社畜批判

社長のツイッターを見ていない人は不採用?ならば是非確認しよう!

2017/11/01

・・・地雷を踏まないために

どうも!数々のクソブラックの経営者を見てきたAtusiです!
 

どうやら私が社畜を辞めてから
 
 
 

採用面接で、「私のツイッターを読んでいますか?」という質問をするようにしている。 
 
読んでいない人材は、不採用。 面接に来る以上、社長のツイッターを確認するのは、一般常識でしょ。 非常識な人材は仕事もできません 
 

と、私の知らないうちに新しい常識が出来ていたようです
 
こんな常識聞いたこともありませんね・・・
 
 
ただ私の意見としては、仮に社長のツイッターがあるのであれば目を通すことそのものは悪くないと思っています
 
・・・但しこの意図とは逆の意味で
 
 
今回はどうして面接を受ける会社の社長のツイッターがあれば見たほうが良いのか?それについて語ってみようかと
 
 
 

バカ発見器としてツイッターは非常に優秀

本当なら他にも見出し作って書こうと思ったけど、これ以外に理由が全く無い
 
 
こんな事を言うのであればさぞかし立派なことを言ってるのかなと思って見てみると
 
 
 
頭に特大のブーメラン刺さってますね
 
 

 

  
体重が減るような激務晒すとか頭おかしい
 
 
 
この様にバカ発見器としてツイッターは非常に優秀なんですよ
 
他にもスパムツイート垂れ流したりしているので、控えめに言ってゴミ
 
 
 

私ならこんな奴の下では絶対に働きたくない
 
ろくに仕事せずにツイッターやってる奴の下は・・・ねぇ?
 
 
こんな便所の落書きでも見て崇拝しないといけないとか、まだカルト宗教の方がマシと思える
 

 

終わりに・という訳で「自分自身の為に」社長のツイッターはあったら見たほうが良いですよ

という訳で、こういう会社はツイッター見ないことで不採用になった方がありがたいレベル
 
けれどもそんな会社には面接に行くだけ時間と交通費の無駄なので、避けれるのであれば避けたほうがいいんです
 
 
 
 
間違いなくまともな感性を持っている人なら、こんなツイート見たら絶対に面接に行かないでしょう・・・w
 
 
こんなことを押し付けているって事は、会社に入ったとしてもパワハラで好き勝手するんだろうなって過去のブラック企業の経営者を見ているとそういう傾向にあるようにしか思えない
 

 
一つ言えるのは、有りもしない常識をあるようにドヤ顔で押し付けてくる馬鹿は非常に危ないです
 
そのために「自分自身の為に」社長のSNSを確認するという行為は大事なんですよね
 
 
それにそんなゴミ溜めのようなツイッターのつぶやきを見ている暇があるのであれば10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネで面接しようとする企業の情報を探したほうが良いでしょう
 
実際に働いている人間の生の声が、無料登録をすれば見れるので、核地雷回避のための大きな力になりますからね
 
 
会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた 
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 

就職しようと思うのであれば分かりきった地雷を踏むよりは、こういう転職サイトやエージェントを利用したほうが地雷を避けやすいでしょう
 
 
  
合わせて、ブラック企業を避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ!

ツイートツイート

-社畜批判