自分の仕事が終われば「何かやることはありますか?」は言わずに帰れ!

これを言うとロクでも無いし、言わせる会社もどうかしている
 
 
 
 
どうも!残業を憎み、定時を愛するAtusiです!
 
 
就職をして若手の時期だと、自分の仕事が終わっても帰りづらく、周囲に「何かやることはありますか?」と一言聞いてから帰るという風潮がありますが、私の経験上では個人の利益を追求するならこれは絶対に言うべきでは無いんですよね
 
私自身もこういう事を聞いていた時代があったのですが、コレって早く帰りたいという言葉の意味とは裏腹に、どんどん定時が遠のいていくんですよ・・・
 
 
そんな私の経験談からこのように聞くべきでは無いということについて今回の記事にしようかと
 
 

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

下手にやる気を見せると便利屋扱いされる

この言葉を言うことで会社にやる気を見せるとか意図もあるんでしょうけど、大体会社でやる気を見せても良いことは全然ありません
 
それどころか、そんなやることを聞いて帰るようなくらいの人間であれば、押し付けられるのはただの雑用だったりするので、評価が上がることもなく、ただの便利屋扱いされるんですよね
 
 
組織に属してて損するポジションの一つがその便利屋で、重要な仕事は押し付けられないけど、とにかく雑用ばかり押し付けられて仕事量が増えて、自分の仕事が出来なくなって最後は怒られて結局評価が下がるんですよね
 
私は重要な仕事もいらないですけど、雑用なんか仕事ももっといらないですし、受けることで損するなんてのはゴミ処理を受けてるのにお金を請求されるような異常なもんなんです
 
 
自ら進んで自爆するようなポジションになる必要は無いと感じているので、そういうポジションにならないためにも聞くべきでは無いんですよね

  

これを言うことでやってる時のプラス評価よりもしない時のマイナスがデカイ

便利屋ポジションにつくと、一見評価されているように思いますが、実際の腹の中は「言えば何でもやるやつ」みたいな感じで見下されてる事が非常に多いんです
 
どんなに動いたとしてもプラスの評価として反映されることはまずありませんし、時間が経過するとどんどんやっていることが当たり前になってくるんですよ
 
「常に言えばやる」というキャラがついてしまうと、なんでもやって当たり前の状態でやっても評価がゼロになってしまうのです
 
 
そうしてそんな状況で何かしらのアクシデントがあって、いつもやっていた仕事が出来なくなると
 
「あいつは仕事をサボっている」
 
とみなされれて、マイナス評価になってしまうんですよね
 
 
仕事量を増やしてもそれが当たり前になってゼロの評価で、出来ない時はゼロから下がるのでマイナスというとってもバカバカしいことになるんです
 
 

むしろこういうことを聞かずに帰るようにして、最初は何かしらグチグチ言われるでしょうけど、喉元過ぎればなんとやらで、そのうち「言っても無駄」って感じで言われなくなるので、そういうキャラ作りをしていたほうがお得なんですよね

 

この言葉を無理矢理言わせようとする会社は例外なくヤバイ

そして私もこの自分の仕事を終わらせてから周囲に聞くという事を辞めて他の人間が仕事を終わらせて無くても帰ることを意識し始めたのですが、やっぱりブラック企業はコレを阻止してきます
 
私の時には自分の仕事が終わって帰ろうとしたら3時間位個室に入れられて上司3人がかりで説教を受けたことがありましたね・・・その後すぐにその会社は辞めましたが・・・
 
 
この言葉を無理矢理引き出そうとする会社は、おそらく
 

・常に周囲は定時になっても仕事が終わる気配が常に無く、残業が当たり前の環境になっていて常に人手不足
 
・常に人手不足でオーバーワークを強要する時点で他の労働環境も滅茶苦茶
 
・人材流出を防ぐために恐怖政治で洗脳するしか無い
 
・奴隷同士の相互監視が強く「苦痛はみんなで受けるべき」という空気
 
 
などなどブラック企業の要素が数え役満並に揃っていたりするくらいやばい会社しか無いんです
 
他にもヤバイ要素は沢山有るけど、ヤバさを感じるならこれだけ書けば十分かなとw
 
 
 
本来、普通の会社であればそんな事を聞くまでもなく、定時になったら帰るように促してくるはずで、帰らないことを強要しているという時点でブラック以外無いんですよね
 
 
そして人の残業を手伝ったからといって給料が上がることもありませんし、こういうやばい会社は残業代でないことも多いので仕事の単価が下がるという事になることも珍しくありません
 
日本の労働環境の苦痛はみんなで受けて、利益は上がらないって風潮はホント嫌い

  
 

終わりに・定時ですんなり帰れない会社はおかしいので転職すべき

本来であれば、自分の仕事をきっちりと終わらせれば誰がなんと言おうがすんなり帰れるべきなんですよね
 
そして定時で帰りづらさを感じる会社は、例外なくブラック企業と断言できるので、そうやって定時後も働かせようとする空気のある会社はおかしいことなんです
 
 
多忙期とかあるのは理解できない話では無いけど、こういう所は多忙期だろうが昼から仕事が無いような閑散期だろうが定時後も縛ってくるのでホントにクソだと断言して良いんです
 
本当ならこんな仕事が終わってから「何かすることは(以下略」なんて聞くクソ文化は滅びるべき
 
 
それに私がこの言葉について思うのは、本来なら仕事を振り分けるはずの上司から言わずに、部下から取りに行かないと怒られるという風潮が、上司のマネジメントの仕事を放り出して居る証拠で、上司の尻拭いをしないと怒られるというのは本来は逆なんですよね
 
そういうところでは上司のミスを部下になすりつけるという事が非常に横行してるので、そういう意味でもクソな会社だったなと振り返って感じますね
 
 
もし自分の仕事を終わらせてからも定時が過ぎて帰りづらい空気があるのであればもうその会社は絶対に辞めるべき
 
そもそも帰りづらいという圧力がある時点でおかしなことですからね
 

 

そういうクソな会社から脱出するために、今は転職支援サイトやエージェントが揃っていて、上記リンクでそれらをまとめて掲載していますので、クソブラックで消耗戦をするくらいなら是非どうぞ!
 

ホワイト企業へ転職あっせん付き・ウズウズカレッジCCNAコース

未経験でも最短1か月から最長3か月でCCNAの資格取得が可能で、受講後はホワイト企業への転職斡旋付きの全国どこでも利用できるオンラインスクールです
 
就職・転職をしなくてもフリーランスとしてのスキルを身に着けブラック企業から逃れるための足掛かりに! 

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能(24回で月6875円)
 
 
当ブログよりご利用の方限定で
 
・2週間のコース無料体験実施中
・講師とのMTGは2回受講可能
・体験期間中、学習カリキュラム受け放題
・体験期間中、講師との連絡し放題
・無料体験期間で終了しても就業サポートの無料利用可能
 
と、無料で試せるので、まずは触りだけでも利用してみてはいかがでしょうか?
 

 

おすすめの記事