、自分だけが抜け駆けして利益を得たり損から逃げようというのを抑制するんですよ
 
 
本来であれば全員で損する状況から抜け出すという選択肢が一番大正解なんですが、変に仲間意識があると「みんなで苦痛を受けて頑張ろう」って方向になりやすいんですよね
 
 
こういう状況になれば会社側が完全に独り勝ちで労働者は損するしかないのです
 

  

終わりに・仲間意識は押し付けられるものではく自然と沸くモノ

そういう訳で職場で仲間意識なんてのは持たないほうが良いことのほうが遥かに多いです
 
仲間とかは自然と感情が湧いてくるものであって、そういうのであれば持ってもいいでしょうけど、確実にこういう価値観を押し付けてくる会社というのは残念ながら結構多いです
 
そういう価値観を押し付けてくる所は間違いなく自分の人生にとって大きなマイナスにしかならないので、仲間意識などは持たないようにして積極的に関わるべきではありません
 
それに仲間意識なんてのは個人が困っても平気で見捨てるくせに、組織や集団への貢献ばかり要求してくるようなクソだと断言できるので、個人にはマイナス要素しか無いので持たないほうが良いんです
 
 
仮に職場で仲間意識などを押し付けてくるような会社であればさっさと転職したほうが良いですし、逃げ遅れると洗脳されてその会社がひどい状況になっても逃げれなくなるということも有り得る話
 
そういう会社から逃げるためにも、下手に仲間意識とか無い方が間違いなく逃げやすいですし、仕事をするってのはやっぱり最大限に自分自身の利益を出すために活動していることなんで他人の利益のために貢献するというのは間違っているんですよ 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 

そういう環境で洗脳されて手遅れになる前に、今はこういうサイトやエージェントも充実していますので、転職先を探すのも容易に探せる時代です
 
やはり仲間意識よりも最大限に自分の利益を出す方法を追求したほうが最終的には幸せになれる可能性は高いでしょう!
 

 
 
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事