新人に雑用を押し付ける会社は辞めるべきブラック企業の特徴だ!

これ実際に肌で感じたなぁ・・・
 
 
 
どうも!大体の会社で雑用はやったことがあるAtusiです!
 
 
今まで居て、最後には傾いてきた会社の共通点というか特徴を見てると、伸び悩む企業ほど新人に雑用とかを押し付けていたなと
 
雑用そのものは別に悪いことじゃないし、必要なことだとは思いますが、これを新人だからといって丸投げしてる会社ってのは私の通ってきた企業を見てると大体傾いてるんですよ
 
 
新人に雑用を押し付けることって今から思うとすっげー馬鹿な行為だなって思いますし、こういう企業が潰れる理由もなんとなく見えてきてます
 
今回は新人に雑用を押し付ける会社が伸び悩むのはなぜかということを書いてみようかと
 
 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

利益にならないことを押し付け無価値な人間であると錯覚させる

雑用の問題点として、確かに誰かがやらないといけないある意味では重要な仕事であるという可能性はあります
 
しかし共通して言えるのは、雑用をやったからといってお金が発生する仕事って何一つ無いんです
 
 
せいぜい仕事の効率が上がるとかそんなことでしょうけど、直接利益を生み出す仕事では無いので効率もクソも無いのです
 
ゼロに何をかけてもゼロなので、それだったら効率が悪くても金を産む仕事をやらせるべきだと断言するんです
 
 
 雑用係として雇っているのであればそれもわからなくもないのですが、少なくともそういう雇用ではないのなら早めに利益の出る仕事の実戦を積ませたほうが戦力になれる可能性が大きいのです
  
 
それでも雑用をやらせる背景として、実際に自分が経験したのは
 
 
「お前はいつも雑用をやってるけど雑用なんてのは利益が一円も発生しないことなんだ!」
 
「そんな利益の発生しないことだけやって給料もらうとか稼いでいる俺たちの足手まといなんだぞ!」
 
「役立たずでも飼ってやっている会社にありがたいと思って滅私奉公をしろ!」
 
 
という感じで言われてしまい、社畜として洗脳するための第一歩であることが多いのです
 
 
そういう風に否定されて洗脳されてしまうと
 
 
「無能な自分を飼ってくれるところはここしかない・・・」
 
「捨てられてしまったら次に行くところはもうどこにもない・・・」
 
「だから理不尽でも受け入れてしがみつかないと・・・」
 
 
という風に変わってしまい、何をされても抜け出せなくなってしまう奴隷が完成してしまうのです
 
 
なので上記のようなことを言われても
 
 
「利益になるようなことをしなくても給料くれるとかずいぶん余裕ある会社だなww」
 
「利益にならない仕事を割り振ってるクソ上司が悪いんだろうがボケ!」
 
 
くらいに思って洗脳から身を守るべきです
 

雑用をやらせるのならパートでも雇えばいい

私の時には新入社員で入った会社で雑用をやらされましたが、新人とはいえ正社員を雑用に従事させるって資金効率が滅茶苦茶悪いんです
  

私の社畜やってた時の給料が大体800~1000円で、当時の滋賀県の最低賃金が696円で雑用なんて定年後すっごい暇そうにしてるシルバー人材とかを暇つぶし目的に最低賃金でも受けるもの好きな人間を雇えばいいのです
 
 
一応は最低賃金よりも高い金を出しているんだから、その分の元が取れるように教育したほうが良いと思うし、更に儲けを出すようになってから余暇常勤で雑務専用の人を安く雇ったほうが既存の社員もストレスたまらないし、世の中に雇用も産ませられるし、そっちのほうが賢いのですが、頭の悪い経営者ほど新人に雑用を押し付けてそれを意味もなく誇るということをやっています
 
 
このように損得を考える頭がないバカが上にいるという証拠でもありますし、新人に雑用を押し付けるという昭和時代の悪習を何の疑問も持たずにやっているという時点で時代遅れのロートルが支配しているという証拠です
 
 
上記に書いた利益にならない仕事をやって損を垂れ流し続けているという時点でコスト管理もクソもない精神論が大好きな会社であると言えますね
 

雑用をやることで本来の仕事に集中できない

私が派遣で大企業に言った時は間違いなくクソな職場だとは思いましたが、いい点と思ったのが雑用は雑用でこなす人が別に居たということです
 
だから余計な事を覚えたり実行する手間が省けるので、それを全部仕事の方に向けるから高いパフォーマンスが出るんですよね
 
 
 
あれこれ出来る人を育成するってのはどれも中途半端になって器用貧乏な人が出来てしまうだけなので、それだったら特化した人間を適材適所に配置してる方が組織として効率が良いんですよ
 
大企業が儲かるってのは、仕事量はともかく、余計な雑用なんかは少ないので仕事に集中できる割合が中小より多いから人が伸びるのだろうなって実際に経験して感じましたね

 
なので雑用をやらせるってことはそれだけ本来の利益を産む仕事が出来なかったり覚える時間を奪うことです
 
実際に雑用が多い所は覚える事が多くて、特に物覚えが悪い私にとって辛かったって感じますね
 
 
しかもその癖「仕事の物覚えが悪い!」とか切れてたりするクソ上司を見かけますが、逆に覚えられるように集中できる環境を用意しろと常に思っていました

さらには雑用を押し付けられた瞬間に雑用に取り掛かれば「本来の仕事はどうした?」となり、無視して本来の仕事を行えば「俺の雑用は優先的にやれ!」という風にどっちに転んでも怒られる口実にしかならないので受ける側としては面倒なだけでデメリットしかないのです
  
