社畜批判

年間休日105日の会社は想像以上にキツイ!実際働いた感想書く!

2018/05/02

結論から言うとぶっちゃけ辛い。ってか死ぬ
 
 

どうも!数々のブラック企業を渡り歩いた経験を持つAtusiです!
 
 
以前年間休日について
 
年間休日が120日無い仕事はブラック企業と見るべき理由を語る
 
この様に最低120日は無いとブラックだと主張した記事を書きました
 
 
結論から先に言っちゃうと年間休日105日はブラック企業です
 
 
で終わってしまうんですけどね
 
この年間休日105日という記述は結構見かけるのですが、これは一応の計算上では完全週休2日(土曜日&日曜日)+どっかで1日で一年でちょうど105日という計算になります
 
 
「完全週休二日?意外といけるやん!」なんて思って入社してしまうと結構辛いんですよね・・・
 
もし「そんなのなんとかなるやろ」とか思っているのであれば大間違いですし、私もそう思って入社してとんでもない目に合いました

 
今回はそんな年間休日105日の会社はどうしてブラックなのかということについて語ってみようかと
 
 
 

120日と比較すると想像以上に結構辛い

年間休日120日と105日を比較すると月の休日が1~2日変わるわけですが、これが思ったよりも結構効いてくるんですよ
 
本来なら休んで回復させるところを無理矢理に体を使っているので実際のダメージは2~4日分程変わってきます
 
リカバリーの事を考えると体感的に月に5日分の肉体的負担が加算されると言っても過言ではない
 
 
更に他の休みの多い人と比較してしまうと「こんな時に何やってるんだろ」感が半端なく有るので、そういう意味でも精神ダメージも加算されてきます
 
 
直接大きなダメージを受けるわけではありませんが、ボクシングで言うジャブやボディーブローのように徐々に効いてきます
 
 
やる前はイケると思っても、実際に働いてみると本当に体感的に休日の数が実数より少なく感じます。辛い

 

105日と表記する所は絶対にそれ以下だと思ったほうが良い

105日の所を絶対に避けるべきだと断言できる理由に、105日と表記する所の年間休日は絶対にそれ以下になります
 
というか企業というのは基本的に一年に何回かは休日出勤の存在があり、表記通りに休日がある可能性は非常に低いのです
 
 
だからこそ実数よりも低く見積もるべきなのですが、最初からゴリゴリ削られた状態を表記しているというのは絶対にそれ以下だと断言できます
 
私の時は多忙期、繁忙期を理由に3週間に2日に休みが削られた経験があり、本気でクソだと思っています
 
 
それと同様に、給料などの提示される条件は実際の条件の方が低くなる傾向にあります
 
特に意味不明な徴収で給料が天引きされることを後出しで知らされるケースもありましたね
 
 
 
休日そのものの条件も悪いけど、他の条件も悪い可能性が非常に高い
 
従業員の事を考える会社が年間休日105日なんてきつい条件を出すわけがないのですから・・・ 
 
 

仕事量が多い&人手が足りない

そしてこういう所は仕事量が多く、そして人が少ないので休めないというのが有るんですよね
 
卵が先か、鶏が先か分かりませんが、確実に言えることは仕事量は多いということ
 
 
更にそんな状態なので人が辞めていき、最初は人を入れるつもりがだんだんと「人が減ってもいけるやん!」という事になり欠員補充もされることがなく、いつも限界以上で現場を回すので常に忙しい状態
 
コレの因果関係は人手不足が先か、休めないのが先かどっちが原因かわからないですけど、トップは糞だということだけは確かです
 
  
 

友人と遊べる時間が合わないし疲れて動けない

年間休日105日というのは確実にブラック企業だと断言していいですし、大体の友人を見ていると120日以上がデフォです
 

「えー?俺の所休み少ないよ?120日しかないし・・・」
 
 
なんて言われたらもうどういう顔して良いかわかりませんね
 
 
105日というのは土曜日と日曜日だけなので基本的に祝日というものが全く存在しません(土曜日&日曜日×52週=104日)
 
なのでゴールデンウィークや盆や正月といったちょっと長めの連休というモノが無いので、本当に休みが合わせづらく交流が本当に減ります
 
 
休みを合わせて出かける事が出来ないくらいであればまだマシな方で、私はネトゲとかやってた人だったのですが、それすらも疲れて出来なくなってしまうので、次第に疎遠になっていくというリスクがものすごく高いです
 
家でポチポチとゲームするのでコレなら休日に出かけるなんてのは不可能ですね
 
 

