社畜批判

「ノー残業デー」は常に残業ある事の裏返し!おかしい事を見抜くべき!

2018/04/15

この言葉っておかしいとしか思えない
 
 
 
どうも!かつて社畜を10年ほど経験したAtusiです!
 
 
この「ノー残業デー」という言葉が色々な職場で聞かれるようになりましたが、この言葉って聞けば聞くほどおかしいなとしか思えないんですよ
 
そもそも残業というものが本来はイレギュラーなものですし、それが常にあるという事がおかしいことです
 
 

そして私自身はこの言葉が出る職場に居た事がありましたが、恩恵を受けるということは一切なかったですね
 
 
このノー残業デーという言葉には違和感しか感じないので、今回はそれを記事のネタにしようかと
 
 

ノー残業デーということは常にイエス残業デーと言うこと

わざわざ「ノー残業デー」とか言うということは、言葉を裏返せば常に残業が発生しているイエス残業デーだということ
 
求人でノー残業デーの事を自慢している求人を見かけますが、全く自慢できることじゃないと断言していい 
 
 
本来であれば毎日定時で帰ることが当然なのに、それをわざとらしくこんな言葉を使っているのは定時が当然、残業が異常という事が逆転してしまっている証拠です 

 
月か週かの数日をノー残業デーに公認しちゃうことで、他の日をイエス残業デーにするということなんですよね
 
一部でガス抜きをさせておいて他の日を全部公認させるとか恐ろしい・・・
 
 
狂ってしまった環境を正すための第一歩として実行するのならともかく、実際には悪化していくケースが非常に多いように感じます
 
悪化していくケースについては次項以降へ
 
 

次の日の仕事量が跳ね上がる

後はこのノー残業デーをしても全体の仕事量は変わるわけでは無いので、仮にノー残業デーでも帰ろうものなら次の日の仕事量が跳ね上がるのです
 
そうなってくると結局全く意味が無いどころか、下手すれば翌日の疲れきった所に追加で仕事がドン!となる訳で・・・
 
 
肉体や精神の回復って、回復量を数値化すると
 
残り体力50%なら30%回復
 
残り体力10%なら5%回復 
 
と、こんな感じで疲れが浅ければ浅いほど回復できる割合が大きいと実際に自分で体験して思ったので、疲れの度合いが少ないほうが回復できるんですよ

翌日に過負荷を掛けることで、回復量が落ちてしまうので余計に疲れが感じやすくなるという事になるので、意味のないどころかマイナスなんですよね
 
 
残業を減らそうと思うのであれば仕事の総量を減らすべきなのに、減るどころか逆にどんどんたまって増えていくという逆効果になることが多いです
 
 

早く帰るのは上だけで、サビ残で仕事を押し付けられる

私の職場で実際にあるのは、ノー残業デーというのは上だけが恩恵を受けれるので、残りの仕事は基本的に下の人間に全て丸投げでした
 
しかもノー残業デーなので残業代がつかないので、ただの「ノー残業デー」に変化しているといっても過言じゃありません
 
 
押し付けられた分、自分の仕事がこなせなくなるので結局自分の仕事量が増えて上記の事を組み合わせると自分の負担が増大化するだけという 
 
 
他にも現場仕事だと、何か突発的なトラブルが発生すればノー残業デーお構い無しで仕事をすることに
 
もちろんこれもノー残業代デーになるというオチ・・・
 
 
早く帰れるという利点が全く機能せず、残業代がもらえなくなるというクソっぷりだけが抽出させるというゴミ制度と化することが多かったですね
 
更にコレが悪化していくと他の日までノー残業代デーとなっていく事になり、環境改善に取り組む行動のはずが、逆に環境を悪化させる事につながるのです
 
 
 

ノー残業デーでも奴隷になる社畜が鬱陶しい

私はそんなノー残業代デーに働くのは本気で馬鹿馬鹿しいと思って仕事を全力で終わらせて帰ろうとするのですが、そういうことをすると大体呼び止めが入るんですよ
 
 
「皆ノー残業デーでも残業を頑張っているのに自分だけ定時で帰ろうとするのはやる気がないの?」
 
 
と・・・
 

ノー残業デーがある職場は片手で数えて指が普通に余るくらいのところでしたが、本当にこれ言われるんですよ
 
私から言わせれば言葉の意味が分かっていない宇宙人と話している気分で訳がわからないですね・・・
 
実際やる気が無いことだけは普通に認めますが・・・
 
 

本当に残業が美徳だと心の底から思って支配されている社畜の相互監視のせいで、ノー残業デーが全く機能していないというのはよくある話
 
上の残業代が出ない事も足すと「残業代が出なくても職場に奉仕するのが美徳」とか本気で思っている人間が結構居るんですよ
 
上が言うならまだ洗脳を仕掛けてきていると理解できるのですが、横のつながりがこういうことを言い出すのでもうアウトとしか思えない 
 
 
 
これで振り切って帰ろうものなら翌日から白い目が発生するので、仕方なく残るという人が多いんですよね・・・
 
「ノー残業デーだから帰る?帰ってもいいけど明日からどうなるかわかってるよね?」
 
というこんな感じの無言の圧力を掛けてくる職場が殆ど・・・というか全部でした 
 

結局は奴隷の相互監視を強めるだけで全くメリットがないように感じますね
 
  

 
 

終わりに・残業というのは無いのが普通なはず

本来なら残業というのは無いことが普通なはずで、常に残業が発生しているから社畜もおかしくなるとしか思えない
 
この「ノー残業デー」というのは、さも残業を無くそうと取り組んでいるように見せかけて、実際は適度にガス抜きを行って、その他の日をイエス残業化するための手段としか感じないです
 
普通に仕事量を適切な量まで減らせと本気で言いたいですね・・・ 
  
 
そしてそんな事を言い出すような職場は既にもう狂いきっている証拠だと断言していいです
 
だから改善しようとしたとしても余計にこじれて悪化していく一方で、ある意味ではもう既に手遅れであると言っても過言じゃありません
 
 
そもそもが毎日定時退社を行うことが普通なはずなのに、わざとらしく「ノー残業デー」なんか言ってる時点でお察しなんです
 
残業とはイレギュラーなモノなのに、毎日常にあるというのは本当に狂っている証拠ですし、そんな狂った環境は手遅れで改善することはまずありませんので、仕事よりもプライベートを優先したい人はそのような環境から抜け出して環境そのものを変えるのが一番の対策なんです 
  
 
会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
ノー残業デーなんか用意しなくても常に毎日定時退社が当たり前のようなホワイトな会社の求人を探すためにもこのようなサービスを使うべきです
 
ホワイトな会社はそのまま求人を出せば殺到してしまうのである程度入り口を狭くするためにこのような方法で求人を行ってますので、そういうところに潜り込むためにもぜひどうぞ!
  
 
合わせて、ブラック企業を避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ!


↑ブラック企業を排除した転職エージェントを利用しよう!

↑無料で転職先候補がブラックかどうか調べよう!
 
 
ウチのブログの人気記事まとめ!

ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!

会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメ転職エージェント集めてみた  

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

無料で出来る!リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分の強みを知ろう!

転職したいけど技術がない?スキルアップを学べる講座集めてみたよ!

 

ツイートツイート

-社畜批判