社畜批判

年間休日105日の会社は想像以上にキツイ!実際働いた感想書く!

結論から言うとぶっちゃけ辛い。死ぬ

 
 

どうも!数々のブラック企業を渡り歩いた経験を持つAtusiです!
 
 
以前年間休日について
 
年間休日が120日無い仕事はブラック企業と見るべき理由を語る
 
この様に最低120日は無いとブラックだと主張した記事を書きました
 
 
結論から先に言っちゃうとブラック企業です。で終わってしまうんですけどね
 
この年間休日105日という記述は結構見かけるのですが、これは一応の計算上では完全週休2日+どっかで1日で一年でちょうど105日という計算になります
 
 
「完全週休二日?意外といけるやん!」なんて思って入社してしまうと結構辛いんですよね
 
今回はそんな年間休日105日の会社はどうしてブラックなのかということについて語ってみようかと
 
 
 

120日と比較すると実は結構辛い

年間休日120日と105日を比較すると月の休日が1~2日変わるわけですが、これが思ったよりも結構効いてくるんですよ
 
本来なら休んで回復させるところを無理矢理に体を使っているので実際のダメージは2~4日分程変わってきます
 
リカバリーの事を考えると体感的に月に5日分の肉体的負担が加算されると言っても過言ではない
 
 
更に他の休みの多い人と比較してしまうと「こんな時に何やってるんだろ」感が半端なく有るので、そういう意味でも精神ダメージも加算されてきます
 
 
直接大きなダメージを受けるわけではありませんが、ボクシングで言うジャブやボディーブローのように徐々に効いてきます
 
 
やる前はイケると思っても、実際に働いてみると本当に体感的に休日の数が実数より少なく感じます。辛い

 

105日と表記する所は絶対にそれ以下だと思ったほうが良い

105日の所を絶対に避けるべきだと断言できる理由に、105日と表記する所の年間休日は絶対にそれ以下になります
 
というか企業というのは基本的に一年に何回かは休日出勤の存在があり、表記通りに休日がある可能性は非常に低いのです
 
 
だからこそ実数よりも低く見積もるべきなのですが、最初からゴリゴリ削られた状態を表記しているというのは絶対にそれ以下だと断言できます
 
私の時は多忙期、繁忙期を理由に3週間に2日に休みが削られた経験があり、本気でクソだと思っています
 
 
それと同様に、給料などの提示される条件は実際の条件の方が低くなる傾向にあります
 
特に意味不明な徴収で給料が天引きされることを後出しで知らされるケースもありましたね
 
 
 
休日そのものの条件も悪いけど、他の条件も悪い可能性が非常に高い
 
従業員の事を考える会社が年間休日105日なんてきつい条件を出すわけがないのですから・・・ 
 
 

仕事量が多い&人手が足りない

そしてこういう所は仕事量が多く、そして人が少ないので休めないというのが有るんですよね
 
卵が先か、鶏が先か分かりませんが、確実に言えることは仕事量は多いということ
 
 
更にそんな状態なので人が辞めていき、最初は人を入れるつもりがだんだんと「人が減ってもいけるやん!」という事になり欠員補充もされることがなく、いつも限界以上で現場を回すので常に忙しい状態
 
コレの因果関係は人手不足が先か、休めないのが先かどっちが原因かわからないですけど、トップは糞だということだけは確かです
 
  
 

終わりに・休日の多さ=ホワイトとは限らないが、少なさ=ブラックは直結する

私が様々なブラック企業を転々とした経験から、求人で休みが多い企業がホワイト企業とは言えませんが、逆の休日の少なさは即・ブラック企業だという結論に簡単に行き着きます
 
年間休日が120日が理想とか贅沢とか言われていますが、普通に考えたらコレが当然の事で、どれだけ非常識が曲がり通ってるのかわからないですね
 
 
そんな120日で通常ラインだと言えるのに、105日なんてとんでもない異常な状態だといい切れますよ
 
そんな所に自分から就職するのは自分が常識はずれの行動に加担するのと一緒の事で、仕事を頑張ってると評価されるよりは自分から奴隷に成りに行ってると笑われるべき対象だと自覚したほうがいい
 
 
という訳で自分からそんな目に見える地雷なんて踏みに行く必要はありませんので、そういう会社で迷うくらいなら絶対に入るべきではないのです
 
 
会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  
 
今は民間の転職サイトやエージェントを頼ればそんな劣悪な環境の候補は簡単に省ける時代なので、年間休日が120日を下回っているのなら絶対に転職すべき
 
上記リンクに転職の為に色々役立つものをまとめて掲載していますので、劣悪な環境を抜け出すためにも是非どうぞ!

ツイートツイート

-社畜批判