社畜批判

退職金なしの会社に就職するな!ブラックだと断言する4つの理由!

2017/10/30

だんだん退職金制度が減っていますが、ない会社は確実に地雷

 
 
 

 どうも!様々なブラック企業を経験してきたAtusiです!
 
 
最近は退職金制度がない会社も増えてきて、全体の25%もの会社が退職金制度が無くなってきてるとデータで見ましたし、私も求人活動をしていた時期を振り返ると退職金なしの会社も結構多くなってましたね
 
退職金制度がない会社の言い分としては、退職金がない分を給料に還元してるという建前がありますが、それでも退職金制度がない会社というのは絶対に入るべきでは無いんですよ
 
 
私も過去にこういう言葉に騙されて入社したことがあるのですが、そこでの労働環境っぷりは極悪そのものでしたね
 
今回は退職金制度がない会社はどうして危ないのか?その理由を実際に経験したからこそ分かる地雷だと断言できる理由を幾つか書いていこうかと
 
 

給料に還元していないケースが多い

まずは退職金がない会社の言い分によくある「先取りして給料に反映させている」という言い分
 
私もコレに当たったことがあるのですが、同世代と給料を比較しても全然変わらないどころか逆に低いケースがザラにありましたね
 
 
退職金を上乗せしているという事であれば、同世代と比較して同等よりもちょっと上くらい貰えるのが普通なんですが下になるという
 
同等どころか下の理由はこの後に書くのですが、確実に給料に先取りされた分が反映されていないんですよ
 
 
これがもし先取りか退職時一括かという選択があるならともかく、最初から選択肢がない所は適当な事を言って還元していないことがほとんどです
 
というか私の経験では全部と断言していいくらいですね
 
   

会社を存続させる気がない

退職金が無いところの一つに、会社そのものを存続させる気が全く無いというもの
 
退職金の受取というのは、40年近く働いてやっと貰えるものなので、働くためには会社が存続しているという条件も含まれます
 
 
そして何かしらのトラブルがあって、事業そのものを存続させる気が無く、役員が逃げる準備に入っているということもあり得るんですよね
 
実際に私が経験した会社でも理由はどうであれ私の退職後に社長が夜逃げしましたし、最初から存続させる気がないので、利益だけ持っていかれるということもあり得る話なんです

   

会社を存続させる体力がない

上の存続させる気がないというのと似ていますが、存続する為の体力(資金繰り)が出来てない可能性も大きいです
 
退職金は退職時に一括で大きなお金を支払う事になるので、それを支払えるだけのお金が無いという証拠ですからね
 
 
共済だったか外部に月々支払う形の退職金でも無いのは、その月々のお金を支払う余力すら無いくらいキツキツになってる可能性が高いです
 
そんな僅かなお金も資金繰りに困っている状況であれば、社内投資も出来てないでしょうし、縮小していくのは誰の目にも明白なんですよね

  

最初から人を使い潰す気が満点

個人的に退職金がない会社の一番極悪な点はコレ
 
退職後の生活に退職金というのは結構大きな支えで人生を大きく左右しかねないようなモノなのですが、会社を辞める人間のことなどどうでも良いと考えているケース
 
辞める人間に金を払ってもどうしようもないというのが本音でしょうし、会社の言い分もわからんでも無い
 
 
そしてそういう風に従業員の事を軽視している会社が多く、労働環境も無法地帯化して劣悪な所も多く、離職率も非常に高い事が多いです
 
実際に私が行っていたところでも人がポンポン辞めるし、労災があっても平気で隠したりしていたりと人の扱いがモノ以下でした
 
 
そんな感じで使い潰すから払う必要が無いと考えているというのが最悪の理由です
 
 
派遣とかまさにそんな感じで、三交代16時間勤務とかやらされたり、死人が出るような危険な作業ばかりやらされたりして精神や肉体を病んで半年で20人居た同期が全滅してました
 
流石に半年でコレだけ辞めるのは異常としか思えませんし、最初から使い潰すつもりだったんでしょうね
 

  

終わりに・就職するなら今の御時世でも退職金制度ありを探そう

そういう訳で就職するなら今の御時世でも退職金制度ありの会社を探すべきなんです
 
 
確かに、世間ではお金の価値が現在と未来では違うから先に貰うべきとか、会社が存続してるかどうかわからないからなしでもかまわないという退職金制度なしでも構わない党の言い分も分からなくは無いですが、そういう意味じゃないんですよ
 
本来還元されるモノが貰えなかったり、会社そのものを存続させるのが怪しい状況だったりするので、そういう地雷を避ける意味で退職金制度の有無というのは非常に重要なんです
 
 
ある会社がブラックじゃないとはいい切れませんが、確実にない会社はブラック企業だといい切れますので、露出している地雷を自分からわざわざ踏みに行く必要性は全くありません
 
 
そういう訳で、今の退職金制度が減ってきている現在だからこそ退職金制度ありの会社か、または先取りか後から一括を選択出来る会社を就職先や転職先に選ぶべきなんですよね
 
そういう会社はハロワでは派遣や劣悪求人ばかりで少なくなってきているので
 
 
会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた! 
 
 
こういう民間の転職サイトやエージェントを活用して探したほうが見つけやすいです
 
退職金制度が減ってきてる今だからこそ、ブラックを見分けて入社するためにもぜひ活用してみては如何でしょうか?
 
 
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ!
 

ツイートツイート

-社畜批判