履歴書で経歴詐称はすべきかどうか?について色々と書く!

転職失敗しまくるとやりたくなる気持ちも分からなくも無いですが・・・
 
 
 
どうも!様々なブラック企業を転々とした経験を持つAtusiです!
 
 
転職をしている最中で、色々と不足があったり余計なものがついていたりすると考えてしまうのが経歴詐称です
 
私も履歴書が言った先々がブラックばかりだったこともあり、履歴はもうぼろぼろだったのでやろうか迷った時期があります
 
 
 しかし私自身の経験では、経歴詐称そのものはすべきでは無いと断言します
 
しかしここで断言しちゃうと「どうすれば良いんだよ!」とツッコミが入りそうなので、経歴詐称だけど白に近いテクニックで何度も切り抜けた経験があります
 
今回は就活で経歴に悩む人向けに、白に近いグレーなテクニックの経歴詐称の方法を書いていこうかと
 
 

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

都合の悪い所は書かない

詐称というよりは「聞かれなかったから言わなかった」という嘘は言ってないけど事実を隠してたある意味では悪質な方法
 
これもよく就活で企業が労働者相手に待遇をあえて言わなかったケースで同じような事をしているのであいこですね
 
 
大体就活で経歴詐称しようか迷うレベルまで来ているということは、あまりまともな経歴がない証拠
 
私のようにブチブチに短い期間で転職を繰り返したケースもその中には含まれているでしょう
 
 
そういう時には、都合の悪い部分はあえて書かないようにするのが一番良いです
 
私自身も過去1年以内で辞めたような会社の経歴は履歴書には書かずに提出したことがありますね
 
 
仮に短期間で辞めたのと、1年ほど続いたのが混在している場合は、一番短いのだけ1つ書いても大丈夫です
 
そして一番短期間で辞めた状況を説明し、よほど異常なケースでなければ続くという事をアピールすれば続かない人間とは判断されないでしょう
 
 
私も面接時だけは一番最初の

板金加工業は危険!!新卒で入って殺されかけた話!  
 
この時の事は履歴書に短期間ですが書いて、悲惨さを伝えていますが大体は向こうがドン引きしますね
 
そうすることで他の1年以上の経歴も「ここまで耐えれた人間が辞めたのだから問題があるに違いない」と思わせることが可能です
 
 
 

 

突っ込まれた場合は「非正規だった」で乗り切る

そうして都合の悪いことを書かないことを実行すると、どうしても空白期間というのが出来てしまいます
 
面接では空白期間があると大体突っ込まれますが、この時の対処法としては、働いていたのであれば非正規だったと言えば今の御時世なら大丈夫です
 
 
私の時は
 
 
「非正規は経歴に含まれないと聞き、その部分は非正規で労働を行っていたため空白にしています」
 
 
と回答しましたが「そうですか」とか「履歴にも含みますよ」とか言われるので深く突っ込まれる事はありません
 
一番困るのが空白期間を深く突っ込まれて悪い印象を植え付けると面接では結構絶望的なので、サラリと都合の悪い部分を流してもらうテクニックです
 
 
後は働いていない場合であれば
 
「職を探していましたが不景気で見つかりませんでした」
 
と言えばコレも同様にスルーされやすいです
 
 
空白期間があると労働意欲がないとみなされるので、それを避けつつ流されるのはこのような方法が一番いいでしょう

  

嘘を書いても役者でも無い限りボロは出る

私もあまりにも面接で落ちて困ってた時期があったので、経歴詐称を一度だけ行ったことがあるのですが、詐称した部分に食いつかれた事があり、そこを根掘り葉掘り聞かれた事がありました
 
しかしない知識は全然しゃべれないので、結局それまでスラスラ話してたのが突っ込まれることで言葉に詰まってボロが出ましたね
 
嘘を書くことで流された場合は良いのですが、このように予想外に突っ込まれると役者でも無い限り簡単にボロが出ます

 
そして仮にその後入っても、それに関係した業務は出来ないので結果として余計に悪化することになるんです
 
 
それであれば、嘘をついてごまかし続けるくらいであれば、最初から都合の悪い部分を突っ込まれないようにすることで、後から不都合が出ても聞かなかった会社が悪いと責任転換するような逃げ道を整えておくのが良いのです
 
実際は会社も「聞かなかったからお前が悪い」という事を平気で押し付けてくる所が多いので、それであればあいこですので良心も痛みません 
 
 

 

終わりに・困ったらプロの力を借りるべき!

というわけで経歴詐称はすべきでは無いけど、方法はあるというお話でした
 
コレは私自身が数々の面接を受けてわかった方法ですが、就職を目指すならこんな方法じゃなくてももっとやり方があるなと後から思いましたね
 
 
もし経歴などで面接を突破できないのであれば
 

 
ブラック企業から逃れるための就労支援「ウズキャリ」の各種サービスを紹介する! 
 


 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 
 
こういうサイトやエージェントなんかで今回の件よりももっといい方法の指導を受けれますからね
 
私も数々の小手先のテクニックを編み出してきましたが、やはりプロに依頼するのが一番手っ取り早いです
 
 
特にエージェントはニートとかフリーターとか経歴がぼろぼろな人でもそれ用に方法があるくらいなので、やり方はいくらでもあるんですよ
 
そういう面接突破のためにもこういうのを使って学んでみるのはどうでしょうか?
 

 

ブラック企業を徹底排除した転職サービス・ウズキャリ各種!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 
 

・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です

一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!

IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
 
 

・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら! 

詳細はこちらにて!取材をしてきました!

おすすめの記事