体育会系はクソ!奴らがいる企業は就職する価値無しの5つの理由!

私自身は体育会を経験しましたが奴らは例外なく害悪です
 
 
 
どうも!体育会系は不要だと感じているAtusiです!
 
 
体感8割位の会社は体育会系だと転職に有利とかありますけど、私自身は体育会系のノリが大嫌いですし、これを崇拝する人とは関わりたくないと思っています
 
ちなみに体育会系というのは、スポーツや武道などの独特なチームワークや上下関係に染まりきっている人の事
 
日本企業ではこれらが喜ばれる傾向にあるのですが、実際に経験してみて体育会系って本当に不要な文化だなと感じています
 
 
という訳で今回はこんな体育会系をディスってみようかと
 
 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

なんでも精神論と労働時間で片付ける

体育会系って何か問題が発生すると「気合」とか「根性」とか精神論丸出しで乗り切ろうとして滅茶苦茶疲れるだけ
 
更にそれと合わせて長時間労働と組み合わせがセットで発生しますので、これが合わさると最悪なことに・・・
 
 
実際に経験した感じだと、疲れ切っている所にムチを売って長時間労働で疲弊して、更に効率が悪くなって・・・となるのがお約束 
 
更に「苦労すればするほど偉い」という価値観も一緒についてきますので、ヘロヘロになって潰れるまで働くのが偉いとか絶対に間違っている
  
 
「苦労する人間は偉い」って価値観持ってる奴は全員バカ  
 
「お金は苦労して稼ぐべきだ!」という奴を徹底的に論破してやる!
 
以前書いた関連しそうな記事置いときますね 
 
 
こんな感じで苦労すればするほど偉いって思う価値観はちょっと考えればおかしいと気がつけるはずなんですが、そんな簡単なことすら分かってない
 
頭まで筋肉で出来てしまっている証拠ですね・・・ 

 
 

過剰な上下関係で組織が腐る

上下関係については
 
 
上下関係というクソ文化が厳しい会社は今すぐ辞めるべき理由を語る!
 
過去関連記事 
 
 
この記事で書いていますが、上下関係というのは存在しない方がいいと私は断言します
 
 
そして体育会系というのはこの上下関係を過剰なまでに重視する傾向が強いので
 
 
・上が間違った事を下から正せない
 
・そんな環境に嫌気が出て人が居なくなる
 
 
という2重苦で組織が腐るのを見てきました
 
 
結局これって上が下へ理不尽を押し付けても黙っていろって意味でしかなく、自浄作用が全く機能しないのです
 
その結果としてまともな人間は抜けてしまい、残るのは頭が腐ったバカばかりなんで組織が腐ってしまうことになるのです
 
 

他人に苦手なモノを強要する

私自身、組織であるなら各々が得意なことだけやってそれぞれでカバーし合えばいいと思うのですが、体育会系ってどういうわけか苦手な事をやらせようって空気が凄まじいんです
 
 
私自身はPC作業や細かいような一人でやるような作業の方が得意で、集団行動というのは全然からっきし駄目
 
それなのに特性が活かせそうな仕事があるのにもかかわらず、人手不足とかそういう理由も無いのに「苦手を克服させる」とか言ってそのような作業ばかり
 
 
そんなことをしても苦手なモノが改善するどころか、当然他の人の迷惑になることが多いので周囲がビキビキ来てるのがよく分かるんですよね
 
 
それに私の経験上、苦手なことに取り組んだとしても、物事のへの伸び率というのは無茶苦茶悪いです
 
それだったら最初から得意なことをやって長所を伸ばして、短所は他の出来るやつがカバーしたほうが結果も出しやすいですし、本人たちも「出来ることやってるだけ」とストレスが無く出来るんですよ
 
 
そんな簡単な事も脳筋なのでわからないのが体育会の特徴
 
精神論さえあればどうにかなるって思ってるのは本当に頭が悪いとしか言いようがありません

  
 

無駄な茶番が多いので時間の無駄

ぱっと一番最初に出てくる例として
 
「やる気が無いなら帰れ!」
 
とかやり取りが典型的な時間の無駄ですね
 
 
コレによって帰らない根性(笑)とか期待しているんでしょうけど、こんな無駄な茶番とか誰も得をしない
 
強いて言うなら仕掛けてきた上の人間が自己満足するだけでしょうけど、絶対に下の人間は快く思ったりしません。断言しときます
 

「やる気ないなら帰れ!」と言われたら速攻帰るべき理由を語る   

実際この言葉は沢山の会社で言われましたし、意図がスケスケで見てて気持ち悪かったです
 
それにこういうこと言う阿呆がいる会社って大体ろくでもないもんです
 
 
やる気がー(以下略)にかぎらず、体育会系のどうでもいい誰も得しないような時間のムダが多い茶番とか本当に不要だと断言しますよ・・・ 
 
 
 

暴力行為を正当化してくる

体育会系の害悪な部分としてあり得るのが、蹴る殴るといった暴行を正当化してやってくることです
 
頭が腐ったバカ連中はやっていいことと悪いことの区別が全くつかない畜生と同じであり、そのうちの一つがこの要素です
 
 
よく体育会系の職場では
 
 
「殴る蹴るは当然だ!」
 
「本気でやるならこんな生ぬるい方法はしない!」
 
「愛のムチで指導してやってるんだ!」
 
 
・・・などなど、実際にこれらは私が言われたことがある言葉ばかりです
 
 
実際には全然当たり前でもなんでもないですし、むしろ警察沙汰にすれば傷害罪で相手に前科を付けられるようなものばかりです
 
しかし体育会系の馬鹿には前科とかついても勲章程度にしか思ってないので全然抑止力にならないんですが・・・

 

仕事で「愛のムチ」とパワハラを正当化するクズから逃げるべき!
 
過去関連記事

 

終わりに・脳筋な体育会系はストレスにしからない

ってな訳で体育会の存在ってプラスになるどころかストレスの元にしかならないことが本当に多いんです
 
私が今まで居て傾いた企業らも体育会系の傾向にあって、仕事の中身とか効率すごく悪い癖に改善しようとしたりせすに精神論ゴリ押ししか戦法が無かったので、いずれ行き詰まるということは体育会系の脳筋以外は誰でも容易に想像できる
 
そしてこういう連中は周囲に居ると害にしかならないので本当に関わりたくないって心から思えます
 
 
実際体育会系の会社の武器って大したことが無いので、そのうち行き詰まる事になりますし、私自身が様々な会社を転々として体育会系重視じゃない所もありました
 
体育会系じゃない所の割合もそこまで小さいというわけでも無いので、ちょっと探せばそういう傾向じゃない会社を探すのも難しくはないでしょう
 
 
体育会系の会社で疲弊するくらいであれば
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

ここに無料で使える転職支援サービス載せていますので、お気軽に登録してみて、無駄な行為をする連中から逃げるのも大いにありでしょうね!
 
体育会系がいる職場って大体ブラック企業になってしまっているので、こういうものからブラック企業を避けて転職して奴らとはかかわらないようにするべきです
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事