給料が何故か減る傾向にある

年間休日105日の会社と120日以上の会社の両方に就職したことがあるので分かるのですが、年間休日105日のほうが給料が少なくなる傾向にあります
 
本来であれば20日分近く出社しているので月給に換算して一日1万円だとしても20万は無いとおかしいのですが大体それを下がります
 
 
月の給料でも休日が多い会社のほうが平均して約3万ほど高いですし、休日が多い会社は従業員の事を大事に思う傾向にあるのでボーナスもしっかり出る会社が多いです
 
しかし年間休日105日の会社というのは従業員を徹底的に搾り取ることしか考えていませんので給料も安い傾向にあるのです
 
 
もう一つ言うと、それだけ働かないと維持できないような効率の悪い仕事しかしていないという事なので、そういう意味でもきつい仕事を長時間やるというゴミにゴミをかけ合わせた状況になっているのです 

 
きつくてお給料がガッポガッポというのであれば105日の会社を選択するのもメリットがあるかもしれませんが、実際にはこういう傾向しか無いのでデメリットしか無いんですよね
 
きつくて給料少ないとか最悪に最悪をかけ合わせた、それこそ最悪ですよ・・・
  
 
   

残業なしで法律で働ける範囲のギリギリの範囲である

この年間休日105日というのは、実は法律で決められている本当にギリギリの範囲ということを知らない人は結構多いです
 
1週間に働ける労働時間というのは40時間で、一週間の内2日完全に休みだったとしても1日8時間が最大上限です
 
 
そして105日の会社というのはそれだけギリギリで余裕がない状態で仕事を回しているということで、コップに注がれた表面張力起こして耐えている水と一緒なんですよね
 
一滴でも入れば溢れてしまうというギリギリの状態で労働時間を設定しているということです
 
 
しかも実際にはそのようなギリギリでやっている会社で残業が発生しないことはまずありえませんし、上にも書いたように休日出勤なんかも存在するのが普通です
 
100%確実に法律で決められた上限以上に働かされるのが当然になっているということですね

 
というわけで確実に長時間労働が存在するブラック企業だと断言できるのです
  
 

終わりに・年間休日105日はブラック企業の証!

私が様々なブラック企業を転々とした経験から、求人で休みが多い企業がホワイト企業とは言えませんが、逆の休日の少なさは即・ブラック企業だという結論に簡単に行き着きます
 
年間休日が120日が理想とか贅沢とか言われていますが、普通に考えたらコレが当然の事で、どれだけ非常識が曲がり通ってるのかわからないですね
 
 
そんな120日で通常ラインだと言えるのに、105日なんてとんでもない異常な状態だといい切れますよ
 
そんな所に自分から就職するのは自分が常識はずれの行動に加担するのと一緒の事で、仕事を頑張ってると評価されるよりは自分から奴隷に成りに行ってると笑われるべき対象だと自覚したほうがいいです
 
 
給料が多くて休みが少ないとか一長一短な面があるのであれば我慢するのも悪くないでしょうけど、実際には短所の塊でしかなくいい部分というのは全く存在しません
 
105日はブラック企業の証であると言っても全く過言でもなんでもないただの事実です
  
 
後はツイッターで教えてもらったのですが
 

 
 
こんな風に懲役刑を受けている囚人以下というとんでもない扱いだということ・・・
 
もう人が働く場所ではないと断言できますね 
 
 
正直に言えば
 
年間休日が120日以下の仕事は入社価値なしのブラック企業だ!
 
この記事にように年間休日120日を下回る時点で、それだけでブラック企業認定していいくらいなのですが、それを遥かに下回る105日という水準が如何に危ないかということです
  

  
という訳で自分からそんな目に見える地雷なんて踏みに行く必要はありませんので、そういう会社で迷うくらいなら絶対に入るべきではないです
 
更に今いる会社がそのような会社であれば、底辺と言ってもいいので、動けば後は上に上がるだけですし、転職活動をすべきなんですよね
 
 
会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!   
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
年間休日120日以上のホワイトな会社を見つけるには多くの求人や非公開の求人から探す方が可能性が高まります
 
ホワイト企業は人員不足に陥っていると、当たり前に求人すれば殺到してしまうのでこういうのを使って制限して求人を行ってます
 
なので年間休日が多い会社を探そうと思うのであればぜひこのようなサービスをご活用くださいませ
 
 
 
合わせて、ブラック企業を避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ!

 

ブラック企業から逃げ出したいあなたにオススメ!
 

・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除した求人を揃えたことを公言する転職エージェント 
経験・学歴不問でフリーターから中途まで幅広く2時間面談でみっちりサポート!
入社後も定期的にサポートあり!

 
・就職Shop

実績や経験が浅い20代を幅広くサポート!
企業を100%取材しているので職場の雰囲気や実際の働き方なども事前に調査済み!
ブラック企業のせいで普通のルートから外れて「ワケあり」な人におすすめなので今すぐ逃げたい人向け!

・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた人の生の口コミが沢山掲載されているサイトです!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
 
 

ウチのブログの人気記事まとめ!

ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!

会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

転職したいけど技術がない?スキルアップを学べる講座集めてみたよ!

ツイートツイート

-社畜批判