給料泥棒と言われても落ち込む必要の無い理由を経験より語る!

こういうことを言うやつのほうがカスなので気にする必要はありません
 
 
 
どうも!今まで数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 

よくブラック企業が人を責める時に
 

「給料泥棒」
 
 
という言葉を使って人を追い詰める光景を何度も見てきましたし、もちろん私も片手で数えるくらいですが言われた経験があります
 
ネットやSNSを見ているとこの言葉を言われて落ち込んだ経験がある人がかなり多いみたいですが、ぶっちゃけこの言葉って言われても全く落ち込む必要って無いんですよ
 
 
私なんか言われた時には勝利を確信してニヤニヤするのが止まらないので顔に出るのを抑えるのに必死でしたくらいですからね
 
今回はこの給料泥棒という言葉を言われても、一切 気にする必要はないということを記事にしようかと
 
  

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

これを言う人間が例外なく人を使いこなせないだけ

私も何度かこの言葉を言われた経験がありますが、この言葉を吐く職場は例外なく指示がヘタです
 
指示が下手くそ過ぎて何をやったら良いか分からなかったり、業務がありきたりすぎて臨機応変とかで丸投げされることが多いですね
 
 
人を使うのがヘタなので利益を出すことが出来ず、それに自分で逆ギレして責任を個人になすりつけている場合がほとんどです
 
バカとハサミは使いようなんてことわざがありますが、会社が個人を使いこなせてないので利益を出せてないだけであって、個人をどう使うというのは会社の手腕によるのです
 
 
会社とは時給で契約しているのだから、時間内拘束をしてどうやって利益を出すかは会社次第であり、利益が出せないことの責任を擦り付けられているようなもんです 

早い話が自分の能力不足を他人に押し付けて勝手にキレているだけということで、そこで言われた側が落ち込む必要って何もないんですよ
 
せいぜい

 
「あー・・・こいつ自分で能力のないバカだと逆ギレしてるアホだ・・・」
 
 
くらいで心のなかで見下すくらいでちょうどいいのです 

   

企業はだいたい利益泥棒が時間泥棒だ

この給料泥棒という言葉ですが、個人が仮に給料泥棒だとしたら、会社側というのは時間泥棒だったり利益泥棒だったりするんですよね
 
時給を出して拘束しているのにも関わらず、指示に従わずに遊び惚けていたり怠けているならそう罵るのもわからなくもありません
 
ただ、それであれば逆に給料以上の働きをしたのであれば、その差額は正当に給料を出すべきだと同時に感じるんですよね
 
 
 
まず通勤前後や朝の準備、着替えなんかも会社で働くためには必要な時間ですが本来は出さないといけないものに対してお給料とか出ませんよね?
 
更に残業代とかきっちりと1分単位で本来は出さないといけないのに、15分だの30分だの独自ルールで意味不明な縛りをしている会社が多いですし、中にはみなしとかで定額使い放題とか酷いのになると一切出さないサビ残とかも多いです
 
そういう時間を定時時間以上に無償で奪っているので、この視点で見れば従業員からただで時間をむしり取ってる時間泥棒です
 
 

他にも給料を下回っている時はこうやって文句を言うくせに、給料以上の仕事をしたからといって、お給料が上乗せされることなんてまずありませんよね?
 
自分が都合が悪くなったらぎゃあぎゃあ騒ぐくせに、自分が利益になったら黙るとかアンフェアすぎるんですよ
 
自分が取られるのは嫌だけど、搾取する分にはかまわないとか、これも視点を変えれば利益泥棒と言っていいでしょう
 
 
この2つを合わせれば給料泥棒という過失1に対して、時間と利益泥棒という過失2でどっちのほうが罪が大きいかって話です
 
数学とかじゃなくて算数の世界なので後者のほうが大きいのはどう考えても明らかなんですよ
 
 
泥棒のほうが盗むもんがないとかいって逆ギレしてるのと変わらない状況なので、そう考えると落ち込むどころか笑いがこみ上げてくるといっても過言ではありません
 
 
労働力に見合った給料を出さない会社が給料泥棒などと人をののしる権利は一切ないのです
 
 
そしてこういうことを言う会社ほど給料以上の働きを強いて労働者に損を押し付けてくることが多いのです
 
 
「給料以上働け!」と言われる仕事は辞めるべきブラック企業だ!
 
過去関連記事

 

 

コレを言う所は2つの意味でもろくでもない

そしてこの言葉を使う傾向にある職場は大まかに分けると2つの意味があるのですが、どっちに転んだとしてもロクでもない理由であると断言できます
 
 
1つめは本当に罵るために使っているパターンで、コレはもう何をやっても怒られるでしょうし頑張るだけ無駄です
 
相手をただマウント取ってサンドバックにしたいだけで、パワハラかまして嫌がらせしたいだけのクズです
 
これはもう言わなくても一目散に逃げるべきクソの特徴なんで無視していいです
 

 
もう一つは、よくある体育会系の茶番で
 
「給料泥棒と罵られるのは嫌だろ!?だったら根性見せてもっと頑張れよ!
 
というパターンですが、コレもろくでもないんですよね
 

一見まともっぽく見えるんですが、逆に言えば発破かけるためならパワハラも仕方ないと考えている証拠で、やる気を引き出すためにはとにかく痛めつければ良いと本気で考えているタイプ
 
従業員のやる気を引き出すのは報酬であって、パワハラでやる気を出すのはよっぽどのマゾなんで、世の中の99.999%くらいの人間には逆効果でしかありません
 
 
そういうことが分かっていないので、報酬を出さずにどんどん締め付けてくるだけで働いていてもしんどいだけで旨味が全く無いんですよ 
 
 
前者であればパワハラ気質のクズ、後者であれば勘違いバカってところでどっちにしても関わってはいけないタイプの人間です
 

終わりに・クソ企業であることは変わりないので転職すべき

という訳でこういう風に給料泥棒なんて罵られても言った側がクソすぎるので何も気に病む必要はありません
 
そしてこういうことを言う会社ほど大した待遇を出してないくせにドヤ顔して威張る傾向があるのでどうしようもないです
 
 
ただ気に病む必要は無いのは間違いは無いのですが、こういうことを言う職場からは一目散に逃げるべきというのも同時に事実です
 
パワハラ気質な上に出すものも出さないし、会社が悪いのに逆ギレしてくるという時点で相当危ないです
 
今の御時世は働き手が何処の会社も欲しいのに、わざわざ入ってきた従業員を潰すようなマネしている時点でかなりのアホです
 
そのうち何もしなくてもそんな会社は潰れるでしょうし、長居してても潰れるまでの間はもらえるものは対して貰えないしパワハラ受けて精神が消耗するし、辞める時には無責任に放り出される
 
そう考えると本当に務める価値の無いクソだと断言できますね
 
 
そういう訳で「給料泥棒」なんて言われたら即転職を考えるべきですし、その転職も追いやられた転職というよりは「あ、こいつらダメだ」という意味で自分が見切る側で逃げるべきでしょう

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
 沈む泥舟で苦労したって何の意味もない徒労ですし、そんな価値のないことなんてする必要はありません
 
さっさと新天地を見つけて、そんな阿呆な罵りをするようなバカからは逃げるべきでしょう
  

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事