目的の為にバイトは並行するな!平行すべきでない理由を語る!

アルバイトしてるヒマあるならザラ場に張り付くかブログ書いてたい
  
  
どうも!社畜という生き方を捨てて個人で稼ぐ生活をしているAtusiです!
 
 
私のリアルの周辺では社畜を捨てて個人でお金を稼ぐ生活をしていると
 

「収入のためにもアルバイトくらいはしなさい」
 
「少しでもアルバイトして社会とつながりを持っておかないとダメ人間になる」
 
「社会人経験をするためにもアルバイトをしろ」 
 

という注意をしてくる奴らが多いんですよね
 
 
結論から言うと、バイトやりながら個人で稼ぐって事を両方やるのって凄く無駄に思うんですよね
 
それだったら個人で稼ぐことに集中すべきだと私は感じます
 
 
特にアルバイトってのは私も経験があるんですが、あれほど時間をお金に変換するのに無駄な行為も無いと思うんですよね
 
今回はそんなアルバイトについて自分の経験から色々と書いていこうかと
 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!
・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 

・キャリアスタート

求人企業への取材を行い、ブラック企業を判別して除外しているエージェントです
元がブラック企業だった会社を指導してホワイト化させることで定着率を上げるという取り組みをやっておられます
転職支援会社300社の中から上位10位を5年連続取得で内定率8割近くの高水準!
関東が強めなのでそちら方面の方はぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

アルバイトの時給変換率は最低である

よくアルバイトをしないといけないという理由に、お金の必要性ってのがあります
 
確かに現代では生きるためにお金が必要なんでその必要性も分からなくもありません
 
 
しかしアルバイトという行動は、時間をお金に変える時給の変換効率で見ても思いつく限りで最低の行為であって割に合わないんですよね
 
私がやったところでは圏内の最低賃金を下回っている所もあり、自販機の下でもあさって小銭を探している方がもしかしたら効率がいいかも知れないというレベル
 
 
流石に私のように圏内の最低賃金を下回るような所が無いとは信じたいのですが、いろいろなところのアルバイトの求人を見てもその賃金はどれも凄く安いのです
 
時給780~850円という滅茶苦茶安い額で人の人生を振り回されると思うとバカバカしくてやってられないのです 
 
中にはもうちょっと高いのもありますが、そういうのは大体は五体満足で居られる可能性が低いような危険な仕事でやっぱり命をかけるほどではなかったりするんですよ 

 
それだったらその分を個人で稼ぐことに全力投球して稼げるような環境を作ったほうがずーっといいんですよね 
 
 

アルバイトして無理に関わるような人間と人間関係を作る必要はない

よくアルバイトをする目的に、お金以外として人との関わりを作るとか言う人も時々見かけます
 
というか私の周辺ではこういう人間が非常に多くいるように感じましたね
 
 
ただ、私の経験上ではアルバイト程度で作った人間関係ってのは本当に役に立たないのでわざわざ苦痛を受けてまで構築する価値ってのは本当に無い
 
上の人間なんかも人を安くこき使って搾り取るようなことしか考えてないからアルバイトとかで募集するような連中ですし
 
同僚とかになったとしても対して力が無いからアルバイトって立場でいる人間がほとんどで、そこから脱出しようともしないしなんとかする力も持ってない人間が多いのです
 
むしろ逆に金を借りて返さなかったり、人をいたぶって満足するような底辺連中が多いので自分から関わる必要はない
 

確かに人間は何かで成功しようとするのであれば、ある程度の人との関わりってのはあったほうがいい
 
しかし、そういう成功したい人との関わりというのは自分がしたい分野の成功者や、別方面でも様々な知識や力を持った人と関わったほうがいいのです
 
 
そういう意味で、自分の人生を引っ張ってくる可能性しか無いような足手まといとは人間関係ってのは構築する必要は無いと断言します
 
私もバイトはいくつか経験しましたが、本当に関わりを避けるべき人間が多かったですし、今はそういう連中とは誰ひとりとして付き合いはありません
 
それだったらそんな人間関係は構築しようとするだけ無駄なので最初から関わるべきじゃないんですよね
 

  

薄給で割に合うほどの社会人経験は無い

アルバイトで社会人経験とか聞くと鼻で笑いそうになってしまうんですが、本当にアルバイトで経験する社会人経験、というか社会人経験そのものは経験しないほうがいいんですよ
 
世の中で言われている社会人経験ってのは、要するにただの理不尽を受け入れて我慢するだけという行動しかありませんし、下手に触れて感化されて洗脳される方が厄介なんですよ
 
薄給でゴミのように扱われて、その理不尽を耐えることがアルバイトでの社会人経験って言葉ですからね
 
 
特に今のアルバイトってのは、本来は補助みたいな役割でしかなかったのに、いつの間にか主業務まで押し付けられて責任も重くなっていますからね
  
それならそれなりの待遇で雇うべきなのに、実際はそういうことは一切なく、最低賃金付近でこき使うことしか考えられてませんからね 
  
 
ネットでの拾いものですが

 
 
こういう「バイトも仕事です」とかいって理不尽を押し付けてくる所は本当に多いですからね
 
アルバイトとかの社会人経験とか大体こういうことだったり、賃金未払いでも我慢することを覚えるとかそんなんばっかりでした 
 

 

終わりに・アルバイトするよりも何かに集中をした方が効率がいい

そういう訳でアルバイトしながら何かするというのは、本当にアルバイトの価値ってのは全くと言っていいほどありません
 
それするぐらいであれば、ある程度は資金を貯金してから辞めて専念したほうが下手なストレスも疲れも貯まりませんし、物事も集中できるんで捗るんですよね
 
 
アルバイトなんて人をゴミのようにこき使って、格安の賃金しか支払われないし、役にも立たないどころか害にしかならない人間関係や社会人経験しか学べないんで、もっとも割に合わないどころじゃないのでやる必要は本当に無いでしょう
 
むしろそれらと並行して物事に取り組むことで、一生そのまま安くこき使われる状態から脱出できなかったり、物事が中途半端になって可能性の芽を潰す可能性のほうが大きいと私は断言しますね
 

何かをするためにはお金は必要でしょうけど、それだったらアルバイトなんかせずに短期間だけ別の勤務形態でしっかり稼いでから辞めたほうが身動きも取りやすいので、そっちのほうがおすすめです
 

というわけでお金を貯めるなら
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  


こういうのを駆使して賃金の高いところで就職したほうが効率もいいでしょうし、何かするにしても貯めてから辞めたほうが集中しやすいので結果としては私みたいに軌道に乗せる速度が早くなるでしょう
 

  
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!
・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 

・キャリアスタート

求人企業への取材を行い、ブラック企業を判別して除外しているエージェントです
元がブラック企業だった会社を指導してホワイト化させることで定着率を上げるという取り組みをやっておられます
転職支援会社300社の中から上位10位を5年連続取得で内定率8割近くの高水準!
関東が強めなのでそちら方面の方はぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事