 

新人に雑用を押し付けるところの雑用の99%以上ははどうでもいいことだったりする

そして一番の問題が新人に雑用を押し付けてドヤ顔する職場の雑用って本当にどうでも良いことばかりなんですよ
 
 
例えば
 
・先輩が印刷した紙を持ってくる
 
・例え上司の方が近くても電話に出ないといけない
 
・上が散らかしたものを片付ける
 
などなど

「自分のことは自分でやれや」って思うような低次元の事ばかりでした
 
雑用でスキルが身につくとか話を聞いたことあるけど、こんなもんで何のスキルが身につくのか教えて欲しいですね
 
せいぜい自分のやったことの片づけもできないかわいげのない赤ちゃん以下の存在のごみをあやす程度です

 
「積極的に上の人の仕事は取りに行こうよ」とか言う奴ほど本当に馬鹿だと思うし関わりたくない人種でした

むしろ逆の立場だったら鬱陶しいと思うし、そうなってくると2人分も時間を色々と無駄にしてるんですよ
 
こういう事にこだわるやつ程、アホだと思って見てます

 

新人という断れない立場を利用してゴミを押し付けるパワハラ系企業である

間違いなく言えることは、新人というのは仕事を断りづらい会社で一番弱い底辺の存在であるといっても過言じゃありません

なんでも断る権利がなくすべて言われたことをやれという理不尽を押し付けられやすい立場にいることは間違いないです
 

上記に洗脳のことは書きましたが、いきなりパワハラを行うとやめてしまうので、逃げれないようにしてから押し付けるために行っています
 
 
自分でやればいいようなつまらない仕事でも「いいからやれ!」と丸投げすれば押し付けることができますからね
 
雑用係でそれ前提ならわからなくもないですが、自分の仕事がある中で他人からどうでもいい仕事を押し付けられるのは本当に頭に来ますしストレスを強く感じます

やはりそういうクソ行為をごり押しできるという背景には上から下へ強要する文化であるパワハラが根付いてしまっているという可能性が非常に高く、パワハラなんてのは放置しておけば職場全体が腐る原因になるのですぐにでも対処をすべきなんですが、それがどうにもできないレベルにまで自然体な状態まで根付いてしまっているのです
 
 
そのようにパワハラを押し付けることで徐々に理不尽になれさせていき、結果として社畜という奴隷にする下地を作っているのです

新人が嫌気差して辞めやすい

雑用をやらせて「俺はこんなことをするためにこの会社に入ったんじゃない!」とか意識高い系は珍しいとは思いますが、上記の事が複合すると新人は辞めやすいです
 

雑用ばかり押し付ける会社に新人くんとかは何かを察知して辞めるんでしょうね
 
間違いなく世代ってのは若ければ若いほどスペックや考え方の能力は高いですし、私も自分より上の世代で馬鹿だと思う人間は結構居ますが、同時に若い世代には「こんな奴に絶対に勝てない」って思うことも多々あります
 
 
私も雑用そのものは別にするのは構いませんが、雑用を押し付ける所は共通してクソな場合が多かったので、そのクソな部分から嫌気が出て辞めるんじゃないかなと

そうして新人が流出するので会社が育たないというケースは真横で何回も見てきました
 
 
雑用を押し付けられる側というのは非常にストレスが溜まりますが、押し付ける側のどや顔を見ているとそれも加速していきます
 
押し付ける側が立場を勘違いして「若造に仕事を振れる俺かっけぇーwww」とか自己陶酔してるバカの世話をするということになるのです

そうなるとせっかく縁あって入ってきた新人も不要なストレスをためることになり、見切りをつけられて辞められるということになります
 
そしてせっかく入った人間が流出していくので会社が育つことなく衰退していくということになるのです
  
 
 
草むしりはパワハラの証!強要する所は就職する価値ないごみである!
 
関連記事 
 
 

終わりに・新人に雑用ばかり押し付ける会社は伸び悩むので転職を考えるべき

と、こんな感じで新人に雑用ばかり押し付ける会社ってのは伸び悩むのも当たり前だなって断言できます
 
上にも書いたように雑用そのものは悪じゃないけど、それを新人にやらせてるって時点でもうお察しなんだと思えます

雑用は誰かがやらないといけないのなら気が付いた人間がやればいいですし、何なら専門で雑用係を低賃金で暇な人間を雇ってもいいくらいです

そういうことをやっている会社は長い目で見ると傾いてきますし、沈むとわかってる泥舟にずーっと乗り続けることは勇気でも賞賛されることでもなくタダの愚行です
 
パワハラや洗脳によってリアルタイムでダメージを受け続けるという要素だけでなく、長い目で見て無駄が多く利益が少ないので実入りもなく、人が待遇や環境などから辞めていくので長期的に会社が存続しているかどうか怪しく、勤め続けてもリターンがないというので踏んだり蹴ったりなのです 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
今のご時世で新人に雑用をやらせることを推奨するような時代遅れのバカ会社になんぞ就職する価値はありません
 
むしろ新人だからこそ利益の出る仕事にどんどん触れさせて戦力にしたほうがいいのにそういうことがわからないバカはとっとと見切りをつけるべきです
 

 
 
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・退職代行「辞めるんです」

業界最安値の27000円で利用できる退職代行です!
業界初の料金後払いであり、料金を払ったのに失敗したということがないのが特徴です!
退職成功率も7000件の実績で100%の成功率で、申し込めば即日会社に行かなくてもOKです!
辞めたくても辞められないブラック企業対策にはぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事